私が実践している『宝くじを当てる方法とその成果』はコレ!131人の回答結果

人気の投稿とページ

このページの目次です

宝くじの高額当選がでやすい売り場で買う方法

体験談のなかに宝くじの高額当選がでやすい売り場で買うという方法がよく紹介されています。

高額当選がでやすい売り場の情報は『宝くじ当選売り場.com』というサイトに掲載されていますので、必要なかたはチェックしてみてください。

大安に笑顔の多い販売員さんのところで購入します

まゆみです。

36歳、女性です。

宝くじ購入歴は、19年くらいになります。

一発当ててやろうといつも思って購入しています。

当選金額が高額なものは、必ず購入しています。

あとは、月に数度、気が向いたり、宝くじ売り場が目に入ったら、ロトを購入したりしています。

私が宝くじを当てる為にしていることは、まずは、高額当選の宝くじは、大安にしか購入しません。

出来れば、一粒万倍日が理想ですけど、なかなか時間が合わないので、それに当たれば、ラッキーくらいに考えて購入です。

購入するお店は、高額当選出ましたというところよりも、販売員さんの対応が良いところを選んで購入しています。

やはり、気分良く購入したいですから、笑顔で販売してくれる人ばかりでは、実はないのです。

仕事なので、そこまで笑顔を振りまかなくても、正しく販売出来れば良いのかもしれませんけど、購入する方としては、満面の笑みで「当たりますように」って言われながら渡された方が、何となくですけど、当たる気がしますから、大安で買ったことのない店で購入して、笑顔が足りなかったり、不愛想だったりしたら、もうそのお店では、宝くじを購入することはありません。

これも、何かの縁かなと思い、そういうのを大事にしています。

あとは、よく言われる、家のトイレを綺麗にすることです。

年末年始は大掃除もありますけど、トイレだけはやたら綺麗にしておきます。

そうすると、お金が入る、入りやすいと聞いたことがあるので。

宝くじ、云々ではなく、トイレは綺麗な方が気分も良いですから。

どちらにしても、結果オーライかなと思って、高額当選の宝くじを購入したら、いつもよりも念入りにトイレ掃除を行うようにしています。

あとは、購入したら、仏壇にあげて、当選日を待ちます。

神様、仏様とお祈りした時に言う言葉がありますが、神様も仏様も会ったことがないので、ご先祖様に頼むくらいです。

宝くじって、置き場所に困るので、我が家ではいつも仏壇の端の方に置かせてもらって、当選日を待ちます。

高崎駅西口チャンスセンターへ電車に乗って買いに行っている

マチコと申します。

30代前半の専業主婦です。

私が初めて宝くじを購入したのは、大学の時に友達と一緒に売り場に並んで買った年末ジャンボです。

それ以来宝くじからは遠ざかっていたのですが、2年前に結婚してからは、マイホーム購入資金を当てるべく、年に二回、サマージャンボ宝くじと年末ジャンボ宝くじを購入しています。

私の住んでいる群馬県にも、いくつか高額当選を出した売り場があります。

名物おばあちゃんのいる桐生市の「小川たばこ店」や、2010年から5年連続で高額当選者を排出している「ジョイフル本田新田店宝くじ売場」などが有名ですが、私が毎回購入するのは「高崎駅西口チャンスセンター」です。

JR高崎駅から徒歩で宝くじを買いに行ける「高崎駅西口チャンスセンター」も、近年に2回、2等1億円を出した縁起の良い売り場です。

私がこの売り場を選ぶのは、高額の当たりが出たという過去の実績に加えて、電車に乗って買いにいくのに便利だからです。

車を所有しているので、わざわざ電車を使わなくてもよいのですが、「宝くじは電車で買いに行く」というのが、私のジンクスです。

以前NHKの「ねほりんぱぽりん」という番組で、宝くじの高額当選者を特集した回がありました。

その回に出演されていた、高額当選を引き当てた女性が、「家を出てから売り場に並んで買うまでに気を強く持つ。

ぼんやり気を抜くことなんてしない」といった趣旨のことを話されていたのが、とても印象に残っています。

私が宝くじを電車で買いに行くのも、家を出てから売り場に並んで購入するまでのドキドキワクワク感を楽しみたいからです。

購入までのプロセスを大切にしていれば当たるんじゃないかと、勝手に思っています。

車で買いに行くと、どうしても運転に気を取られてしまうので私は購入は電車派です。

また、今までは、電車で宝くじを買いに行くという儀式を大切にしているだけだったのですが、「ねほりんぱぽりん」を観てからは、そこに更に「当てるんだ」という気合をたぎらせて買いに行くようになりました。

こうやって買うまでのプロセスを大切にしていれば、きっと近々当たるんじゃないかと思っています。

一粒万倍日に名古屋駅名鉄百貨店前のチャンスセンターで買って金運UPのために神社巡りをしています

私はアルコと言う30代の主婦です。

宝くじ歴は就職した22歳のころから買い始めて約10年くらいです。

決まって購入するのはドリームジャンボと年末ジャンボですが、それ以外は気が向いたときにチョコチョコ買います。

購入する場所はだいたい名古屋駅の名鉄百貨店前にある名駅前チャンスセンターと決めています。

この宝くじ売り場は高額当選累計額が450億円で毎回宝くじの発売初日には行列ができるほどの人気の高い売り場です。

購入する日はお金が増えますようにという願いも込めて一粒万倍日と決めています。

そして購入した宝くじは京都にある御金神社で買った黄色の財布に当選発表の日までしまっておきます。

年に数回、金運にご利益があるとされている神社仏閣やパワースポットにも出かけています。

今年は日本で唯一の金属類の神様を祀る京都府京都市にある御金神社、日本で唯一の金運招福の神様の奈良県生駒郡の信貴山朝護孫子寺の銭亀善神様、兵庫県宝塚市にある清荒神清澄寺に宝くじ当選の祈願に行きました。

御金神社では財布に入れたお金が増えると言われている黄色の財布を購入し、信貴山朝護孫子寺の銭亀善神様では封筒と壱億円の御札、金銀の銭亀御守のセットを購入。

この神社は尻尾がハートの黒猫がいてとても可愛かったです。

清荒神清澄寺は少し変わっていて、榊の根元に備えられたお賽銭をいただいて帰り、次回の参詣時に倍お返しするという風習があり、いただいたお賽銭をお財布に入れておくとお金が増え、次に参詣するまで御守りとして持っておくと吉事があると言われています。

このお賽銭をお守りとして財布に入れてます。

他にもテレビやインターネットで話題になっている金色の鳥居がある岐阜県の金神社にも行きました。

この神社もお金にご利益のある神社として評判の高い神社です。

このように私は休日のお出かけはお金にご利益のある神社やお寺に行くことで楽しみながら当選祈願をしてます。

今までに高額当選したことはありませんが、買い続けていたらいつか当たると信じて、夢を買っていると思って毎回、楽しんで宝くじを買っています。

皆中稲荷神社で神頼み

私はかれこれ宝くじやスクラッチを買い出して3年になる30歳のあずさと申します。

スクラッチは気が向いた時に買い、宝くじはジャンボ宝くじ狙いです。

一回に買う枚数は10枚~20枚で大安吉日を狙い何度か少額当たっているイオンに入っている宝くじ売り場に行きます。

そんな私がやっている宝くじの運が上がるだろうという方法は新大久保にある皆中稲荷神社で買った宝くじ入れに買ったらすぐ宝くじを入れる事です。

関東に住んでいる方なら知っているかもしれませんが、この皆中稲荷神社はお参りにいけばギャンブル、勝負運、チケット運などのご利益があると言われている神社なのです。

とても小さな神社で見落としがちなのですが、神社には開運グッズが多く置かれています。

私が常に使ってる宝くじ入れはここで購入したのですが、色も黄色で金運アップしそうな見た目です。

買ってそのまま置いて置くより高額当選してくれそうな雰囲気です。

ただ年末ジャンボの時期に行くと売り切れてしまっている場合があるそうです。

私が行った時期は平日の何もない時期で購入できましたが、参拝客もそれなりにいてご利益が期待できる神社だと思います。

絵馬もただの絵馬ではなく的中絵馬と言うのがあり勝負運、くじ運が上がる様に書かれた絵馬ばかりでした。

他にも数珠やストラップ、お守りなど身に付けられるグッズも多く目移りしてしまうぐらいです。

まだ持ってはいませんが、近いうちに身に付けれる物を買いに行こうと思っています。

ここまで紹介した神社の宝くじ入れですが、実際のご利益と言えばまだそんなに実感はありません。

しかし、当たりが無いわけでもなく少額が何度かです。

これを買うまでにもスクラッチで何度か少額当選はあったので自分の生まれ持った運なのかとも思いましたが、そこにプラスして神社でご利益を受けて1度で良いので高額当選してみたいです。

関東郊外に住んでいなくても探せばお近くに勝負運の神社があると思うので調べて行ってみる価値はあると思います。

白蛇の奉られた神社でお参りしています

三年前くらいから宝くじを買い始めたユミです。

いつも毎月の楽しみとして枚数は多くありませんが毎月何枚とも決めず、売り場を通るたびにちょこっと買いを続けています。

そんな事を繰り返して今では月5回くらいスクラッチ宝くじやミニロトなどを購入しています。

なんといっても宝くじは当たったときが嬉しいので当選金額が少なくてもやったー!と嬉しいです。

なので当選金額が多い宝くじは年末ジャンボに絞って、普段は当選本数の多い宝くじを選んで購入するようにしています。

毎月お金を貯めて年末ジャンボ貯金なるものもしています。

毎月夢が買えると思って貯金するのも私にとってはまた楽しみでもあります。

当選金額の多い宝くじは夢があって良いですよね、年末ジャンボ宝くじは年に1回の大きな楽しみです!

そんな宝くじ大好きな私ですが毎月コツコツ宝くじを買っていても、宝くじって当選本数の多いものでもなかなか思うように当たらないんですよね。

そこで私は宝くじを買い始めて一年くらい経ってから宝くじが当たらないのは私の金運が悪いからでは?と思い始め、色々な開運方法を試してみました!

まず、良く巷でも聞くような購入した宝くじを当選発表まで黄色い布で包む方法や風水で部屋の西側を黄色すると良いと聞いて西に置いてある部屋の家具をペンキで黄色く染めたりもしました。

今思うと凄い行動力です(笑)

でもこれと言った効果はなかったんですね、そこで私は地元に白蛇が奉られている白蛇神社がある事を思い出してお参りをしに行ってみることにしました。

とても有名な神社という訳でもない神社なのですがお金を洗うと金運が良くなるという水があります。

かの有名な神社にもたしかお金を洗うと金運があがるなんて場所がありますよね、この白蛇神社も同じでした。

そこでお参りをしてからは神社で洗ったお金と購入した宝くじを一緒に保管するようになりました。

白蛇神社には白蛇のストラップなども販売されているのでもちろんそちらも購入してお財布に付けています。

それからなんですが少しずつ宝くじも当たるように、、まだ少額の宝くじしか当たってはいませんが金運が少し上がったかもと感じています。

いまはまだ少額ですがいつかは高額当選も!と夢見て宝くじを買い続けています。

私の金運引き寄せ法・宝くじ編

40代の女性です。

宝くじは、ピンと来た時には買うようにしています。

あまり執着しすぎると金運が逃げていくような気がするので。

金運は恋人と一緒!追いかけすぎると逃げられちゃいます。

ちょっぴりスピリチュアルな私には、宝くじに関して幾つかこだわっていることがあります。

まずはいつ買うか。

必ず、一粒万倍日、寅の日、天赦日、巳の日のいずれかの日に買うようにしています。

一粒万倍日は一粒の種が万倍にも膨らんでいくという新しいことを始めるのに良い日です。

でも借金など苦しいことも膨らんでいくので要注意!お財布が寂しいのに無理して宝くじを買うのはNGですね。

お金を使っても帰ってきてくれるという寅の日。

天が万物を赦すという天赦日。

お金に縁のある弁財天様の日・巳の日。

巳の日の中でも己巳(つちのとみ)の日はさらに縁起の良い日です。

以前寅の日に宝くじを買ったら、買った金額分だけ当たったことがありました。

まさに使ったお金が返ってきたわけです。

う~ん、どうせなら仲間を増やして帰ってきてほしかったな、なんて欲張ったことを考えちゃったりしました。

一番大きな金額が当たったのは己巳(つちのとみ)の日に買った宝くじでした。

個室に呼ばれて小冊子をいただくというのが憧れですけれども、惜しい!銀行窓口で受け取るくらいの額でした。

2018年の年末ジャンボの販売期間中では、12月3日が己巳の日しかも大安です。

私のラッキーチャンスはここだ!と思っています。

買う場所は決めていませんが、窓口の女性が福々しい顔をしているとか、売り場が太陽の光で輝いているとか、「運が良さそう」と閃いたところで買います。

買った後は保管場所も大事ですね。

風水では、プラスチックや化繊は金運を燃やしてしまうと言いますから、綿やシルクの白い布に包んで、気の引き出しの中でお休みしてもらっています。

また、お金って甘い香りに引き寄せられるそうですよ。

私は金運アップのためにバニラの香りのオイル(金粉入り)を愛用しています。

新しいお財布を使い始める時にちょこっと塗ったりするのですが、そのオイルを宝くじの角に少し塗っておきます。

甘い香りに包まれて~いい夢見てね、宝くじさん。

大きくなって帰ってきてね。

と、優しく祈っています。

宝くじは縁起の良い売り場で購入してさらに神棚に祀ります

ジャンボ宝くじを中心にして一攫千金を目指して宝くじを購入しています。

世間では良く当たる売り場が話題となりますが、そこで販売した総数が多ければ当然その売り場から当たりくじは沢山出ます。

しかし、これは確率的に良く当たると言う証明にはなりません。

したがって特設会場等で行列を成して多くの人が購入する売り場で購入する事はありません。

行列をして購入しても、確率的には良いとは言えないからです。

そんな売り場とは違って、本当に良く当たる売り場を見極める事は中々できません。

そもそも各売り場で売られた枚数が分からないのですから、確率を正確に計算して比較する事は誰も出来ないからです。

この確率論は諦めて、私は縁起の良い売り場を利用して購入しています。

家から電車で2駅離れた街の宝くじセンターに縁起の良い文字や言葉が苗字に着いた人を集まっている所があります。

恐らくは、そこの経営者がそうした縁起の良い言葉・文字の入った苗字の人を意識的に雇っておられる様です。

例としては、宝・徳・当・金と言った文字が苗字に入っているのです。

もちろん、その売り場は地域では有名で、結構発売枚数も多いからでしょうが、高額当選も結構沢山出ています。

まずは、近くの売り場ではなく、その縁起の良い売り場にわざわざ買いに行く努力をしています。

そして購入した宝くじは、風水でよいとされる黄色の布に包んで神棚に祀って当然発表の日を待ちます。

毎回購入時に綺麗に洗った黄色い布で包んで祀るのは、意外と面倒な事です。

しかし、当たればそんな面倒さも吹っ飛ぶと頑張って行っています。

残念ながら、10年程購入し続けていますが、高額当選を獲得した事はありません。

少しでも結果をネットで調べてチェックする時に楽しめるように、連番ではなくあえてバラで購入しています。

この縁起担ぎの売り場と、神棚に祀るだけではご利益は得られないかも知れませんね。

京都にお金にご利益のある神社があるとの事で、一度そこにお詣りして見ようかとも考えています。

宝くじはいつも同じ場所で買っているけど

私は40代前半の女性、hiroともうします。

10年くらい前から宝くじを買うようになり、毎年1~2回くらいは購入します。

買うときは地元の駅の近くの売り場で購入します。

何年か前に億単位の高額当選者が出たという横断幕が貼られているのを見たので、宝くじを買うのはここにしようと決めました。

初めてその売り場で買ったときに数千円分当たりました。

自分で宝くじを買い始めたころだったので、これはいけると思いました(笑)ロトくじも買ったことがありますが、こちらは全然当たりませんでした。

このとき自分にはロトくじは合わない、宝くじに絞ろうと決めました。

あれこれ買ってしまうと運を逃すような気がするからです。

金運をアップさせる手相を書いてから購入してみたこともあります。

銀のペンで自分の手のひらに手相を書いて外出したらお店の人に声をかけられ、そのお店のくじをひいて商品券が当たったということがあったので、その運を宝くじにもと思いました。

このときは全然当たらなかったです。

この方法で得られる運は、たぶん商品券で使い切ってしまったのだと思います。

買った宝くじを、金運が上がる色の布に包んでしまっておくということもしました。

その色が何色かは忘れてしまいましたが、布を引き出しの奥から引っ張り出して使ったことを覚えています。

このときもけっきょくは当たらなかったです。

古い布だから効果がなかったのかもしれないと思いました。

金運が上がる方角に買ったくじを置いてみたこともあります。

我が家の場合、ちょうどその位置にお仏壇があったので、そこにお供え物と一緒に置きました。

ご先祖さまに高額当選を祈ったのですが、このときも結果は出ませんでした。

こういうときだけ手を合わせてもダメなのかもしれないと、日頃ご先祖さまのことをほとんど忘れていることを反省しました。

私自身はこのような感じなのですが、友達は東京の売り場で購入して万単位の金額を当てたりしているので、そろそろ購入場所を変えてみようかと思っています。

1枚1枚に魂を込めるんです

たなかなかと申します。

宝くじはかれこれ10年位年末ジャンボ宝くじをバラで10枚購入しています。

宝くじを当てる努力としましては、まず1枚1枚に気持ちを込める買い方をしています。

購入枚数は毎年10枚と少ないですが、(いっぱい買うお金がありません。

)同じ場所で2枚は買いません。

すべて10枚が違う場所で購入するようにしています。

この購入方法は会社のパートさんがこういった購入方法をして今まででマイナスになっていないというからです。

なので自分も3年前からまねしています。

ではどこで購入するかというと、1枚は地元のよく通る道の宝くじ売り場で購入します。

その他の9枚に関しては発売中の期間で出かけたところにある売り場で1枚づつ購入していきます。

その年に仕事の関係で遠方に出張に行けばそこで1枚購入しますし、通勤途中の降りる駅の売り場で購入したりします。

その場で1枚に魂を込めて購入していくやり方をしています。

あとは宝くじ売り場の購入する順番を気にします。

以前にテレビ番組で宝くじで億万長者になられた方をインタビューする番組があったのですがその中で億万長者の方が宝くじ売り場に人が並んでいたらその順番を非常に気にすると話していたのです。

どういったことを気にするかというと、例えばその日が5日だとすると前に3人並んでいたら1人並ぶまで待って、5人目として並んだりと語呂を非常に大切にするといったことだったのです。

なので私も自分の誕生日の日にちに購入してみたり、並ぶ順番を調節したりして購入しています。

大まかにこの二つを実践して購入していますがあとは自分の直感に任せています。

決してこの売り場から以前1億当たりましたとかは一切気にしません。

その売り場の雰囲気やむしろあまり人が来なさそうな売り場をチョイスして購入しています。

それで10年ほど夢を追って購入を続けてきましたが、まあまったく当たりませんよね。

たしかに10枚しかかっていないし分かるのですが最高で300円です。

今年も夢を追い続けたいと思っております。

沖縄のパワースポット巡りをしている

沖縄に住んでるのですが、沖縄本島によくあたる宝くじ屋さんがあり、その店舗で購入するのはもちろんですが、私はさらに工夫をしようと考えました。

考えた結果、沖縄のパワースポットに行ってから宝くじを購入する作戦に出ました。

パワースポットとは、斎場御嶽という場所で、本当はそういう願掛けで使用する場所ではありませんが、試しに行ってみました。

さらに運気をアップしようと思い、沖縄の神社で願掛けをしました。

その上で、沖縄本島の当たりやすい宝くじ屋さんでビンゴ5を購入しました。

結果は、見事に外れました。

やはり、パワースポットというのは運気をあげるものというよりは、心身のバランスを整える場所であること、全ての物事に感謝する場所であることを痛感しました。

しかも、斎場御嶽は入場料がかかり、神社では御神籤を引いたので、その経費分はマイナスとなっています。

もっとパワースポット数を増やすべきだったか、神社巡りの数を増やすべきだったか、何が悪かったのかはわかりませんが、それらを回るガソリン代などを考えると当たったとしても、経費がかかるため、相当大きく当たってくれないとプラスにならないですね。

ビンゴ5は一口200円で、最低でも200円以上を当てないといけないし、意外に宝くじって当選確率やコスト面を考えても難しいです。

毎年こんな風に購入して当たらないでいると、コストだけかけてマイナスになっていくんだろうなと危機感があります。

とはいえ買い続けないと当たりもしないので、掛け捨てと思って買っています。

まさに、宝くじを買っている人は夢を買っているのだと思います。

私が考えたのは、宝くじは確率論で、当たるときは当たるし外れるときは外れる。

パワースポットや神社巡りをすれば当たる訳ではないということです。

ほどほどに、捨ててもいいくらいの金額で宝くじを購入するのがいいです。

冷静な判断で計画的に購入し、当たっても、冷静に税金のことも考えて管理することが必要です。

それでも夢があるのが宝くじだと思います。

みなさんも、ご利用は計画的に。

白ヘビの初夢が見たい

名前はあきです。

社会人になってから宝くじを購入しはじめたので購入歴は10年ほどになります。

宝くじはスプリング、サマー、オータムとありますが基本、年末ジャンボしか購入していません。

年末ジャンボではミニ、ジャンボを連番少なめで一等狙いを夢見てバラ多めに3~5万程を購入しています。

買う場所も3箇所位で分けて、毎年違う場所を選んで購入していますが横浜西口のチャンスセンターは高額当選者がよく出ると評判なので、大安吉日の日は30分以上並んでも、その場所だけは買い続けています。

宝くじの高額当選した人の情報を聞いて川辺近くのチャンスセンターが良いと聞けば川辺近くのチャンスセンターを探し購入したり、購入した宝くじを冷蔵庫に入れておくと良いと聞けば冷蔵庫に入れたりしましたが未だに効果はありません。

宝くじの保管場所を毎回、変えていますが一万円が一本、3000が数本当たっていた年は実家の仏壇に置いていたので先祖の力が少しあったのかと思います。

宝くじを買ったことを忘れて思い出して見てもらったら当たっていた!というのを聞いたことがあるので忘れる努力もしていますが煩悩に勝てず忘れさることができずにいます。

また年末ジャンボの抽選会や結果は見ないように心掛け翌年、結果を見るようにしています。

初夢で縁起が良いとされる富士
、鷹、ナス以外に白ヘビの夢を見るとお金が貯まると聞いたことがあるので初夢を見る前に白ヘビを頭の中でイメージしながら眠りにつきます。

未だに白ヘビが現れることはありません。

今年の年末ジャンボは他力本願に当たりやすいイニシャルの人が近くにいるので、その人に購入してもらうつもりです。

そして仏壇に置いて初夢に白ヘビを見るイメージで寝て忘れた頃に宝くじを見てもらいにいこうかと思っています。

神社に行き神頼みしたことはないので今年、当たらなかったら検討していこうと考えています。

いつか高額当選者になれますように。

くじは人が良く並んでいる、元気の良い開運おばさんから買っています

はじめまして、常日頃から宝くじを当てたいと強く願っている小春と申します。

宝くじを買い始めて、10年ほど経ちます。

私が宝くじをあてるためにしている私の努力の一つは、
「よく当たりくじがでる売り場」でくじを購入していることだと思います。

昨年の宝くじも、「?等が??人」と大きく宣伝していた、
市内の県庁の裏にある売り場で買いました。

宝くじ売り場には売り場窓口が何個かあるのですが、いつもある窓口にばかり、人だかりができています。

窓口にも、「当たる」窓口と、「当たらない」窓口があるのだと思います。

行列が並んでいる窓口は、とても元気の良い声のおばさんがいつも「当たりますように!」という願掛けを大きな声でしています。

きっとそのおばさんは開運のおばさんなのだと思います。

そのほかの窓口のおばさんは黙々と作業をしている様子で、「当たりますように!」という願掛けをしてくれている様子はありません。

私は、元気の良い声のおばさんのところでくじを買うことは、絶対に開運につながると思っています。

残念ながら、まだその努力の成果は出ていませんが、とても気持ち良く、嬉しい気持ちになる窓口で買うことは大事だと思います。

そのほかの努力は、とても微々たることではありますが、
きちんとマナーを守って、日々を過ごすことではないかと思います。

一つ一つの善を積み重ねて、なるべく運がつくように、毎日を過ごして、年末やここぞという時にその貯めた良い運勢を発揮できるようにすることが、
私のしているもう一つの努力です。

そして開運のものを身につけることも、その努力の中に入っています。

10年くらい前から、クリスタルのブレスレットを肌身離さずつけていることや、金運がアップする色の財布を使うなど、
なるべく明るい色の服を着たりすることが、開運のために努力していることです。

残念ながら、まだその努力は報われていませんが、いつか、きっと宝くじがあたると信じて、今年も売り場や窓口、マナーを守って、開運グッズを身に付け、宝くじを買いに行こうと思います。

自分の運気を高めています

 宝くじで少しでも良い金額を当てるために、普段から神仏にお参りを欠かしません。

どこの宝くじ売り場で買うなどは関係ありません。

自分がツイているかどうか、ソレだけだと思います。

 具体的には、自分の今日の最良方位を調べ、その方位の神社に参拝にいくといった感じです。

神社内には最低2時間は滞在するほうがよりパワーを得られるようですが、神社内のみで過ごすのは大変だと思うので私はそこまでしていませんが。

 また、吉方位に6時間は滞在するとより良い運気を得られるそうです。

神社内で滞在が難しいときは、私は近くのお店でのんびり過ごしていることが多いです。

 吉方位の調べ方ですが、私はiPhoneアプリやインターネットサイトで調べています。

自分の生年月日や住所を入力すると吉方位が表示されるため、重宝しております。

 注意点としては、東西南北の定義が地図の上で定規を当てるのではなく独特の法則で書かれているので、サイトをしっかり確認したほうが良いと思います。

 また、方位の変わり目の線の上(南から南西に変わるラインの上など)は方位のパワーを得にくく、出来るだけ方位のど真ん中の場所に移動することが大切です。

 オカルト的な話になりましたが、私はこれで過去にトラブルを間一髪で回避したり、物事がスムーズに進んだり、気力が充実したりとよい効果が得られたと感じています。

 宝くじに大当たりしたことはありませんが、最低でも購入金額くらいは当たります。

近所のふくびきで掃除機を当てたこともあります。

それくらい方位の力はすごいです。

 買い方について、先程売り場は関係ないと書きましたが、買う際は出来るだけ自分で宝くじ券を選択できる方式のほうが当たりやすいと思います。

 選ぶ際にはあまり頭で考えず、気持ちを落ち着かせて対象を見たほうが良いです。

選ぶ宝くじ券を上から触れる場合は、軽く触ったほうが良いです。

その際に何か力というか、惹かれるものを感じたらそれを選んでください。

大外れにはならないと思います。

 以上が私の体験談を交えた宝くじの買い方です。

【販売枚数は少なそうだけど・・・当たりの出てる!人目につかないチャンスセンターを狙ってみた。

ペンネーム【買わなきゃ当たらないのは分かるのだけど、買ってもなかなか当たらない】です。

宝くじ購入歴は、初めて就職した年から数えて26年くらいです。

年末ジャンボは毎年買っています、一時期ロト6に毎週はまったり。

高確率狙いで、発売枚数の少ない東京都宝くじを買ってみたり。

スクラッチくじにハマったこともありました。

いまだ夢と現実を彷徨っています。

色々な宝くじを試してみてますが、悲しいことに3,000円以上の当たりくじを引いたことはありません。

銀座のチャンスセンターも行きました。

結果、ダメでした。

そんなこんなで、10年くらい前から地元の駅近くのチャンスセンターで買うようになり。

連番で10枚買えば1枚は必ず当たる300円とか200円の当たり券を握りしめる日々でした。

そんなある日、現在から2年前の年末ジャンボ(宝くじを買い始めて24年。

)川口のショッピングセンター内でたまたま、存在感の無いチャンスセンターを見つけたのです。

(数年通っていたのに見つけたときは驚きました。

こんなところにチャンスセンターがあったのかい!)
そのチャンスセンターは、在感が無いなりにも「○等当選でました!」といくつか掲示されていて。

大量にさばくチャンスセンターより絶対少量しかさばいてないであろうチャンスセンターで宝くじを買った方が当たる確率も上がるのでは???と心に矢が刺さり、その年の年末ジャンボはその川口のチャンスセンターで買いました。

結果。

出たーっ!!人生初の6等の3,000円! 私は嬉しかったです。

宝くじは本当に運だと思います。

でも、確率をあげる方法も沢山あると思います。

大きなチャンスセンターでなかなか当たらない方、小さいけど実績あるチャンスセンターで購入してみるのも良いかもしれませんね。

何を選ぶのも全て運ですが。

ちなみに実は私は、一度の購入枚数は10枚と決めてます!26年間で自己最高金額3,000円なのは、これが原因かもしれませんね。

(汗)

やっぱり,神頼みです

50代後半,会社員の男性です。

宝くじは,何をさておいても購入しないと当たりません。

そこで,一攫千金の夢を追い求めて,40代頃から家族ぐるみで,宝くじを購入するようになりました。

最初の頃は連番で10枚+バラで10枚のセットで購入していました。

しかし,本当にでっかくは当たらないものです。

数千円すらも当たりません。

そんなこんなでいつからか,バラで5枚しか購入しないようになりました。

それでも,バラ5枚で最高金額1万円を当てました。

20枚購入していた時ですらなかったことでした。

もちろん,もっと高額を当てたいと願い,今でもこのバラ5枚を購入し続けています。

購入した宝くじに願を掛けているのですが,いつもやっているやり方を3点ほど紹介します。

まず第1に,購入する日は大安を選びます。

販売期間には幅がありますので,少しでも当選に近づけるのではないかと信じ,日を選びます。

大安以外に購入したことは,一度もありません。

第2に,購入してきた宝くじはすぐに神棚に祭ります。

そして,家族全員で(一緒ではありませんが)しっかりと拝みます。

この儀式も一度始めてしまったものですから,止めるわけにはいかなくなってしまったのが実情です。

神様からの何かしらの御利益がないかなぁ,と期待を込めて拝みます。

最後の3点目ですが,これは最近始めたことです。

それは,神棚に祭っておいた宝くじを1枚1枚取り出して,満月の光に照らすことです。

そうすると,とっても運気が上がるのだそうです。

満月になる日を確認しておき,夜の8~9時頃に東の空に昇ってくるお月様の光を宝くじ1枚1枚にしっかり当てます。

全く陰りのない満月を見ているだけで,本当に当たりそうな気がしてきます。

光を受けた宝くじも,きれいに輝きます。

以上の3点ですが,大変そうに感じられるかもしれませんが,習慣化しますとそうでもありません。

ほんのちょっとの時間の儀式で終わります。

だからかもしれませんが,まだまだビックリ仰天できる結果は出ていません。

しかし,いつの日かは幸運が舞い込んでくるのではないかという夢をもちながら,宝くじを購入し儀式を続けていきます。

高額当選者続出のお店で買い、黄色の布で包み開運アップを狙っています

はじめまして、のこのこといいます。

宝くじ購入歴はかれこれ15年以上、毎回3万円分(100枚)購入しています。

そんな私のいつもやっている開運方法なのですが、2つあります。

1つは「高額当選者の多い売り場で継続して購入する」ことです。

これはもう王道ですよね。

都会の方になるとそういう売り場も沢山あると思うのですが、私は少し田舎に住んでいますので近場にそんな売り場はありません。

評判の良い宝くじ売り場は電車で片道約50分かかる地方都市にやっとあるレベルです。

そこへ宝くじシーズンになると毎回通っています。

同じ売り場でも〇番売り場が1番当たり確率が高いって情報があるので勿論そこにも拘って行列が出来ていても並んで購入します。

せっかく電車でここまで来たので妥協しません。

これを周りの友人や知り合いに話すと、「交通費もったいない」「よくそこまで出来るよね」って言われますが、逆に考えると地元では出来ない用事(地方都市にしかないお店に行くとか)は出来る限り宝くじシーズンに併せておく習慣が出来るのでそうなると特に負担には感じないので楽です。

苦痛どころか「宝くじ買ったらあそこで食事して買い物して~」って出来るのでむしろ楽しみが増える感覚です。

もう1つの方法なのですが、そうして購入した宝くじを黄色の布に包んで家の神棚に置いておくことです。

この方法は昔漫画で「とある大学の宝くじ研究サークルがやっていた」方法だと読んだことがきっかけで知りました。

知った当初は正直あんまり信じてなくて「眉唾物だな」と思っていたのですが、黄色は金運を上げる色として知られているし、いるのは黄色の布1枚だけで特に損もないかなと軽い気持ちで今まで続けています。

ここで、少しコツなのですが黄色の布は宝くじを包む前に必ず洗濯とアイロンをしてしわのない綺麗な状態にしておきます。

そして当選番号発表の日に開封するまで埃がかぶらないように綺麗にしておきます。

私が主に行っている開運はこの2つです。

結果効果がどうだったのかなのですが、まだ高額とまではいかないけれど10万円当選は出来ました!
当選したお金は使い道を考える前に家族で分け合ってあっという間になくなりました。

宝くじ生活始まってからずっとこの習慣を続けているので当選するとやはり嬉しくてモチベーションも上がります。

これからは、さらなる高額当選を目指して頑張って継続していきたいと思います。

冴えない男、一攫千金への軌跡

私は20代後半の冴えない男、フリーランスで活動している沖田と申します。

宝くじ歴は大学卒業後からなので約6年程、月に3万、年30万円以上を宝くじにつぎ込んでいます。

初めは「loto6」から始まり物足りないとすぐに「loto7」にも手を付け今となっては「ミニロト」「totobig」「toto」にも手を出すベテラン宝くじマンに…

買い始めた当初は、何も考えずただただクイックピック(自動ランダム選択)で購入し発表を待つ。

これの繰り返しでした。

しかし、ある時このまま買い続けても当たる気がしないという考えに至り自分なりの工夫をし始めます。

まず最初に取り掛かったには、宝くじ売り場に売っている黄色の「宝くじ入れ」を購入しその中に買った宝くじ入れ自分の部屋の一番高いところに眠らせる。

これは効果があったのか、初回で”1000円”の当選。

こだわることの大事さを痛感したことをいまでも鮮明に覚えています。

しかし、その効果は長くは続かず次の策を考えました、その策というのが週に一回必ず”お墓参り”に行くということ。

不謹慎に聞こえるかもしれないですが、これをすることで心が綺麗に洗われ”運気”が自分に傾くのではと今に至るまでずっと続けています。

これについては今後も続けていくつもりでいつか花を咲かせると確信しています。

そして、私が一番こだわっているのが購入する「宝くじ売り場」の”場所”と”時間帯”です。

最近1番力を入れている「totobig」では土曜日の午前中に買った人が1番一等を当てていると言う明確なデータが発表されており、それに従ってその時間に買うようにしています。

あと購入する”場所”なのですが、このこだわりは少し変わっているので参考にはならないかもしれないです。

一応伝えさせてもらうと、答えとしては「セブンイレブン」で購入します。

理由は”ラッキーセブン”と言うこととサッカーは”11人”で行うスポーツなので何かあるのではと考えるようになり今では「toto」関係の宝くじは「セブンイレブン」で購入するようにしています。

楽天銀行のネット購入&銀行ATMで買っている

はじめまして。

こばやんと申します。

宝くじ購入歴は5年で、月一ペースで気ままに購入しています。

購入場所は、以前は宝くじ売り場やコンビニで購入していましたが、全く当たらず…。

現在は比較的当たりやすい銀行ATMと楽天銀行経由のネット購入をしています。

開運方法ですが
まず私が始めたことは財布です。

ネットで話題になっていた白蛇の開運財布を購入し、帰宅後には財布専用の木製ミニチェストに入れ、大事に大事に扱うようにしました。

そのおかげかは分かりませんが、購入後に少額ではありますがポンポン当たるようになりました。

例えば1枚だけ300円で購入したとして、1000~2000円当たるなど、プラスに転じたのです。

コツとしては財布のデビュー日に近くの仕事運・金運に効くとされている神社に参拝。

お金を入れる前に良い気を財布いっぱいに入れます。

そして金運に良いとされている15万円の新札を投入。

財布に「いつもこれくらいのお金が入っているのが普通」と覚えさせるのです。

そのせいなのか、宝くじにも当たる上に、月収が15万円以上になりました。

(24万円にしとけばよかった(笑)今度はそうします)

そして何よりも大事な開運法。

それは引き寄せの法則を利用する事でした。

まず「金持ちは汚いやつらばかり」「お金=犯罪」といったお金に対するイメージを良いものにしました。

そして自分がたくさんのお金に囲まれて幸せそうにしているイメージを夜寝る前に繰り返し叩き込みました。

そうすることで、お金というものが単なる道具ではなく人生の大事なパートナーという風に変わったのです。

お金はお金を大事にしてくれる人のもとへ集まるといいます。

財布、そしてお金自信を大事に思うようになったせいかは分かりませんが、着実に当たるようにはなっています。

できればもっと高額だと良いんですが(笑)

今はそれとプラスして、江原啓之さんがおっしゃっていた「一万円札を額に入れて飾っておく。

毎日眺めてお金に対する念を高める」という事も実践しています。

宝くじ当選の為の涙ぐましい努力の色々

宝くじ歴10年の、あいらです。

宝くじは、沢山買いたい所ですが、我が家は、年2回、夏のサマージャンボと冬の年末ジャンボのみに絞って、資金を貯めています。

やはり、少ない枚数を購入するよりも、一回にガツンとまとめ買いした方が確率が少しでもあがるのかなとゆう理由からです。

月々主に食費の余りを宝くじ資金にあてています。

なので、予算が多い場合もあり、少ない場合もあります。

だいたい一回に三万円から五万円を資金にしています。

そして、次なるこだわりは、必ず高額当選者が出た売り場から買います。

これは、引き寄せの法則を信じての事なんですが、何事にも一度起きた事は、繰り返す事があるそうです。

例えば、こちらは、あまりいい例えではありませんが、一度火事が起きた場所は、再び火事が起こるとゆうような話を聞いた事があるからです。

きっと、売り場の土地なんかが良いのかなとか勝手に信じての事です。

多少自宅から遠くても、遊びに行く感覚で週末なんかについでに買ったりします。

例えば、我が家は、九州なんですが、福岡天神の売り場ので何回か並んで購入いたしました。

そして、我が家の玄関は西側にあるのですが、玄関には金の招き猫を置いています。

そして、宝くじは招き猫さんの前にきれいな布にくるみ隠しています。

これも自己流の金運アップが理由です。

以前読んだ風水の本が理由になります。

そして、だいたい夏休みや冬休みに重なるので、少し遠出になりますが、旅行感覚で白蛇神社に参拝に出掛けたりもします。

あくまで観光目的なのですが、宝くじ当選もついでにとゆう感じです。

楽しめて尚且最善のコンディションで結果発表に望めるので、今のところ全然当選していませんが、まあ次に期待しようてな感じで毎回同じことをしています。

少しでも可能性があるのならば、必ず実践している感じです。

白蛇の夢を見れるように白蛇神社にて白蛇の革も購入し、お財布ないれている始末です。

そして最後に買い方は、必ず連番とバラを半分ずつ購入することにしています。

当たることが望ましいときに、神様があててくださると信じて

一攫千金なんて、と人には言ってしまい、でも、実は自分が一番それを考えている、まるこです。

宝くじ購入歴は約25年くらいです。

毎回購入しているわけではありません。

年末ジャンボとかグリーンジャンボとかの大きなもののとき、ちょうどメジャーな宝くじ売り場の前を通りかかり、ビビッと来たら、購入する、と言った程度です。

私の場合、まず、宝くじ売り場は、私のの住んでいる地域でもっとも当選者が多く出ている売り場で購入します。

ついで、購入する日は、大安などの、カレンダーで日の良いときに購入することにしています。

購入は、夢を見るため、バラで買い、また、そのときの懐具合で、10枚にするか、30枚にするか、決めます。

購入したら、家の中に、大黒さまの置物があって、その置物の下に宝くじをいれておきます。

場合によっては、それがどうもインスピレーションを感じないと思うこともあって、その場合は、神棚、父の遺影など、なんらかの頼れる存在のところに置いておきます。

家の中には、このほか、風水や、スピリチュアルで良いと言われている飾り物をしています。

もちろん、お金に関わるものです。

加えて、高額当選者が実施しているという、普段からの行動を整えることをしています。

どこまで本当なのか、わかりませんが、とりあえず、人には親切に、とか、悪いことをしない、とか、正直に、とか、といったことです。

これは本当なのかな、と半信半疑ですが、して悪いことではないので、とりあえずやる、といったところです。

で、こういったことをして、当たったのか、と言われると、最高額は一万円で、大当たりしたことはありません。

ですが、買わないと当たるチャンスすら産まれてこない、と思うと、やっぱり買い続けてしまいます。

夢が欲しいですし。

きっと、宝くじの神様は、私がきちんとした人間でいて、で、私にとって当選をした方が、生きる上で良い、と考えたときに、あててくださるのではないかと信じています。

高額当選者多数の売り場、家族でまとめ買いで当たり確率UP!

私はりょーたろーと言います。

今26歳で、中学生の時からなので約12年間宝くじを買っています。

主に買うのは年に二回、サマージャンボと年末ジャンボを10枚買っています。

あとスクラッチをよくします。

他の人からするとライトユーザーかもしれませんがいかんせんあてる確率をあげられればと思いまずは売り場にこだわることから始めました。

自宅は繁華街から少し離れたところにあるのですが休日遊びに行くついでに繁華街にある高額当選多数の売り場で必ず買うことにしています。

毎年高額当選が出る売り場なので他の場所で適当に買うよりかは少しは確率も上がるのではないかと勝手に思っています。

次に1人で10枚買うのではなく、家族とみんなで一緒に出かけて買うことにしています。

4人家族なので1人で買うより確率は4倍になります。

もちろん取り分も減るのですがなにぶん当選額が高額なので兎にも角にもあてないと話にならないと思いそうしています。

不正防止のため、当選チェックは家族みんなで行うようにしています。

この試みを始めたのが3年前なのですが今のところまだ高額当選はしていません。

あとは、宝くじを買う前の日は豪遊すると決めています。

ふざけているようですが、やはり金は天下の回り物という言葉通り、たくさん使ってたくさんお金を得るのが1番素晴らしいことだと思っております。

あと、3000円と言えども当たらなければ無駄になるわけですから、気にしてしまうのですが、もし外れた場合も前日に豪遊しておけば頭の中で勝手にその日のお金とセットになってあまり損した気分にはならないので気分的にはお得だと思います。

今まで自分の最高当選額は1万円ですが、弟は10万円を当てたことがあります。

毎年意気込むもののハズレばかりですが必ず高額当選している人は存在しているはずなので偶然でも自分がその中の1人に入りたいという強い願望があります。

そのためにできることは何でもしますがお金を使いすぎたりはしたくないのでいい意味で宝くじを楽しんでいると思います。

究極の神頼みは伊勢神宮で

宝くじ歴:10年 ジャンボ系のみ購入しています。

(たまにナンバーズも購入しますが)

以下の方法は実績はありませんが、私なりに考えて実行している開運方法です。

まず晴れた大安の日の午前中に買いに行きます。

(ジャンボ系:連50枚 バラ50枚)
雨天、曇りの場合は行きません。

必ず晴れた日を選択しています。

場所は名鉄名古屋駅の名鉄チャンスセンター(地上)です。

超有名なチャンスセンターですので、なかなか大変ですが、向かって右端のカウンターで購入し、必要以上に会話せずすぐに金色の金運財布に入れます。

帰宅せず、そのまま名古屋駅から近鉄線に乗り伊勢神宮(内宮のみ)へ向かいます。

その間、購入した宝くじは一切見ません。

財布はバッグなどには入れず手に持って移動します。

伊勢神宮に到着したら箸の前の鳥居で二礼します。

本殿前に到着するまでは通路の右端を歩きます。

途中に見えてくる五十鈴川で手をしっかり洗い清めます。

手は拭かず、塗れた手のまま財布を持ち歩きます。

本殿前の石段前に来たら再び二礼。

階段は右端ではなく中央を上っていきます。

必ず最上段の鳥居を二礼してからくぐります。

お賽銭は1,000円札1枚を用意します。

賽銭箱に対し、必ず中央を陣取ります。

二礼二拝で当選を祈願します。

この時、宝くじは財布から出して手に持ったまま手を合わせます。

祈願を終えたらすぐに宝くじは再度、財布へおさめます。

注意点は、誰とも目を合わさないこと。

つまり友人と行くのではなく、単独で行くことになります。

伊勢神宮に到着してから、敷地を出るまで誰とも目を合わせないように気をつけて歩きます。

そして再び、橋の鳥居まで来たら振り返って二礼します。

帰宅したら財布から宝くじを取り出し、風呂敷に包んでトイレの上の方に置いておきます。

用をたす時は必ず二礼してからにします。

当選発表当日は朝から明るい場所(カーテン越し)に置き、発表を心静かに待つようにします。

やはり今回も・・夢は諦めない!

あまり順調とは云えない未だ独身貴族の53歳、運が無いのか悪いのかの、宝くじ歴25年の通称プ~さんです。

始めた頃は適当に買って、適当に新聞で結果発表を見るだけの暇潰し程度でした。

その後、TVなどで、芸能人の方々が良く当たる!とか、当たる為には努力が必要的なコメントが頭の中に残っている期間に、また違う芸能人の方が当たったとか、良く聞くように成って、街を歩くと宝くじ売り場が目につくように成り始めて、前を通り過ぎる度に今回は、ここで何等幾つ出たとかが気に成りだし、本気で夢見てみようかなと毎回1万円程を購入するように成りました。

夢を見ると云っても、そこが私のセコさなのか、ほんの少しでも当たった気持ちを味わいたい、外れても少しは返ってくるようにと、バラばかり買っていました。

その時の買い方を思うとバカな事をしてたんだなと反省してます。

確かにバラでの購入なら、連番と違い当選発表を見た時に、一つの組が違ったら、ほぼ外れだけど、バラなら全部違うので、一枚一枚を期待しながら楽しめるし、当たる可能性が増える等との心の貧しい発想でした。

けど、今は買い方が解ってきたと迄はいえ無いけど、連番を10毎買えば一枚は返還金的に当たるのを知り、一等前後賞も連番で成ければ絶対に当たらない事を今さら知ったのでした。

それからは少数精鋭的に毎回少ない資金ですが、毎日頭に浮かぶ数字をチェックして足した数の店舗(リストアップした奈良県内店舗を数の分、右廻りで止まった所)に買いに行くとか、神社に参拝して、当たるお守りを買って宝くじの上に乗せ、仏壇に置く。

そして発表の日までは毎日、仏壇に般若心経を唱え、ご先祖様にお力添えを戴くべく尽力をしています。

特に最近は良く当たる店舗は避けてます、何故なら、良く当たる店舗は、それだけ人気があり、数をさばいているから当たるだけの事、逆に言うなら他人に先に運を持って行かれている気がするからです。

JR奈良駅前の三条通り商店街店舗や、近鉄奈良駅小西通り店舗は、特に当たりが多く有名スポットに成っていますが、私は私成りの感性で見付けた店舗で購入する事が一番悔いも残さず、理想的だと思っております。

未だに結果は出せてませんが・・・。

宝クジは吉日に購入しています

30代の既婚女性。

メロンパンと申します。

宝くじ購入歴は5年目。

毎年、今年最後の運試しと思い年末ジャンボを購入歴しています。

購入枚数は50枚数。

前後賞を狙って連番のみを購入します。

1等と前後賞合わせて10億円ですよ。

夢がどんどん広がります。

せっかく購入するのなら可能な限り当たる可能性を広げたい。

そう思い、毎回私なりの当たる努力をしています。

まずは購入日。

これは吉日に決めています。

縁起の良い日は縁起の良いクジを引き寄せるはず。

ですから年の瀬で忙しい時期ですが、カレンダーとにらめっこしながら吉日を選んで売り場に行きます。

できればお天気の日がいいですね。

そして購入する売り場ですが、一番近い売り場は自宅から5分ですが、自宅から車で1時間のところにある人気の売り場で購入します。

確率は大事です。

当たりくじがでる確率が高い売り場で買えば、必然的に当たる確率も上がるというわけです。

もちろん購入する時は綺麗なお札ととびきりの笑顔で購入します。

この瞬間が一番心が高ぶりますね。

そして購入した宝くじは封を開けず、まずはテーブルの上に並べます。

そして、「ようこそ我が家へ、私の所を選んできてくれてあるがとう。当選日までゆっくりとくつろいでね」と語りかけます。

そして、宝くじは神棚へ捧げます。

もちろんそのまま裸で置くのでなく、ちゃんとお布団を着せて。

清潔な木箱に黄色いガーゼハンカチを敷いた手作りのベットに宝クジを寝せて優しくお布団ををかけてあげます。

以前、松井さんがお財布はお布団をかけてあげたら金運が上がるとおっしゃったていたので、自分なりに宝クジにもアレンジしてみました。

お布団は金運を上げる黄色をチョイスしています。

私の努力はここまで。

後は運を天にまかせつつ、当選発表日を待ちます。

この期間、神棚の宝クジを眺めながら当選金の使い道を考えるのが至福の時間です。

まだまだ私は宝クジ歴5年目の新米。

結果はでておりませんが、この努力を続ければ結果は必ずいつかは成果がでる。

そう信じています。

人付き合いも、親切をすれば親切が返ってくるといいます。

宝クジも大切にすれば恩返しをしてくれるはず。

そう信じて今年も吉日に宝クジ売り場に並ぶつもりです。

売り場選びが重要だと私は思います

さんじと言います。

宝くじ暦は30年近くになります。

年末ジャンボのときだけ人生を賭けて100枚から、多いときは200枚ほど買いますが、
それ以外の宝くじは多くても30枚程度です。

私の実践している方法は、ベタかもしれませんが、売り場ですよね。

1等が良く出る売り場というのが、県内に1箇所ありまして、
その売り場で買うべく、車で3時間かけて買いに行っていました。

いくつもある窓口のうち、1等が出る窓口も決まっていて、
そこだけ行列になっているんですよね。

もちろん、私もそこに並びました。

他の窓口なら並ばなくて良いのに、1時間も並んで買うんです。

せっかく行くなら、やはり確率が少しでも高い買い方で買いたいですもんね。

よくよく考えてみると、みんなその窓口に並ぶわけで、
売れる枚数もその窓口が桁違いで多いわけですから、
必然的にその窓口からあたりが出る確率も高くなるというだけの話なんですけどね。

でもまぁ、そういうのも含めて「夢」ですからね。

お祭り気分で、並ぶことも楽しんでます。

もう10年以上前ですが、残念なことにその売り場がなくなってしまいまして、
それからというものは、年末ジャンボのときだけ、
かの有名な「西銀座チャンスセンター」に行くようになりました。

高速バスに揺られること5時間です。

なぜそこまでして行くのか。

もうロマン以外のなにものでもないですよね。

毎回、確実に数本は1等が出ているのですから、
それに乗らない理由はないですよ。

距離なんて数億円に比べたらちっぽけなものです。

夢だなんだと言いながらも、ただ単に欲に駆られてるだけなんですが、
それが「宝くじ」というものですからね。

今のところ、私のそういう努力は実を結んでいません。

当選金の最高額は5万円が1回だけです。

購入金額と当選金の差額が、どれほあるのか。

計算したことはないのでわかりませんが、
30年で、おそらくちょっとした新車1台分くらいにはなってそうです。

それでも、1回大きいのが当たれば取り返せますからね。

買ってから抽選までの間に、いろいろと想像できるのも買った人だけの特権ですし。

そういうのも含めて、楽しめていると思いますね。

これからも買い続けると思います。

大掃除、お花を飾ったらその日に5万円がてにはいった!

 残業の多い会社で会社員をしている私ですが、一人暮らしをしているため、いつも部屋は寝るだけの荒れ放題で決してきれいという部屋ではありませんでした。

 時々仕事帰りにスクラッチくじを買っては2000円分購入して手元に戻ってくるのは1割程度、毎回運試し、ほぼダメもとのつもりで宝くじを購入していました。

 そんなある日、大学の友人が東京に出張が入ったため私の家に遊びに来ることになりました。

慌てて部屋を掃除し、靴が出しっぱなしの玄関もきれいに片付け、商店街の花屋で目についた元気な黄色の花束をテーブルに飾りました。

普段はきれいなお花を見ても通り過ぎるだけでしたがその日はなぜか黄色の小さな花束がとても気になり、家に持って帰りたくなったのです。

 友達との待ち合わせまで時間があったので、最寄り駅にある宝くじ売り場でいつもと同じく、スクラッチくくじを購入し、カフェで確認してみるとなんと50000円が当たっていたのです!
 これは間違いなく、その日にやった掃除とお花の効果だと確信しました。

それ以外は普段の生活通りに過ごしていたからです。

 黄色の花束を買ったのも金運アップカラーの「黄」ということでよかったのかもしれません。

 早速、宝くじ売り場で換金、現金をもらうと、友達との食事代、翌日に奮発して購入したドライヤーでほぼ使い切ってしまいました。

 それからというもの、宝くじを買う前には家の中を片付けること、片付けができないときはせめて部屋の喚起をしてから購入するようにしてみると、当選確率が少し上がってきた気がするのです。

 風水的なものはあまり信用していませんでしたが、実際に宝くじが当たったという事実で今までよりは信じるようになり、お掃除、部屋のインテリアのを置く際にも風水を気にしながら生活するようになってきました。

 何百万円という高額当選ではありませんでしたが、私にとっては生活習慣を見直すいいきっかけにもなりましたし、ぜひ宝くじを購入する際には家の掃除、身の回りの整理、金運アップの「黄」を意識してから購入されることをお勧めします。

宝くじの高額当選した売り場より寂れた宝くじ売り場とかたまらなくそこで買いたくなる

AIK 男性です。

宝くじはジャンボ系だけですが約30年買い続けていますが、高額当選は有りません。

当たって5000円程度です。

良く高額当選の出た売り場的な看板を目にしますが、私はその高額当選が出た場所よりそういう看板の無い場所で買います。

スーパーの入り口付近にある寂れた宝くじ売り場とかたまらなくそこで買いたくなります。

また、連番を買わないと、一等だけでは無く前後賞も含めて何億の話だからと最初の数年は連番を必ず買っていましたが、ハズレが一瞬でわかってしまうので、番号を追う楽しみが無くつまらなくなり、バラで買うようになりました。

人気の場所だと、バラも、連番もあらかじめ10枚ずつぐらい袋詰めされているものを渡されてしまうので、売り場には迷惑でしょうが、3枚とかこわけで数カ所で買います。

当たる確率は変わらないとおもうのです。

当選が多く出る銀座とか、売れてる枚数も半端ない枚数が売れているからであって、その売り場がすごく当たるわけではないとおもうのです。

逆に寂れた売り場から私が当てたら更に凄くないですか?
そんな夢め当たる夢と同時に勝っている気がします。

以前は、買った宝くじは絶対見ずに袋そのままでタンスの1番上の右隅に必ずしまい、当選発表の次の日に必ず見てました。

誰かから聞いた当選の法則だったと思いますが、まやかしでした。

思い込みはすごい力を生みますが、運には聞かないようです。

楽しみながら当たる事を願うような買い方に変わってしまいました。

少し前に良く深夜の番組とかで芸能人が番組で100万分買って当選を確かめるような番組が連発した時があり、あれから冷めてしまった感じです。

どの番組も高額当選はしなかったわけてますからね。

運は自分の運ですから、また買い続なければ当たらないのが真実です。

買った人の誰かしらは当たるのですから
そう考えると自分で当選番号を決めるロト系をする人は凄いですよね、その数字が出ない確率もあるんですから。

なので、ジャンボのような、決められた範囲で当選が出る宝くじしか買いません。

それが私の必勝法です

高額当選者への道について考える

ペンネーム 十万石
お金に余裕がなく宝くじ高額当選を常に夢見ています。

宝くじ購入歴 5年
年に5回ほど購入

宝くじで当てるために行っている努力は、日頃の行いをよくするということです。

人に親切にしたりすると、感謝されるので高額当選というご褒美をもらえるような気がします。

買ってもどうせ当たらないからという考えもしないようにしています。

10キロぐらい離れたショッピングセンターにある宝くじ売り場は、よく当たると有名です。

過去に高額当選した人がたくさんいます。

いい天気で大安の日に買いに行きます。

でも、憧れの高額当選者は、大安吉日などにこだわらないという人も多いので、関係ないかもしれません。

10枚連番で買うという人が多いと思いますが、本気で億万長者になるためには、30枚買うのが良いそうです。

買い始めてすぐに大金持ちになるという人は少ないです。

10年ほど買い続けてやっと高額当選するという人が多いです。

1年に一度だけ勝負をかけるというのもいいかもしれませんが、何度も挑戦したほうが当選できる近道だと思います。

何度も買うことによって、当選のコツをつかめるようになります。

買った宝くじを保管する場所は、部屋の上のほうが良いです。

その理由は、床に置くと運気が下がると思うからです。

本棚など、高くて人目につかない場所に保管しています。

湿気の多い場所に置くと、お金が寄り付かないので注意しなくてはなりません。

久しぶりに買ったチョコボールにエンゼルマークがあったなど、プチラッキーなことがあった日など、今日はついてるなあというときに宝くじを買うと当選する気がします。

数字選択式の宝くじを買うときには、活躍している人にまつわる数字を選ぶとよいです。

宝くじをよく当てるという人から聞いたことがある話です。

朝のワイドショーなどで、よく当たる宝くじ売り場が紹介されることがあります。

近所の宝くじ売り場で何度購入しても当たらないなあというときには、交通費を惜しまず買いに行くというのも高額当選への道なような気がしています。

とにかく、買わなくては当たらないので、諦めずケチらず頑張ろうと思います。

宝くじで当選するためにやっていること

ナンバーズなどと違って宝くじは、完全に運なので、運を上げる努力をしています。

まず、神頼みが一番なので、氏神様に挨拶にいっています。

いついつの何の宝くじを買うので、4等当たるようにお願いします。

というように、具体的にお願いをしています。

その時に、自分の名前と住所も言って、神様にきちんと伝えることをしていきます。

やはり、宝くじは、運なので、神様にお願いするのが一番です。

他には、山梨県 新屋山神社をはじめ、宝くじに関する神社があるので、直接お願いをしにいきます。

宝くじ専門なので、そこにお参りに行っている人は、沢山、宝くじに当選しているみたいなので、自分も必ず行きます。

旅行費がかかってしまいますが、観光をしながらついでに行くならいいかなと思います。

これまで、神頼みで、100万円までなら当選したことがあります。

なので、神様に具体的に何を当選したいということは、言った方がいいかと思います。

そして、他に利用しているのが、占い師の言うことを利用するという方法です。

西洋占星術や八卦などを使って、どの宝くじ売り場で、いつ買いにいったらいいかなどを教えてもらいます。

よく当たるという占い師の人に聞いて、買うのが必要かと思います。

西洋占星術だと、カードが大アルカナとかが出ていれば、今、動いた方がいいか、少し待った方がいいかなどが分かるようになります。

そのカードを見て、どれくらいの規模の当選があるかもわかるようになっています。

占い師によく言われるのは、当たることをイメージするだけでなく、入ってきたお金を何に使うのか、流れる先をしっかり定めなさいと言われます。

しっかり、お金の流れが出来ていないと入ってくるものも入ってこないとのことでした。

ですから、宝くじを買う前に、宝くじに当たったら何に使うかを良く考えて、紙に書いておくことにしています。

それから、他にやっていることといったら、宝くじを入れておく幸福の袋というものも利用しています。

宝くじ購入は止められない

じゅんちゃんです、自分は宝くじを買い始めてはや50年です。

主にナンバーズ4を購入しています。

普通のジャンボ宝くじは年に数回気が向いたときに購入しています。

まずは購入場所ですが車で10分ぐらいのホームセンター前の宝くじ売り場で購入しています、3年ぐらい前ですがナンバーズのセットストレートで80万円当たりましてそれから購入するのはそこと決めています。

ナンバーズは最近の出る番号を調査して出やすい番号を続
けて買うようにしています。

数字が二つ並んだぞろ目が割と多いのでぞろ目買いを最近では続けています。

そうしたら続けてどの番号順でもよいボックスで当たりました。

数万円ですが気持ちが非常にいいです、精神的にも気持ちがいいもんですね。

最近では楽天銀行などのネットバンクでも発売をされてるので時々利用しています、どちらかと言えばナンバーズよりより高額なロト6などを購入しています、以前ナンバーズ4でボックスが1回当たり口座に当選金が振り込まれていました。

メールサービスがあるのでいちいち調べなくてもいいので非常に便利でした。

年に数回ジャンボ宝くじは宝くじ売り場に直接買いに行くのとネットバンクで購入するのと一緒にしています。

購入する枚数は1回につき10枚で決めています。

ジャンボは連番でなくバラ連番で購入しています。

当選金額は少ないのですがより多く楽しめるので決めています。

前回の年末ジャンボでは10万円当選をしました。

妻に見つかり半分取られました。

嬉しいことは顔に出るそうですぐに見破られました。

宝くじ当選のために特別なことはしていませんが、購入する場所とナンバーズでは購入する番号を宝くじ売り場で購入するときはコンピュータ選び、ネットバンクでは自分の好きな番号を選んで購入しています。

宝くじのいいところは抽選をするまで夢を見られることです、今度はどこへ旅行に行こうとか何を購入しようかとか考えることが出来ます、当分止められそうにありません。

宝くじロト7で億万長者!

はじめまして。

hkuwat72と申します。

私は現在30歳で、20歳ぐらいの時から「ほしいな~」と思った時に、スクラッチやロト3など当選確率が高く、当選金額が低い物買っておりました。

そして、25歳の頃から本格的に宝くじを買うようになり5年になります。

現在は、ロト7を毎週10口3000円購入し、1ヶ月約12000円ほど購入しております。

今回は宝くじを当てる為に私が行っていることをご紹介します。

1.宝くじは高額当選者がコンスタントに出ている店舗で買う。

宝くじは一等となれば、くじの種類にもよりますが、億万長者になれる夢の詰まったくじです。

となれば高額当選者が多く出ている店舗で買う方が高額当選確率はあがります。

しかし、ロト系のくじは自分自身で数字を決めるか、コンピュータで決めるどちらかになります。

そこで、それならどこの店舗で買っても同じでは!?と感じた方もいらっしゃると思います。

それは違います!!ここでは、高額当選者が多く出ている店舗で買うというげんをかつぐのです。

このことは非常に重要です。

2.ロト7で当選番号のデータを毎回とる。

ロト7は1~37の番号を7個選びその当選番号がいくつ当たっているかて、何等か決まるという流れです。

ですので毎回、当選番号のデータを取ることは大切です。

そうすれば、どの数字がよく出ているか!?どの週にこの数字がよくでている!など数字の統計がとれてきます。

それを元に数字を決めるのです。

これで、数字の的中率を上げれると思います。

3.マンホールの上でマークをする。

これは◯◯こ=運の上でマークするということげんかつぎです。

少し汚くて申し訳ございません。

ですがこれは私がロト7で3等と4等を1度ずつ当てた時の両方に当てはまります。

試してみては!?

こちらが私が行っている宝くじをあてる為にやっている事です。

これでもし、億万長者になれたら、儲けものだと思います。

しかし、買わないと当たりませんし、買うなら1%でも確率を上げて買うべきだと私は思います。

少しでも参考になれば幸いです。

学生の私が実践する宝くじ法

私は某地方に住む大学生です。

高校生の頃から年末の宝くじを買っていたので、宝くじ歴は4年です。

学生なので億万長者が出やすい遠くのお店に行くことはできません。

しかし、家の近くに縁結びで有名な神社があるので、そこでお参りを済ませてから買うようにしています。

なぜ縁結びの神社を選んだのかと言えば、宝くじ、億万長者との「縁(円)」があればと考えたからです。

あとは部屋の掃除を済ませてから買うようにしていますが、あまりに綺麗すぎると窮屈かなあと思い、普段から綺麗にするように心がけて(特に9月に入ったころからは毎日ちょこちょこ掃除をします)普段通りの生活を送っています。

年末の宝くじを買う日は特に決めていませんが、日常生活のついで買いをすることが多いです。

例えば、スーパーで夕食の食材を買ったついでであったり、少し遠出をして思い出にのついでだったり。

あくまでも日常生活の中で引き当てたいので、わざわざ宝くじのお迎えに行くようなことはしないようにしています。

買う枚数は1回に10枚であったり、2枚ほどであったりまちまちです。

その時の気分で買うようにしています。

なに分お金がないので一度に100枚くらい大量に買ったりはできません。

なにか嬉しいことがあったときに少し多めに買うという行為を年末まで数回続けます。

買った宝くじは手帳に挟んでいます。

手帳はその年の思い出や記録が全て書かれていますし、1日でスマホの次に触れることの多いものです。

宝くじ様も手帳の中身を見ていい運が逃げないでくれれば良いなという淡い期待もあります。

発表は新聞でチェックするようにしています。

とにかく日常生活のリズムを崩さないように、当日はドキドキする気持ちもありますが、抑えて朝ごはん時に見るようにしています。

その時の宝くじはいつも優しく握るようにしています。

今のところは毎回落選続きなのですが、落選をした後も、今回はありがとう、また次回もよろしくねと声に出して言うようにしています。

そして紙切れになった宝くじは思い出の品として引き出しにクリップをしてから仕舞うようにしています。

宝くじを購入しに行く際は毎回赤色の服を着ていきます

はじめまして。

youshin753と申します。

会社員をしております。

宝くじは学生時代から買い続けていて、詳しくは覚えていませんが7年は買い続けていると思います。

少なくとも7年間、毎年買っていて、年にも多少寄るのですが、少なくとも100枚は買っていると思います。

費用は少なくないですが、宝くじには夢がありますからね。

しかし7年間買い続けて当たった最高額は5万円……
正直全然当たりませんね。

私は普段何かにおまじないを頼んだり、占いを信じてあてにしたりすることってないのですが、宝くじには関しては例外です。

藁にも縋る気持ちというよりかは宝くじを楽しむための儀式というか、自分なりの工夫を入れることによって宝くじ購入自体を趣味の一つにしている感じです。

さて、そんな私の宝くじの買い方ですが…
まず、買う場所は毎回変えます。

最近の宝くじで高額当選が出たところで買います。

流れってあると思うので。

それから、買う枚数ですが、一度に購入する枚数は必ず30枚。

一万円で事足りる枚数で買います。

バラが一つ、あと二つは組で合わせて買います。

特に理由はないですがなんとなくバラを一つ組み込むことによって当たりやすくなる気がするからです。

5万円当たった日(3年前)には、いつも着ない赤色の服を着ていました。

普段は赤色の服って殆ど着ないのですが、その日に限ってなぜか着ていきたい気分になったのです。

それから私の中で赤色の服は験担ぎの色で、宝くじを購入しに行く際は毎回赤色の服を着ていきます。

あとはここ1年での話ですが、宝くじを購入する日付にもこだわるようになりました。

大安だったり色々日によって違いますよね。

なにかの行事ごとはそういうものに合わせていることを思い出してから、宝くじにも適用してみることにしてみました。

インターネットサイトを参考にさていて、「吉象くんの開運アップブログ」というサイトを使っています。

このサイトを参考にしてから3万円が当たったので、これからは験担ぎの主戦力としていくつもりです。

初詣時に購入した金運アップのお守りと一緒に日当たりのよいリビングに

当方現在海外在住なので日本の宝くじは買っておりませんが、日本にいたころは毎年年末ジャンボだけは買っておりました。

当たらないとはわかっているつもりではありますが(笑)、買わないことには夢すら見れない!ということで毎年3万円分を購入していました。

買う場所は東京の有楽町駅出てすぐの購買所で買っていました。

そこは(今現在はわかりませんが)高額当選者がよく出るらしく、今まで3億円が何人ここから当選!というような垂れ幕がありました。

そして実際にそこで買い求める客が多く、ジャンボ発売開始時からしばらくの間は常に長蛇の列をつくっていました。

そこで並びながら他の人たちの顔を見て、この人は当たったらどうすんのかなーと邪推するのも楽しかった記憶があります。

さて実際に買った後は自分のお気に入りの長財布(長財布に保管するといいとどこかで読んだ記憶があります)に折り目を付けずに保管。

場所は普通に簡易金庫内に保管しておりました。

3日に一遍は取り出し適当な願掛け(笑)をしてまた金庫内に戻すということをしておりました。

また年始の初詣には必ず持参し、そのうえで困った時の神頼みをしていました。

その後は金庫に保管はせず初詣時に購入した金運アップのお守りと一緒に日当たりのよいリビングに置いておきました。

この一連の流れは毎年の恒例行事のようなもので、スタイル自体は毎年ほとんど変わっておりません。

居間に保管後はよく当たったらどうするか、などということを考えていました。

この時間が一番楽しいですね(笑)

結果のほうを申し上げますと、ほぼ全滅です!2回10万円当選というのがありましたがほかの年は購入金額にも及ばないという結果です。

確率で考えれば10万円2回でも十分当たった気はします。

毎年いい夢見させていただきました、と外れくじに対して感謝をするというとこまでが私の一連の流れです(笑)

当選金で毎年家族と外でご飯を食べに行きます。

10万円当たった年はかなりいいレストランを予約して、ほぼ使い切りました。

こういう行事ができるのも買ったからこそであり、また日本に帰国したら買うつもりです。

やはりあのわくわく感はとてもいいですよね。

オムライスを食べて購入しに行く

私はももこ、宝くじを初めて購入をしたのは20歳の時です。

それから15年、宝くじを購入しているのですが、最高当選額は1万円ほどと、本当に宝くじなんて当たるのだろうかという不安もありましたが、夢を託してジャンボ宝くじだけは毎回購入するようにしており、いつも30枚と決めて、10枚を連番で、20枚はバラで購入しています。

宝くじが当たるようにとさまざまな工夫をしていますが、20歳のときから行っているのは、宝くじを購入する前にきちんと入浴をして身体をきれいにして、オムライスを食べて購入しに行くことです。

オムライスは中が赤くて外が黄色である為、勝負運と金運が高まると言われており、宝くじが当たりやすくなると聞いた為、オムライスを食べて購入するようになって三回目で、私の中の最高金額である1万円が当たったので、今でもその習慣はやめることが出来ません。

しかし、それからは何千円ほど当たったら良い方で、なかなか当たらずに、宝くじが当たるという神社にも購入する前のお金の浄化をしてもらうために行き、購入してからも宝くじを持って行くなど、ジャンボ宝くじを購入する前から準備がとても大変なのですが、当てたいという気持ちと、今さらやめられないという気持ちが強くて、今でもがんばっています。

最近では宝くじの抽選日には宝くじをテーブルに広げて、中心部に盛り塩をして自分の番号を引き当ててくださいと祈るようにしています。

仕事中などの場合には、抽選の時間だろうという時間になると、神経を集中させるようにしています。

宝くじが当たると引越しをしたい、車がほしいとさまざまな夢ばかり広がりますが、なかなか当たりません。

宝くじが当たるようにこれをしたらいいよということがあると、積極的に取り入れたいと考えています。

今では購入前の準備であったり、神社や盛り塩などさまざまなことを取り入れてはいますので、もうそろそろ三桁の当選額が当たりそうな気がしています。

宝くじを購入すると、私は決まって神社にお参りしています

41歳の専業主婦、みーぱんと申します。

私の宝くじ歴は約20年です。

短大を卒業して社会人となってから毎年宝くじを購入しています。

ここ10年くらいはジャンボ宝くじ一本。

初めはサマージャンボと年末ジャンボのみを購入していましたが、今ではバレンタインジャンボやハロウィーンジャンボなど年間5回のジャンボ宝くじを購入しています。

毎回購入する枚数は30枚固定。

つまり9,000円分の購入です。

1万円以上は生活に響くのでちょっと手が出しにくいです。

それでも購入してから発表までの期間を楽しめると思えば決して高いものではないのですけどね。

宝くじを購入すると、私は決まって神社にお参りしています。

毎年お正月に初詣に行く神社なのですが、それ以外に年5回も足を運んでいるので、一年中お参りしているような感じです。

お正月には5円玉を賽銭箱に投入しているのですが、宝くじの当選祈願はなんと100円!私の中では結構な贅沢です。

100円が億になって帰って来れば安いもんでしょと奮発していますが、今のところご利益は全くありません。

そのうち私の100円がチリとなって積もっていくと、いつかそれが溢れて金銀財宝ざっくざくとなるのではないかと淡い期待を抱いています。

自宅のリビングの天井には、神社で購入した破魔矢が貼られています。

参拝に行った後には、その破魔矢と天井の間に宝くじを挟んで、発表までニヤニヤしながら眺めるのが私の楽しみ方。

ソファーでくつろぎながらふと天井を見ると宝くじがあって、当たった時のことを想像するのが毎日の楽しみでもあります。

発表までの期間は本当に楽しですよね。

旅行と車の購入は大前提なのですが、それでも到底使いきれないので、バッグを買ったり洋服を買ったり…とめどなく夢は広がっていきます。

まあ、一度も高額当選なんてしたことがないので期待はしていません。

それでも「万が一」のことを考えて「当選した時にいかに人に知られないようにするか」という心配までしています。

急に親戚の数が増えたりしたらどうしよう…全くもっていらぬ心配ですけど。

もちろん宝くじが当たるに越したことはないのですが、当たらなくても楽しいから買い続けます。

空想の世界に浸れるのは宝くじを手元に持っている時だけなのですから。

黄色の花とトイレも綺麗に

毎年、年に数回出る宝くじ。

いつも、「当たったら」、「もし当たったら。。。」と想像してしまいます。

買わなければ当たらない。。

でも、もう何年も買い続けているのに一向に当たらないのが宝くじでもあります。

でも、あの想像する時間はとても楽しく、ついつい買ってしまうのです。

「夢を売る」というのがまさにぴったり、それが宝くじです。

 そんな私は、子供の頃から両親が宝くじをいつも購入していました。

私は、その影響もあってか、社会人になり、自分で収入を得るようになってからはいつも購入しています。

(毎回3000円と決めています。

)今、36歳なので、自分で購入するようになって14年といったところです。

 わたしが、当たるためにしていることがいくつかありますが、普段から実践しているじことは、「玄関をきれいにしておく」ことです。

風水には詳しくないですが、玄関が綺麗な家にはいい運気が入ると言われています。

なので、玄関はいい運気が入ってくるようにいつも綺麗にしています。

と同時に、玄関に黄色いものを置くと金運が入ってくるみたいなので、黄色の花を置くようにしています。

この二つはいつもかかさず行っています。

あと、トイレも綺麗にしています。

金運に限らず、綺麗にしておくことはとても気持ちがいいですね。

 実際、購入するときに気をつけていることは、よく出る売場で購入すること、購入した後は、暗くて静かな場所に置くことにしています。

よく出る売場は、実際に活気があり、やはり何か出る気がします。

購入後の静かな場所というのは、前にテレビで見た受け売りなのですが、北側の部屋の暗い場所、あまり人が来ない場所がいいみたいなので、あまり普段使用しない部屋の引き出しに置くようにしています。

あとは、決めているテレビの星座ランキングが良いときに購入するようにしています。

そして、最後はやはり神頼みです。

部屋に神棚があるので、こんなお願いは聞いてもらえないだろうな。

と思いつつ、名前と住所を声に出してお願いしています。

 いろいろ、努力していますが、今まで当たった中での最高は5000円。

いつか億万長者を目指して、年末の宝くじも購入します。

毎日きちんとトイレ掃除を行う

毎年、年末にジャンボ宝くじは必ず購入しています。

初めて購入したのは、社会人になってしばらくしてからです。

なんとなく宝くじを自分で購入してみようと思い、年末ジャンボを購入したのが始まりでした。

初めての時は、全く当たりませんでした。

当たらないと思っていても、やっぱり全然当たらないのは悲しいですよね。

これは日ごろの生活態度が悪いのかな?と思い、この時から生活態度を改めるようにしました(笑)
特に、毎朝トイレ掃除をすると運気がよくなるという話を聞いてからは、毎日きちんとトイレ掃除を行うようになりました。

数年前に「トイレの神様」という曲がヒットしましたが、実際に何らかの影響はあると思います。

トイレを掃除し始めてから、懸賞やキャンペーンに当たりやすくなったように思います。

でも、懸賞などでちょこちょこ当選しているせいか、宝くじは相変わらず高額当選したことがありません。

運気を上げるために試していることはまだあります。

それは、財布を定期的に整理することです。

これもテレビで知った情報なのですが、レシートなどが溜まっている財布はお金が貯まりにくいのだそうです。

だから、定期的に整理することが大切なのだそうです。

確かにカード類も溜まってきてしまい、使っていないものもその中には何枚かありました。

定期的にお財布の中身を整理することで、中身についてきっちりと把握できるようになり、使いやすくなりました。

運気を上げるためだけでなく、普段の買い物もしやすくなるので、これはおすすめですよ。

あとは、風水も少し気に掛けるようにしています。

お金が貯まりやすいという方角は常に綺麗にしようと意識しています。

宝くじを購入した際もその方向に、袋のまま保管しています。

これが正しいやり方かは分からないのですが、なんとなく当たるような気がしてなりません(笑)
今年はこのようなことをしているので、宝くじも高額当選したいな~と思っていますが、結果が出るまではやはりわからないですよね。

とても当たる確率が高い宝くじ売り場で買う

私はゆうです。

宝くじは、年に一回かっています。

なんといっても夢がありますね。

何回も買いたいのですが、それではなんとなく当たらないような気がするので、できるだけ一回と決めているのです。

それも年末のジャンボにしています。

宝くじを買う、開運方法というのは、人により違いがあることがわかります。

私の職場では、色々な人が沢山の方法を実施していてそれを知ると、とても面白いです。

私の場合は、ひとつの方法に決めています。

その方法というのは、一回数万円当たったことからその方法にすることにしました。

当たるかどうかわかりませんが、その方法にすることにより、もし外れたとしても納得することができるんです。

これだけ願掛けを行ったのだから、外れたのは仕方がないと思うことができます。

その方法というのは、私の近所にある宝くじ売り場で買うということなんです。

その売り場では、とても当たる確率が高いということがわかっています。

億万長者を何人も出しているのです。

そのことは、珍しいことですね。

小さいところですが、売り出しになると本当に行列が出来るんですよ。

そのところを見る度に見ると買いたくなるのです。

車を駐車しやすいし、多くの人が買っているのでやっぱり運を引き寄せているのではないでしょうか。

笑顔で買っている人が多く、ちょっとしたのりで買っているような感じです。

ここで当選者がよく出るので、私も確率が高いと思うことができるんですね。

高額とうせんではありませんが、ちょこちょこ当たる人が私の周りにもいます。

それで、ますますそこの場所が当たるということが、口コミで広がっているのです。

もしも当たったら、どんなことをしようなど、夢がますます広がります。

近くに美味しパン屋さんがあることも、理由もひとつです。

私の他にも、そのパン屋さんに寄った帰りに、そのまま宝くじを買うという人が案外と多いことがわかりました。

私の場合は、高額当選はありませんが数人出ていることで夢を買わせてもらっています。

宝くじを購入した後に、白蛇の夢を

私は、40代後半の主婦でなおといいます。

パートで仕事をしながら、家事や育児などと、毎日忙しく動き回っています。

私は、毎年の恒例行事として、年に4回のジャンボ宝くじを購入します。

もう、かれこれジャンボ宝くじを購入し始めて、10年近くになりますが、私の小遣いの範囲内なので、バラを20枚、連番10枚の計30枚のみしか購入しません。

宝くじを購入した後の保管場所に、私はいつもこだわっています。

たいした事では無いのですが、風水にちなんで、西の方角に赤い箱を置いてその中に宝くじを入れて、結果が出るまで寝かせています。

その時に、折り紙の金色を使って、宝くじを包み、験を担いでいます。

後は、常に部屋の中やトイレ等の水回りを綺麗に保つようにして、毎日掃除をして、カーテンや窓を開けて、部屋に籠った空気の入れ替えをしています。

玄関には、鏡を置いて悪い運気を払う様にしています。

これも、風水から試している事なのですが、凄いっという程の効果は無いですが、本当に困る事も無いかな、っと思っています。

私は、宝くじを購入する場所にこだわりはありませんが、自宅近くのショッピングモールの中の宝くじ売り場で購入しているのですが、売り子さんに笑顔が無いのが残念何ですよね。

でも、私自身が、いつもニコニコ笑顔でいる事を心がけて、当たったら…。

では無く、当たる。

と、言わば自分に思い込ませて、私がやりたかった事や欲しい物等の妄想を膨らませています。

それだけでも、気持ちがワクワクして自然と笑顔になりますよね。

笑う門には福来る。

と言いますから、やっぱり笑うのが一番です。

後は、まれに何ですが、宝くじを購入した後に、白蛇の夢をみたりするんです。

購入前に見たのであれば!買わなきゃ!っと凄く当たる様な気持ちになるのですが、購入した後だと、あまり効果は無いんです。

事実、今まで高額当選は1度も無いですが、購入した分の額が戻ってくる事は多々あります。

それでも、私は十分嬉しいんですよね。

小遣いも戻って、ワクワクした幸せな気持ち分が得した事になりますからね。

私にとっては、宝くじはやっぱり夢を与えてくれる楽しみの1つかな、っと思っています。

これが私の「ジャンボ宝くじルーティーン」

初めまして。

静岡県の西部地方に住む淳史と言います。

51歳の会社員です。

私の宝くじ歴は約30年。

過去に当たった最高金額は10万円です。

それ以外は1万円、3,000円、300円などで、一度の高額当選したことはありません。

無念です。

一時期はいろいろな宝くじに挑戦したこともありました。

それこそスクラッチやTOTOなど。

しかし、ある日思ったんです。

あっちこっち手を出してるから当選の神様がケンカしているのだと…。

それに気が付いてからは、毎年「サマージャンボ」と「年末ジャンボ」の2種類しか購入しないと決め、今でもそれを続けています。

各ジャンボ宝くじの購入金額は、多くて30,000円分、通常は9,000円分、少ないと3,000円分です。

なぜ購入枚数が変動するかというと、発売前の1ヶ月の間にパチンコで勝つか負けるかによるからです。

勝っていたら太っ腹の100枚購入、負けて金欠の場合はたったの10枚という感じです。

そもそもパチンコの勝敗で購入枚数を変動させてる時点でいかにも当たらなそうですけどね。

宝くじ売り場は、ある1箇所に固定しています。

地元で最も高額当選を多く出している超人気店です。

ジャンボ発売期間中は毎日朝sから晩まで交通整理の警備員が出ているほどで、他県からも買いに来ている人がいるそうです。

多く販売しているから多く当選している、それで人気が出てもっと売れる…一度人気が出たお店は永遠に儲かっていく仕組みですね!

購入した宝くじを懐に入れて、お盆と年末しか行かない祖父母のお墓参りをします。

きっと「他の時も来てくれよ」とあの世で祖父母は文句を言っているでしょう。

でも気にしません。

高額当選したらもっと頻繁にお墓参りしてあげるよ、と心の中で思いながら手を合わせます。

自宅に戻ると、宝くじを神棚に挙げてお神酒を置きます。

それから当選発表の日まで毎日神棚に手を合わせてから出社するようにしています。

これが私の「ジャンボ宝くじルーティーン」です。

でもどこかに問題があるのでしょうね、一度も高額当選していないのですから…ルーティーンより私の不浄な心の問題か?

神頼み筋トレ&無心で挑む宝くじ

  私は『コロギスくん』と、名乗らせて貰っている20代後半の男性です。

くじ歴は、7年程になり、主に年末ジャンボ宝くじ等でバラの宝くじを専門として平均して3000円分を購入しています。

 
そんな私が宝くじで当選の為に意識して行っている努力の一つは三年前から始めた事で、それは宝くじを購入する前から、神棚に向かって意識を集中させ真剣に心を込めて『当選発表までは必ず毎日トレーニングをするので是非当選させてください』と、ハッキリと宣言してから当選発表の日まで(当日は宝くじを見る直前くらいにやる)毎日欠かさずに体調が悪くても時間が無くとも腹筋を中心とした筋肉トレーニングをして汗を流す事です。

 そしてもう一つが宝くじを購入する際、いつも心がけている事なのですが、出来うる限り欲望や理想や夢と言った自分の感情を事前に楽しい事などをする等して心の中から追いやり、形式的に『意識した訳ではなく、あくまでたまたま』と言う形を取り平常心&無の心であくまで冷静に宝くじを購入する事です。

 そして最後の一つが、例え面倒臭くても出来うる限り、自分から皿洗いや風呂掃除等の家族サービスを行ったり、積極的に人助けをしたり、部屋の掃除をする事で体の中に徳と運気をため込み、心を健やかにする事も大切だと考えています。

 私はこの三つの方法を試す事で、7年間の間に1000円の当たりを幾度か出し、最高で3000円分で1万円の当たりを引き寄せる事が出来て、過去も含めた統計では1万5000円程のリターンを得ることが出来ました。

 そして、私が宝くじを購入する場所には三つほど目星があり、一つは自宅近くのショッピングモール。

もう一つが駅前の小さな店、そしてもう一つがよく当たると評判の店で、私は宝くじの購入を決意すると、京都の安井金毘羅宮で購入した縁結びのお守りを手にしながら、この三店舗の事をじっくりと思い返し、自分の中で『これだ!』と、直観的に思った店に行き、上に上げた方法で宝くじを買う事にしています。

複数の売り場で分散して購入した宝くじを仏壇と神棚にお供えして高額当選を狙っています

私は現在27歳の男性会社員で宝くじ歴は3年ほどで、サマージャンボ宝くじや年末ジャンボ宝くじなどを1回あたり大体50枚くらい買っています。

私は宝くじを購入する際や購入した後に少しでも当選確率が上がったらと思って色々とやっているのですが、今回はそのことについて書きたいと思います。

まず宝くじを購入する場所についてなのですが、自宅周辺には高額当選が出た売り場は特に無いので、あまり場所にはこだわらないようにしています。

ただ何となく1つの場所で買うより分散させて複数の売り場で買った方が当たりやすい気がするので、基本的にはいくつかの売り場をはしごするようにしています。

何軒はしごするかはその時々によって変わってくるのですが、大体3~5件の売り場をはしごして宝くじを購入しています。

宝くじを購入したら次に購入した宝くじを自宅の仏壇に置いて、毎日宝くじが当たるようにお祈りをしています。

また仏壇に購入した宝くじをお供えする際には、宝くじの上に黄色い招き猫の置物を置くようにしています。

その招き猫はどこで買ったものなのかは忘れたのですが、過去に祖母に貰った金運上昇の招き猫なので、宝くじの上に置くようにしています。

数日仏壇にお供えしたら今度は招き猫と一緒に神棚に移動させて、あとは当選番号が発表されるまで毎日神棚にお祈りしています。

そういったことを続けていたら高額当選とはいかないまでも小学当選することは増えた気がしていて、過去に10万円当たったこともあるので、何となく一定の効果はある気がしています。

実際に効果があるのかどうかは知る由もありませんが、やってること自体は特に面倒なことはありませんし、無理なく続けられることなので特にストレスは感じていません。

また何もしないよりは何かやっていた方が絶対に良いだろうと思っているので、夢の高額当選を目指してこれからも自分なりの開運方法をずっと続けていきたいと思っています。

まずは買わなきゃ当たらない!

はじめましてmisumiと申します。

宝くじ歴1年のひよっこドリーマーです。

ジャンボは1万~3万円ほど、スクラッチを月1000円で年間10万弱買ってることになると思います。

宝くじを当てるために私がやっていること、それはずばり「まずは買う」ということです。

30代ですが今までは気が向いたら時々買う程度でしたが、去年のサマージャンボの広告を見て「7億?
いつからそんなに高額に??」とあらためてびっくり。

それからひしひしと宝くじの高額当選を夢見る様になりました。

それからはジャンボ系はもれなく買うようにしています。

「買ってもどうせ当たらない」ってよく耳にしますが、まずは買わなきゃ当たらない!

そして具体的に当てるためにやっていることは、ものすごくベタですがものすごく有名な銀座のチャンスセンターに買いに行っております。

販売数が桁違いなので当選が多いのは当たり前だと分かってはいるものの、やっぱり当たりが多く出てるお店で買えば当たる確率が高くなるような気がしてしまうんですよね。

ただそこまで本気ではないので窓口は気にせず空いてる窓口で買ってしまいます。

(それでも休日などに行くとそこそこ並びますが)

窓口までこだわらないのがいけないのか、残念ながら高額当選はもちろんそこそこ当選もまだしたことありません…。

スクラッチはいいことがあるとそのノリで当たるのではと期待して買いに行きます。

あとは今日はなんか当たる気がする…など直感ですね。

ただ残念なことに大した感性を持ち合わせていないためこれまた高額当選はしたことがありません。

年一回のはずれくじ抽選のためにはずれ券を保管しているのですが、日に日に分厚さを増していくはずれ券。

いったいいくらつぎ込んでしまったんだろう…と悲しくなることもありますが、そんなことを気にしていたら億万長者にはなれません!

最初は何としても億を当てたいと思ってましたが、最近は数千万でも全然いいですと若干弱気になってきて(笑)ジャンボミニも欠かさず買うようになりました。

当選数が多いのので当たりやすいはず!とにかくあきらめないことが肝心です。

金運アップ風水を実行してる

ペンネーム・さとみ/宝くじ歴30年/年3回ほど購入

宝くじを買い始めたのは小学生の頃です。

宝くじ好きの両親の影響でスクラッチから入門し、年末ジャンボ宝くじなどをおこずかいの範囲内で買うようになりました。

高校生になりドクターコパさんの風水と出会ったことで、億万長者が現実になれるかもしれないと思うようになりました。

残念ながら、風水を始めて22年になりますが億万長者にはなれていません。

しかし、スクラッチで少額の当たりがでたり、懸賞が当たるなどクジ運アップを実感しています。

ここ数年は、生活費が足りないときには必ず臨時収入があります。

いつも足りない分の金額が臨時収入として手に入ることから、今はまだ私の生活に大金が必要ではないから宝くじが当たらないのだと解釈しています。

そして、いつか時期がきたら高額当選できると信じて、日々風水を実行しています。

私が一番大切だと考えている金運アップ風水は掃除です。

掃除と同じくらい大切にしていることは換気です。

毎日掃除をして、キレイになった部屋にキレイな風を通すことで家の中の悪い「気」を追い出し、良い「気
」を流すのです。

玄関や窓は毎日水拭きをして、カーテンや玄関マットには外からの悪い気を吸着する役割があるので、小まめに洗濯します。

枕カバーは毎日交換して、布団カバーも小まめに交換します。

そして、目覚めたらカーテンを開けて寝具に陽の光を浴びせることで、寝ている間に運気を高められるようにしています。

トイレ掃除も金運アップには重要です。

便座や床も除菌シートでしっかり拭き上げることで金運を呼び込みます。

我が家はトイレが金運と関係が深い西側にあるので、「西に黄色で金運アップ」の風水も実行しています。

小窓には黄色いカーテンをつけ、トイレマットも黄色にしています。

さらに金色の富士山の置物を置くことで、最強の金運アップを目指しています。

宝くじの当選確率を上げるためには、上下異なる柄のパジャマを着ると効果があると風水の本で読んだことがあるので、年末ジャンボ宝くじのようにビックチャンスがつかめる宝くじを購入したときに実行しています。

食事にも風水を取り入れています。

金運アップ効果のある鶏肉・卵・黄色い物を食卓に出すように心掛けています。

特に金運が欲しい時には、カレーを食べるようにしています。

我が家は玄関も西側にあるので、ミカンやグレープフルーツなど柑橘類が沢山手に入ったときには大皿にピラミッドのように積み上げます。

金運アップに即効性があり、懸賞が当たったり、主人がパチンコで勝ってくるなど棚ぼた的な喜びが沢山起こります。

ドクターコパさんは、「宝くじは当たる環境を整えてから当てるもの」だとおっしゃっています。

偶然当たったとしたら運を先取りしたこととなり、その後、不幸になる場合もあるそうです。

そうならない為にも日々風水を実行して、幸せな億万長者になるための金運を強化しています。

宝くじが当たるように神様にプレゼンテーションしていること

 九州で生まれ育ち結婚後の現在は中国地方で暮らすパート主婦、ながいきさんです。

たまたま親の購入した年末ジャンボ宝くじを、わたしが新聞で当選を確認した際になんと組違いの前後賞が当選したました。

それからいつか前後賞合わせて〇億円を夢見て買うこと数十年、長い長い年月を宝くじに託して生きてます。

とは言っても買うのはサマーと年末のジャンボ宝くじを毎回バラと組みを10枚ずつと少ないですが、パート収入からでっかい夢を追い続けているのです。

 宝くじを当てるために努力している事は、もちろん当選を何本もだしている売り場でなるべく購入するようにしています。

その売り場まで行くことが出来ないときは、自分の感を信じ、最初に目に入った売り場で買います。

又神社にお参りする際、金運の祈祷もお願いしますし、お守りも購入しています。

 組違いの前後賞当選以降は、大きな賞の当選はありませんので、売り場で当選確率が上がるのか否かまだわからないところです。

祈祷やお守り購入の効果もまだ活かされてないような気がします。

 努力とは意味合いが違うのかもしれませんが、意識していることがあります。

祈祷やお守りに通ずることかもしれませんが、神様を意識することです。

以前、トイレの神様を唄った歌がヒットしましたが、私は本当にトイレの神様を信じてます。

家には七福神がやってきて最初にやってくる神様から居心地よい場所を守って下さり、最後にやってくる神様にはトイレしか残ってないのでトイレの蓋に鎮座されます。

なぜ最後にやって来るのかというと、その家にたくさんの宝をエッサエッサと担いで来られるので軽やかに走れないので最後になるわけです。

なので、トイレは常にピカピカに掃除する事を心掛け、神様にお願いしてます。

 他にも、その当選したお金で何をしたいかを常にシュミレーションし見積もりをたてます。

もちろん物欲もありますが、それ以上に世の中にどういう形で残せるかを考えて神様にプレゼンしてます。

 目に見える現実のことを、見えない世界の力をお借りし現実化させるという試みをきっとこれからも楽しみ、〇億円が当選するまで、買い続けることでしょう。

宝くじと細く長くつきあいながら、さりげなくチャレンジ

コバと申します。

宝くじはそんなにしょっちゅう買ってるワケではありませんが、年に数回の「ジャンボ」はできるだけ買うようにしています。

いつも自分のお小遣いから買うので、そんなにたくさん買うことはできません。

前後賞を含めた10億円を狙って連番にするのではなく、前後賞「だけ」でも当たる可能性を求めて、いつも「バラ」で10枚だけ買うようにしています。

みなさんは、よく「当たりがでるお店」で購入されることが多いようですが、宝くじはあくまで確率の問題です。

たくさん売れるお店から、より多くの当選が出るのは当たり前のことですので、私はお店にはこだわりません。

期間中にたまたま購入する機会があれば、買いやすいそのお店で買います。

当然、発売初日とか最終日とかも気にしていません。

そして、私がいつも意識しているのは、宝くじを購入して、そのくじの当選発表がありますが、その発表があったときにすぐに確認をしないことです。

当選発表を見ながら自分のくじを確認するのが楽しみだという方も多いと思いますが、私はちょっと違います。

購入していた宝くじはバッグの奥にしまっておいて、記憶から消すようにしているのです。

そして、数か月後に次のジャンボが発売されると、いつものように売り場に買いに行きます。

そこで思い出したかのように、前回買った宝くじをカバンの奥から取り出して、そこで初めて当選を確認してもらいます。

当然、外れてはいるのですが、最低でも1枚は300円が当たっていますから、それを今回の購入資金に加えて、計11枚を買います。

ときどき3000円が当たったりすることもありますが、それはラッキーということで、臨時収入としてサイフに入れます。

こうして、宝くじに対しては、過度に期待することなく、それでも高額当選のチャンスを残しながら、常に淡々と、細く長く買い続けています。

宝くじは、確率論からいえば、買えば買うほど損をすることになりますが、買わないと当たらないのも事実です。

高額当選の可能性もわずかに持ちながら、宝くじを末永く楽しんでいこうと思っています。

宝くじはいつまでも夢!

私は昔から宝くじを毎年買うのがひとつの楽しみにしています。

勿論、当たれば最高の幸せですが。

その為、夢とは言えやはり宝くじを買うにもお金は逆に掛かります。

ですので、私の場合は関西出身なのですが、その関西で良く当たると言う宝くじ売場で必ず買うと言うことです。

因みにですが、私の場合毎年10万円分は買っています。

残念ながら、1度だけ高額が当たっただけで他はほとんどハズレみたいなものです。

ですので、とにかく当たると言う売場でまとめて買います。

勿論、事前にインターネットなどで調べて過去のデータを取りだし確率の高いところから買っていきます。

大体、毎年私は3つほどのお店に分けて買っています。

ひとつのお店に約3万、そして次のお店にまた3万、そして最後に3万と言う感じです。

本当はひとつのお店に全部を掛けた方が良いのかとも思うのですが、もし連番などでいきなり外れた場合に物凄くシ

ョックを受けてしまうので、他にも夢があった方が楽しいので3つから4つに分けているのです。

また、他には私は恒

例としていることがあるのは、良く運気が上がると言われる神社でお参りすることです。

宝くじを持参し、そして手を当てて願うのです。

楽しみでありながら結構本気でやっていますのでハズレると本当にショックなのです。

今でもいつかは当てるぞと真剣なのです。

最近では私の奥さんも少しですが買うようになり夫婦共に毎年恒例となってきました。

ですので、その宝くじの為の別のへそくりも用意してあるのです。

たかが宝くじされど宝くじと言う感じです。

やはり、いつまで経っても宝くじには夢があります。

宝くじを当てたことを考えるといつもその時間が幸せになるのです。

また、仮にもし当たったとしても興奮しながらも緻密に考えて使おうとは思っているのですが。

少し早いですがもう少ししたら宝くじの季節がやって来ます。

今からまた興奮するのは間違いありません。

今年こそ当てたいものです。

吉方位に保管&妊婦・子どもと仲良くしています

haichiと申します。

39歳、既婚女性です。

宝くじ歴はおそらく15年くらい。

サマージャンボ、年末ジャンボは必ず買っています。

ほか、随時ロト、ナンバーズ、スクラッチなどを購入。

私が宝くじに当たるためにやっていることは、4つあります。

1、買った宝くじは吉方位に保管
ネットで調べた吉方位カレンダーというのがあり、購入したら抽選日まで、自宅の、その期間の吉方位にあたるところに保管しておきます!
これをやってみたのは実は3年ほど前。

そのときに、ミニロト2等(十数万円、これまでの最高当選額!!)が当たったのです。

それ以来妄信しております。

ちなみに2019年夏サマージャンボの結果は…3,600円当たりました。

2、妊婦さん・子どもと仲良くする
妊娠中に宝くじを買うと当たるって言いますよね。

私も欲を出して妊娠中に購入しましたが、自分の妊娠中は当たりませんでした。

が、購入したときにお友達の妊婦さんのお腹をなでたことがあり、そのときは3,000円が当たりまして。

少しご利益あったかな?!と思い、妊婦さんと仲良くしたいなと思っています(笑)
あとは、子どもの無欲で無垢な心の天啓を信じ、ナンバーズ購入時は子どもに券や数字選ばせたりもしています(子どもは無欲でも、当の本人はめちゃめちゃ強欲なのですが)。

3、できるだけ近所の宝くじ売場で購入する
宝くじって、その収益はその地域の公共事業に使われること、ご存じですか?
はずれても、私のお金を少しでも地域に役立てられたら、という思いで(損はしないぞ!という強い気持ちで)、できるだけ自分の住んでいる自治体で買うようにしています。

4、日ごろの行いを良くする
まあ結局は運頼み、神頼みなので、少しでも霊験を受けられるように、日ごろからよい行いをし、慎み深く生きること、が大事かなあと思っています。

例えば電車でお年寄りや体調の悪そうな方に席を譲るとか、そんな、当たり前でささやかなことですが。

笑う門には福来るという継続は力なり

宝くじ歴は23年目になります。

とはいっても月に一度1000円分だけ購入というスタイルで長らく買っています。

最大の当たりは3000円です(笑)しかしいづれ大きい当たりがくるかもしれないのでこれからも継続するつもりではあります。

私が宝くじを当てるためにしている事は10000円札を三つ折りに折り込んで1億円札を作り買った宝くじをそれに挟んで財布に入れている事です。

1億円札とは一万円札の左の10000と右の0000が繋がるように折り込んだお札の事です。

勝俣州和さんがそれをやってテレビのレギュラーが決まりCMが決まったみたいなことを言っていたので宝くじの験担ぎではないのかもしれませんが…普通にその10000円札を使わずに済むこともあり、なんかいいような気がしています。

まぁまだ当たっていないのですが…。

あとはナンバーズからロトまで幅広く買っています。

何か大きい当たりが来た時に、その当たりが来た種類が相性のいい種類の宝くじであろうから今はまだそれを探っている段階です。

探っている歴が長いことは気にしません。

あとはナンバーズや、ロト、ビンゴ5を買うときはクイックピックにお任せしています。

完全に運任せにしたいのです。

私の周りの友人は結構一枚だけで当たったり小さな汚い当たりそうもない売り場でたまたまふらりと買ったら当たったりしているので購入場所や購入金額にあまりこだわりはありませんが、極力笑顔の素敵なおばさまが売り子さんだとなんとなくいいなと思って買っています。

あとは売り子さんにとってめちゃめちゃいいお客さんであるような努力はしています。

「こんにちは」「お願いします」「ありがとうございます」ただ無言で購入するよりも、この3つを言いながら買った方が笑顔もでるし気分良く買えて、まさしく笑う門には福来る状態になる気がしませんか?大きい当たりはまだ3000円ですがちょいちょい小さい当たりは引けています。

あとは継続は力なりを信じて変わらずこの買い方を続けて行こうと思います。

めげずに一等当選目指して

ロト7の最高一等当選金が10億円になりました。

キャリーオーバーが貯まると最高10億円になるそうです。

私は宝くじのロト7を買い始めてから約3年経ちました。

当たり前ですが一等は当たった事がありません。

私の予想は買っていれば必ず当たると何の根拠もなく思っていました。

でも、甘くみていました。

今まで最高で4等までで高額の金額はかすりもしませんでした。

まだまだ購入はしていこうと思っていますが、段々、当たる気がしません。

夢は買えますが夢は夢のまま終わりそうです。

でも、高額当選が来るまでは後にはひけないので懲りずに買おうと思います。

当たるのに心がけや願掛けですが例えば、蛇を見た日は縁起がいいとか、大安の日だったりあります。

後、番号選びに対しては自分で選んだ番号だけを買うだとか、クイックだけで選んだり、色々組み合わせて買ったりしています。

キャリーオーバーがあった日に買うとか様々な買い方を試してきましたが一番わかったのが、運だと思いました。

これから先も買おうとも思いますが買わないと当たりませんし、買っても当たりませんが今は計画的に買って行きたいと思っています。

ロト7を買い始めて4年目になりましたが当てようと思う野望はまだ全然あります。

私自身の楽しみになっています。

もし、一等が当たったりしたらと考えると楽しみでたまりません。

私の今後の楽しみではあります。

そのために仕事をして稼いでいますが、夢はロト7の一等当選です。

あたればといつも買ったときに思っています。

夢は夢のまま終わらせてたまるかと気合が入ってきました。

絶対に当ててやる当選時間の夜の八時ごろを楽しみに宝くじを買い続けていきます。

ところで私が宝くじにはまった理由ですが年末ジャンボくじで5万円が当たってから買おうというのがきっかけです。

その時まではギャンブルなんてしないぞと思っていましたが今やどっぷりとはまっています。

高額当選を当てたいのには私なりの理由があります。

私の場合は親の老後に楽をさせたいと思ったからです。

私なりの統計的な計算による宝くじの買い方

ペンネームはもんきちと言います。

私は宝くじを年に数回程度購入しますが、毎月決まって購入することはありません。

購入するタイミングは少しお金に余裕があるときや、家族が期待している時だけ買ったりすることが多いと思います。

家族のために買うときは、もっぱらジャンボ宝くじと決めていますが、その時には特に特別なことをしているわけではないです。

ジャンボ宝くじを買った時には、当選日まで開封せずにおいておくといいと聞いたことがあるので、購入する機会があるときにはいつも財布やキーなど大事なものをしまっている棚に置いておくのがお決まりになっています。

自分で楽しむために宝くじを購入する場合は、ナンバーズ3を購入するのが殆どです。

自分で数字を選べるので、購入場所に依存しない買い方ができるのが魅力だと思っています。

買う時に気を付けているのは、過去10回分の当選番号の並びで、番号被りがある回が直前に来ている事が買う条件です。

1000通りしか組み合わせがないので、そのうち同じ番号がある組み合わせは270通りあり、すべてゾロ目が10個あります。

全てゾロ目の場合はあきらめるとして、同じ番号が含まれる組み合わせが2回連続で来る場合の確率を計算すると7.29%になるので、高い確率ですべての数字がバラバラであることが見込めることがわかるでしょう。

そしてボックスで購入することで、バラバラの数字の組み合わせでは1つの数字で6通りの並びが当選扱いになるので、通常一口0.1%の当選確率を1.2%まで上げられる計算です。

さらに購入口数を10口にすると10個の数字のうち5つの数字を選択出来る組み合わせ分を購入でき、2000円分の購入で当選確率は12%となります。

ここからは数字とにらみ合いになり、過去10回において5回以上出ている数字を除外すると1~2個ほど選択する数字を絞ることが可能です。

6回以上出る確率は1桁%台になるので、低い確率の数字は切り捨てることができます。

残りは運任せになりますが、ここまでやることによって通常より高い確率で当選を狙えると考えています。

幸運を呼ぶ売り場で宝くじを買っている

北海道在住でフリーランスをやっている26歳男です。

以前はとある総合商社に勤めていました。

現在、輸出入物販、輸入コンサル、クラウドソーシングが主な収入源です。

サラリーマン時代よりは稼げるようになりましたが、それでも老後が心配です。

現在の収入が今後2倍~3倍になっても、これだけで足りるかどうか分かりません。

今のところは恐らく厳しいと思います。

私の親戚に会社を経営している人がいます。

その人の友人が宝くじで3億円を当てたようで、今は億り人とのことでした。

宝くじは所得にはならない上に3億円も当選したら老後の心配は不要です。

私自身、生活費だけで月10万円程掛かり、1年で120万円掛かっています。

60歳になるまで残り34年とすると、60歳まで掛かる生活費は4080万円になります。

仮に今3億円を当選させた場合、4080万円を生活費に充てても2億5920万円手元に残ります。

家賃や車を購入しても2億円を下回ることはないでしょう。

何より、平凡に生きていく分には十分過ぎる金額です。

この話を聞いてから私は宝くじとロト6を買うようになりました。

当選する前の話を親戚から聞きましたが、当選した人はいつもお金が無く、通帳残高も数千円が当たり前だったとのことでした。

ですが、面倒見の良い人でボランティアに参加したり地域貢献にする人とのことでした。

「当選する秘訣はこれか」と考え、私も積極的にボランティアや無償で語学塾を開くようになりました。

毎月買い続けていますが、ボランティアや無償で語学塾を開いてもなかなか当たりません。

「何でだろう」と思いながら、親戚に当選した人の話を聞いてみると市内で高額当選者を出している売り場で買ったとのことでした。

早速、高額当選者を輩出している売り場を調べると、過去に2~3人の億り人を輩出している売り場がありました。

そこで購入するようになってから以前よりは当選するようになりました。

あくまでも私の考えですが、高額当選者を輩出している売り場には良いエネルギーが蓄積されているのかもしれません。

いわゆる幸運を呼んでいる場所だと思います。

ジャンボ宝くじ最高当選金額50万

ペンネーム:トミーです。

宝くじ歴12年で、ジャンボ系宝くじを年4回30枚ずつ購入しています。

自分のやっている開運方法は、すべてを前向きに捉えて、「ありがとうございます」と、自分に起こるすべての出来事に対して感謝する事です。

開運方法の例をあげると、例えば、雨が降ったら、「涼しくしてくれてありがとう」月曜日がきたら、「今週も健康に楽しく働けるぞありがとう」など何でも前向きに捉えるようにします。

神社でお参りする際にも、それまでは、願い事をたくさん頭の中で願っていたのですが、意識を変えてからは、「健康に過ごすことが出来ましたありがとう」「家族みんなが仲良しです、ありがとう」など自然と感謝する事も増えました。

こうした前向き思考になるまでには、数年の努力が必要でした。

宝くじに対する姿勢も改善の一途をたどりました。

例えば、3,000円など300円以上当たった際、「高額当選ありがとう」と感謝する様になりました。

そうした前向きな姿勢を続けて、10年目に、なんと年末ジャンボ宝くじで50万円という大金を当てる事が出来たんです。

継続は力なりという言葉を実践し、当たりやすい売り場をインターネットで検索して、わざわざ遠くの宝くじ売り場で買ったり、なんかツイてるなと思った時に宝くじを買ったり、自分の運気が上がってきたなと感じた時に宝くじを買うのも非常に効果があったように感じました。

宝くじ以外にも、懸賞にも応募する様にして、いろいろな所で運試しを行う事で、運気をあげて、当たる癖をつけて、たくさん当たるようになりました。

こうした努力を日ごろから行う事で、運気が上がっていくのだと思います。

後は、トイレ掃除も非常に大事だと思います。

公共のトイレが汚れていたら、ゴミをゴミ箱に捨てたり、汚れをとったり、綺麗にする事で、お金の流れもだんだん良くなっているように感じます。

水回りとお金回りは、なんとなく似ているなと感じました。

最後にまとめると「ありがとう」と感謝する事。

「トイレ掃除」で水回りを綺麗にすること。

ちょっとした当選にも「ありがとう」の気持ちを大事にする事で、50万円という大金を当てる事が出来ました。

これから、もっと高額当選したいと思います。

宝くじと身の回りの必要経費

30代後半の主婦です。

結婚して10年になり、子宝を2人も持つことができました。

子どもが居なかった頃は旦那と面白がって良く買っていましたが、子どもが生まれてからは、2年に1度の割合で購入するという感じになっています。

購入枚数も少なく、1枚~10枚の間にしています。

ちょっとした遊び感覚で、子ども達の前ではあまり披露しません。

周囲では、100枚単位で購入する人、家族の話も聞きます。

そういう方々は、県庁所在地のある市内で、やはり良く出ると噂の売り場に毎回買いに行っているそうです。

確率をあげるということが、当選への近道だとおっしゃっていたのが印象に残っています。

ただ、他人は他人。

自分は自分。

家計のこともありますし、うちは学生のような夫婦で、楽しみという感覚でやっております。

私たちの願掛けとしては、必ずお彼岸にはご先祖さまのお墓参りに行くこと(お墓の掃除も買って出る)や、近所にある小さなお地蔵さまや、神社仏閣に、散歩や通勤通学時に寄ってお参りをする、1日1回は他人に親切にする、など、日常的なことに気をつけています。

運が良くなるのも実力のうち、と両親から小さい頃から教わっていた名残かもしれません。

でも、上記の行いを日々の中で行っていると、自然と子ども達への教育にもなり、周りとのコミュニケーションも良好なことから、幸せに過ごせていると感じます。

もし、この日常の中で宝くじに当選したら、、、と旦那と夢を膨らませておりますが、その会話もこの10年で少し変わってきていて面白いです。

ここ最近の願望としては、マイホームを建てることが1番の夢ですが、旦那の実家が土葬で、一山の半分はお墓になっているので、子ども達へ引き継ぐ前にいくつかまとめて、お参りしやすいようにしたいこと、ご先祖さまが怒らないように、しっかりとお布施をして良きご供養をしたいと思っています。

ご先祖さまあっての私達。

いつもこの心を忘れずに、必要なときに必要な経費が届きますよう笑、願うばかりです。

金運が上がる黄色と金色に触れさせている

昔から親が定期的に宝くじを買っている影響で、自分も時々買うようになりました。

私が住んでいるところは「3億出ました!」などという高額当選売り場はそうそうないので、できるかぎりのゲン担ぎだけして当選を待つのが常です。

まず購入場所は、東からの太陽光が当たるお店を選ぶこと。

東京など「東にある町は栄えている」という話を聞いてから、その恩恵に預かろうと思い、東~南向きのお店で買うようにしています。

そして宝くじを買うタイミングは、縁起が良いとされている日を選ぶこと。

主には大安、寅の日、巳の日、一粒万倍日、天赦日の5つです。

大安はカレンダーに書かれていることも多い、万事において吉とされる日ですね。

寅の日は「虎は千里行って千里戻る」ということから「お金を使っても戻ってきてくれる」という意味と、虎の縞模様は金運を表すことから、巳の日は財運を司る弁天様とのご縁がある日ということから、宝くじを買うのに適していると言われています。

一粒万倍日は、一粒のもみが万倍にも実る稲穂を意味し、宝くじやお店の開店など、お金を出すのに良い日なのだそうです。

中でも宝くじをもっとも買いたくなるのは天赦日(てんしゅくび)!
年に数日しかない貴重な吉日であり、大安と同じく万事に吉とはたらく日なのですが、その効果はくらべものにならないとか。

天赦日と他の吉日が重なったらさらにパワーアップしますから、もう買うしかありません。

ただし縁起の良さを打ち消して凶の日にしてしまう「不成就日」が重なる場合もありますので、購入日はよく調べて買っています。

宝くじを買ったら、とにかく丁重に扱うこと。

神棚など、なるべく頭より上に保管します。

さらに黄色や金色など金運アップの色ですから、袋やハンカチがあれば、宝くじをそれに包んでおくと良いそうで、実践しています。

我が家には神棚がないので、宝くじ売り場でもらった黄色い袋に入れて、結果発表の日まで部屋で一番高い棚の上に寝かせていますね。

これらを行った結果としては、正直負け越しです。

でもときには1万円が当たることもあるので、悪くはないかと思います。

運気アップのためにいろいろチャレンジしてみた

ペンネームは、アッシュです。

宝くじ歴はかなり長いと思います。

年に2~3回ぐらいは買っていると、思います。

宝くじが当たるようにと願掛けはいろんなものを試しました。

当たると言う売り場にも買いに行ったこともあるし、買い方もいろいろ変えてみたりしています。

最近聞いてやっていることは、トイレ掃除です。

関係なさそうだなと思うと思いますが、聞いた話によると、トイレ掃除をしっかりきれいにするようになってから運気がかなりアップしたとのこと。

これだっと思いました。

自分にも出来るし、頑張れは続けて行けることです。

いろんなことにチャレンジしてみました。

どれも運気アップに繋がったのかが、不明です。

しかし、トイレ掃除で運気アップしたのは、何人かいてくじ運もよくなったとのこと。

やらなくてはと思い立ってから、必死でトイレ掃除に勤しんでいます。

まだ、運気アップに繋がったのかはやりはじめたばかりなので、効果は分かりませんが、トイレはきれいになるし、気分的にはスッキリするのでいいかなと思い、続けています。

これで宝くじも当たるならなおさらラッキーかなと思います。

あと運気アップのためにしていることは、宝くじなどを買ったときに、きれいな布にくるんで、静かな場所に保管しておくこと。

それと、運が良くなると言う、ブレスレットと一緒に保管することで、当たりやすくなるとのことです。

よく当たっていると言う人の真似をして、少しでも当たりやすくならないかなと、出来ることはいろいろ試しています。

あまりにお金がかかったり、遠くにお参りにいかなければ行けないようなことは、真似出来ませんが、なるべく出来ることはやろうと思います。

もともと、あまり運気がいい方ではないので、少しでも運気アップのためになることはしないと余計に当たらないような気がしています。

運のいい人に見習って少しでも当たる確率をあげたいのです。

運気アップ出来ると聞くと何でもとりあえず試しています。

宝くじ購入するのはいつも同じ場所

ペンネーム、らんぼと申します。

宝くじ歴は5年ほどになります。

まず宝くじを当てるためにやっていることは金運がアップするといわれる財布を使うことです。

財布が汚いとお金が入ってこないと昔から言われていたので定期的に財布は買い換えています。

また、黄色の財布が金運アップと聞いたのでいつも黄色の財布を使っています。

ただ、これに関しては特に効果はありそうにありません。

汚い財布に宝くじはいれておきたくないので、購入した後は、家の棚においておきます。

当選結果の日に棚からおろして拝んでからあけています。

また、購入する場所は基本かえません。

いつも同じです。

自分の最寄りの駅にある宝くじ売り場と銀座の宝くじ売り場を利用しています。

自分の最寄りの駅がとくにかなり高額当選があったかどうかはわかりませんが、ぼちぼち何百万程度は出ています。

高額当選が出てないことはよくないことではなく、これから出る可能性が高いと思っています。

また、銀座の売り場は有名で多くの方が使っていると思います。

かなりの高額当選が出ているということで、年末や夏はここでも購入するようにしています。

宝くじの数字の選び方は、基本は家族の誕生日を組み合わせたりしています。

なので、毎回あまり考えたりしません。

だいたい毎回同じような感じです。

クイックピックは使用しないようにしています。

一時期は利用していましたが、まったく当たりませんでしたのでやめました。

ちなみに、毎回同じような数字で購入するので、たまに当たることもあります。

ただ、最高金額は10万円ほどです。

毎回同じ数字で買うのが方法の中では一番効果があったかなとおもいます。

また、金運アップのために、年に一回神社にいきます。

場所は、一番の金運アップと言われている新屋山神社です。

関東圏に住んでいますが、山梨県までわざわざ行きます。

これが開運アップに繋がるのかはわかりませんが辞めると逆に金運が下がりそうで何年もやめられません。

私の当たる宝くじ購入法

初めまして、ロト好き兄やんです。

私はパチンコも酒もタバコも手をつけなかったのですが、ロトだけは毎週楽しみで毎回チャレンジしています。

ロトといってもロト7にロト6にミニロトがありますが、私はロト7を専門としています。

一度だけ高額当選をいたしまして、今も当たった時の方法で当選を狙っているところです。

その方法は、同じ数字を毎回2組とクイックピックで1組買う方法です。

この時に高額当選をしまして、それ以降当たりが出るたびに数字はリセットして購入をしています。

少額でも当たったら数字をリセットしています。

毎回当選をするわけではありませんが、一度当たったことがあるこの方法でまた高額当選を当ててやるという気持ちです。

そして絶対していることは3組以上は買わないことにしています。

開運方法として金運アップを願うために神社に行くことをしています。

幸いにして近くに「金持神社」という大変金運アップに効果がありそうな神社へ参拝をしています。

そこで英気を養うではありませんが、お金の気を貰いそのままロトを購入しに行くと、よく当たります。

私の中ではそのようなジンクスができているのでしょう。

金持神社に行くたびに絵馬を見るのですが、
「当選しました」
という新しい日付の絵馬を見て、嫉妬することはせず素直に「おめでとう」と心に思うようにしています。

一種の感謝みたいなものですけど。

さて、私は年末ジャンボやサマージャンボを買うとしたら高額当選が出たところで購入することにしています。

たとえ遠くても、大阪駅前第四ビル特設会場や名駅前宝くじチャンスセンターに宝くじの購入を目的のためだけに行っています。

ちょっとした観光気分も味わえるので好きです。

その場所で買うと、すでに当選したようないい気分になれるからという理由もあるからです。

すでにお金持ちになっている自分を想像できるわけです。

もちろん地元で高額当選が出ているところでも買って、そこの主人とは顔見知りになっています。

色々と策を弄するのもありだが、自分のインスピレーションを大切にすることも大切。

当年の夏で50代半ばを迎えたkazuといいます。

宝くじ歴は、大体30年ちょっとくらいになるでしょうか?
大学を卒業したあたりからほぼずっと購入しています。

グリーンジャンボやサマージャンボ、オウタム(秋)ジャンボ年末ジャンボなど大きなものは、絶対に逃さずに買ってます。

また、LOTOやTOTOなどもやっていました。

概ね、一回に宝くじを買う金額は3,000円です。

宝くじを当てるために努力してることですが、こればかりは自分の努力では如何ともなし難い、言わば、運が
100%とという側面もあるのですが、やはり験を担いだりとか神頼みをしてみたりと色々とやってます。

内容はというと、何か滑稽で書くと笑わられそうなものから、頷けるものまで様々です。

先ず、一番に思い浮かぶのは、もう大分、前にですが「ピラミッドパワー」というのが流行ったのを覚えているでしょうか?ピラミッド型の箱やら模型の中にものをいれておくと腐らなかったり劣化しなかったりという何ともオカルトというかSFみたいな手法です。

で、自分も早速、模型の残骸や段ボール、割りばしなどを使って苦心して簡易な形ではありますが、ピラミッドの模型を作り、その中に購入した宝くじを入れておきました。

で、結果はどうであったかというと、これはまるっきり駄目でした。

末尾の一桁の数字が当たる例の三百円が辛くも当たっただけでした。

次に考えたのは、高額当選金額が出たところで買うという万人がよく使う手です。

これは、近所の宝くじ売り場から、横浜の地下街、最も有名な新橋の宝くじ売り場まで高額当選が出たあるいは出るという売り場には、必ず一回は、購入にいった記憶があります。

しかしながら、高額当選が出るということは、それだけ多くの人が購入しているということで、とりわけそこの売り場が験が良いというわけでもないというこに気が付きました。

で、これらの結果もすべて駄目でした。

しかし、あの「赤く目立つ文字で1億円当選者、当売り場からでました」の張り紙には今でも、足を止められますね。

パワースポット的なものも使ってみました。

私は、神奈川県に在住しているのですが、鎌倉市に「銭洗い弁天
」という金運を招く弁天様があります。

よくテレビなどで硬貨を洗っているのを見かける例の弁天様です。

正式な名所は、「銭洗弁財天宇賀福神社」なのですが、そこで、500円硬貨を3,000円分境内の洞窟にある清水で洗ってその硬貨で宝くじを購入しました。

結果は、やはり駄目でした。

この時は、末尾の300円にもかかることはなかったです。

弁天様のご利益も宝くじには届くことはなかったようです。

あとは、大概、前後賞狙いで連番で買うのですが、たまに気紛れでバラで購入してみるとかでしょうか。

連番は前後賞も重なればかなりの高額ですが、外れてしまうと他も壊滅状態です。

しかし、バラで購入した際には、最初の一枚が外れても残りの9枚には、望みが繋げるというのが理屈なのですが、これもあまり芳しい効果はなかったです。

結果はやはり末尾が一桁が当たった300円程度でした。

私の当選金額は、3,300円と高額というには遠く及ばない書くのもちょっと憚られるような金額なのですが、インスピレーションのようなもので、購入したのがこの3,300円に繋がったという経験があります。

もう大分前の宝くじで確かサマージャンボだったと思います。

その日は、宝くじを買うつもりではなく別の用事で近くの宝くじ売り場の前を歩いていました。

その時にいつもの習慣で宝くじ売り場の方に何気なく目をやりました。

すると、売り場の女性と目があって、その女性がニッコリと微笑んで会釈をしました。

なにかこの女性の微笑と感じの良さに予感めいたものを感じて、予定にはなかったのですが、宝くじを購入しました。

果たせるかな後日、当選番号に自分の購入した宝くじの番号を発見することができました。

偶然なのかもしれませんが、あの売場の女性は「幸運の女神」だったのかもしれません。

300円は、言うまでもなく、末尾一桁の当たりです。

色々と策を弄してきましたが、一瞬の感、閃きというのも大切なのかなと思った出来事です。

ただ、やはり、インスピレーションが当たったのはこの一回だけでして、その後は外れの連続です。

そんなわけで、やはりカレンダーを見て験の良い日に買ったりしています。

ただ、あの時の感覚は今もって忘れていないので、何か少しでもインスピレーションや閃きを感じたら迷わずそれに従うようにしています。

金運アップにつながるヒーリングを受けている

ペンネームはけんです。

宝くじ歴は20年くらいになります。

これまで10万円が最高の当選金額になります。

宝くじが当たるためにやっていることはやはり神頼みが多いです。

宝くじが当たるという専門の神社にいってお参りをして、その神社で売っている宝くじを入れる袋を購入して使ったりしています。

10万円が当たった時も、宝くじがあたる神社にお参りをしてから行きました。

そして最近よく行っているのが金運アップにつながるヒーリングを受けるというものです。

エネルギーを使って、自分の状態自体を変えてしまうというものなので、とても信頼して受けています。

まだこのヒーリングを受けてからは、1万円しか当たったことがありませんが、効果はありそうです。

宝くじ以外にも給料がアップしたりしているので、金運は確実にアップしているのだと思います。

ヒーリングは1万2000円でうけることができるものですが、うけたあとはとても気持ちのよいじょうたいになります。

これからも宝くじを買う前には必ず行こうかなと思っています。

他には購入する場所も選んでいます。

高額当選している人が沢山でている銀座にある宝くじ売り場は良くいきます。

確率として当選している人が沢山いるならば、そこで購入した方がいいのかなと思っています。

それから一回だけ、神社でお祓いをしてもらったことがあります。

お祓いは、効果があったのかどうかはちょっと分かりません。

宝くじが当たる可能性の上がるものならなんでもやってきたという感じです。

財布も長財布で黄色のものを神社で購入しています。

金運がアップするということで気に入って使っています。

またロト6なども頻繁に買っています。

ロト6は、前回当たった数字をもう一度買うということをしています。

まだ当たったことは無いですが、過去にも二度続けて同じ数字が出たことはあるので、これからも購入し続けようかなと思っています。

ロト6の場合には統計が使えるので勉強しています。

宝くじ当選の為、古札を財布にいれてます

私は40代の男性で、宝くじ購入歴は20年程になります。

若い頃は宝くじなんて購入しても当たるわけがないと宝くじを購入してませんでした。

しかし丁ロトくじやナンバーズ等の宝くじが流行りだし、私の友人でもナンバーズや宝くじを購入する人が増えだしたんです。

友人達の中には10万円以上当たる人もおり、これは私もやった方がいいかな?と宝くじを購入するようになりました。

宝くじの平均購入額は1万円前後です。

そして残念ながら、宝くじの高額当選はなし。

購入金額の少なさも影響してるんでしょうが、当選する為にある方法を実行しています。

それは古札を財布に入れる金運アップ方法です。

これは今は亡き祖父母がしてた方法です。

祖父母は生きてたら100歳越えという年齢だけあり、信心深くこういったオカルト的な事を信じるタイプでした。

そんな祖父母から、昔のお金を財布に入れてると金運がアップするんだ!と言ってましたし、実際祖父母の財布の中には昔のお金が入ってました。

祖父の財布には百円札、祖母の財布には500円札が入ってました。

この方法ならすごく簡単ですし、私もやってみようかなって思ったんです。

ただせっかく購入しても二つ折財布だと紙幣を痛めてしまいますし、古札用に長財布を購入しました。

これなら財布を折りたたまなくてもいいですし、お札をキレイな状態で収納出来ますから。

私がその為に購入したのは100円札です。

100円札だと元々の貨幣価値が安い事もあり、お手頃価格で購入出来ました。

いくら金運アップの為とはいえ、高額紙幣を購入してしまっては本末転倒ですし。

そんな余分なお金あるなら宝くじ購入費用に回せって話です。

現在財布に百円札をいれ、その財布を普段から使っています。

ただ残念ながら効果はあまり出てないですね。

古札を財布に入れるようになってから10年以上経過してますが、今の所高額当選は一度もないですから。

とはいえ祖父母も信じていたオカルトですし、当たればラッキーだなってぐらいの気持ちで現在も続けています。

宝くじを買ったらマイ神棚に!

こんにちは、宝くじ歴5年の会社員、N子です。

私が毎年宝くじを買うのは、会社もしくは家から最寄りの宝くじ売り場です。

なぜなら、家や毎日のように通っている場所は私にとって「パワースポット」だから。

もちろんあたって欲しいという思いはありますが、正直なところ「当たらなくても、寄付している気分」で買うことが多いです。

そのほうが執着が消えて当たりやすくなるのかな、なんてことも思っていますが。

財布の懐事情にもよりますが、大体1回2~3万円を5年間買い続けています。

買う日は、「縁起の良い日」が多いです。

それは日本の暦上だったり、新月や満月に近かったり、その日のホロスコープをみて決めることもあります。

ゾロ目の日なんかも好きですね。

エンジェルナンバーといって、同じ数字の羅列には素敵な意味が隠されているということもよく聞くので、そういうのも頭の片隅にあって影響されているのかもしれません。

神社に行くのは好きですが、ご祈祷しません。

友人には自分の家を担当する神社などに行ってお参りをしている方もいますが、出不精ゆえにちょっと面倒なのです。

そんな方にもおすすめな方法としては、くじを家の神棚におくことです。

神社で買ったお札を置いておく場所のようなところですね。

最近の家には神棚がないところも多いと思いますが、自分の好きな置物を置いて「マイ神棚」や「マイ祭壇」を作るのもいいですね。

家族がいる方はそれをクローゼットの中に作ってもOKだそうですよ。

そこで祈りをこめることによって、パワースポットになるのだそう。

お札は宝くじの抽選が終わるまでそちらに置いて、余裕があればお香や塩、セージなどで浄化してあげたりもします。

なぜこうしたことをやるようになったかというと、私の尊敬する経営者が、会社に神社や神棚を祀っていると見聞きしたからです。

超有名な日本のトップ企業も、社内に神社があると有名ですね。

宝くじは寄付のつもりで神棚に祀り、期限が過ぎたら捨てる。

この1連の流れを繰り返して、いつかうん億円当たるといいなと思っています。

自分にとって思い出のある引き出しに宝くじを保管しています

福男と申します。

今年の誕生日で45歳になりました。

宝くじ購入歴は10年くらいで、毎年サマージャンボと年末ジャンボにそれぞれ30枚ずつ購入しています。

購入後しばらくは、連番とバラでしたが、7年前くらいからは毎回バラで購入しています。

私が大学生の時に、クラブ活動で交流のあった他大学の友達の兄が1000万円当選した、と聞きました。

さらに当時母親が勤務していた薬局の店長が100万円当選した、ということも聞きました。

それから母親が毎年年末ジャンボに10枚だけ購入していました。

もちろん100万円どころか、1万円も当たったことはありませんでした。

私も、母親が購入して当たらないのを見て最初はやっぱり、と思っていましたが、どこかで、もしかしたら当たったらなあ、と思うようになり、10年前から購入するようになりました。

最初の5年間はゲン担ぎなどはしてなかったのですが、インターネットで記事を読んでいるうちにいろいろ試してみようと思うようになり、5年前からゲン担ぎするようになりました。

宝くじ売り場は、初めて購入した売り場で毎回買っています。

自宅から自転車で10分くらいの売り場です。

宝くじを購入する時は、黄色の開運財布に新札を入れていきます。

以前母親の誕生日プレゼントにダイヤネックレスを購入したときに、おまけにもらった財布でした。

そして、宝くじを購入した後は、以前は仏壇に供えておいたのですが、実は仏壇に置くのはよくない、という記事を読んで保管場所を換えました。

自分の部屋の机の下にある引き出しの3段目に、昔囲碁の大会で優勝して、もらった賞金1万円が入った封筒、仕事が評価されて頂いた報奨金5000円が入った封筒が入っています。

そこに宝くじを保管しました。

自分ががんばってきた印が詰まった引き出しが縁起がいいと思ったからです。

そして、その引き出しの上に招き猫の貯金箱をおきました。

しかし、今まで当選した最高額は3000円です。

たまに1億円当たる夢を見ることがありますが、現実は厳しいな、と思いながらも、毎年購入するようにしています。

幸せの母子手帳ケース

私は34歳専業主婦。

5歳と1歳の子持ち。

初めて宝クジを購入したのは22歳の時。

もともと家族が宝クジファンで、サマージャンボと年末ジャンボは父と母が必ず買ってきていたので、当選番号を新聞でチェックするのが私の仕事だった。

とは言っても当選金は3000円止まりで高額当選の経験はなかった。

社会人になった22歳のとき、初めて自分で宝クジを購入した。

誕生日が8月なので、自分への誕生日プレゼントと称してサマージャンボをもうかれこれ10年以上購入し続けている。

買うのは決まって京都駅にある有名な売り場。

発売開始になったらすぐに大安吉日の午前中を狙って買いに走る。

毎回バラで20枚ほど購入する。

余計なことをすると運が逃げそうなので、買った後は寄り道せずにまっすぐ家に帰るようにしている。

そんな誕生日恒例のサマージャンボだが、実はこれまでに2度ほど10万円を引き当てている。

1度目は長女を妊娠中に。

2度目は次女を妊娠中に。

2回とも買った宝クジは母子手帳ケースに入れて肌身離さず持ち歩くようにしていた。

妊婦が当たりやすいとは聞いていたけれど、噂は本当だったようだ。

母子手帳ケースに保管していたのが良かったのかもしれないと次女のときに気がついて、今年のサマージャンボも母子手帳ケースに入れて持ち歩いてみた。

すると3000円が当たっていた。

小額ではあるが、何もしないよりは多少なりとも当たりやすくなるようだ。

私が愛用している母子手帳ケースはフランフランというブランドの大きめのサイズのもので、母子手帳2冊と宝クジを入れてもまだまだ余裕がある収納力たっぷりの優れものだ。

お花の模様が可愛くて長女妊娠中に一目惚れして買ってしまった。

もしかしたら妊婦のご利益もあったのかもしれないが、母子手帳ケースが幸せを運んできてくれたような気がしてならない。

来年こそは高額当選を夢見てサマージャンボを買おうと思う。

もちろん買ったクジは母子手帳ケースに入れて持ち歩くつもりだ。

宝くじは売り場や枚数では無く運が大事

初めまして私は都内在住の男性です、私の宝くじ歴は約6年になります、ちなみに私が欠かさず買っている宝くじはナンバーズ4です、何故なら6年間の間に8回100万円以上の当選をしているからです、私がこのナンバーズ4にかける金額は1年間で1万2000円です。

私の買い方は6年前と変わらずに決まっています、毎月の大安日に一口しか買わないという購入方法です、大安は月に5回ありますので私の場合ナンバーズ4は200円なので月1000円という事になります、なので年間にすると1万2000円になるのです。

そして選ぶ4桁の数字は至ってシンプルな方法です、自分の西暦を6年間ずっと変わらずに選んで購入し続けているだけです、この選び方も全く理由はありません、ただ単に数字を選ぶのが面倒だし選んだところで当たるというものでは無いからです。

購入する枚数も同じように何故一枚だけなの?と聞かれれば、100枚購入しようが外れる人は外れるし、1枚購入しようが当たる人は当たるからと答えます、しかし私はこの買い方でたまたまかも知れませんが当たっていますのでこの買い方をこれからも続けて行こうと思っています。

私は昔から冷めた人間なので宝くじやギャンブルに対して熱くなれずにいました、もちろん現在も変わっていません‥世間の方々の中にはこの数字の並びが出やすいとか、あそこの宝くじ売り場が出やすいとか、色々な研究をなさっている方もいますよね‥。

しかし私からすると‥おそらく宝くじというものは運以外は何も無いと思っています‥何故なら過去の当選番号の並びやらを研究して当選出来たら皆さん苦労はしませんし、よく当選くじが多く出る宝くじ売り場の行列に並んだだけで当選するなら皆さん苦労はしません‥。

このように私は冷めた人間なので宝くじを当てたいと思って買ってはいません、ただ単に当たればラッキーという思いで買っています、こんな感じで私はある意味宝くじの買い方にこだわりを持って毎月ナンバーズ4を購入しています、以上で私の宝くじの買い方のこだわりについてのお話しをさせて頂きました、最後までお付き合い下さいましてありがとうございました、では。

宝くじを当てる為に風水を実践している

30代女性で、宝くじを購入して5年近くになります。

ただ、楽してお金持ちになりたいということから、大きいものから小さいものまで、宝くじをよく購入しています。

宝くじを購入しても、正直なところ、なかなか当たりません。

末等などは、当たるのですが、希望している大きな金額は未だ手に出来ず…。

そこで、在り来たりですけど、感謝の気持ちを忘れないということから、宝くじ売り場では、しっかりとお礼を言うことをしています。

それまで、なかなか当たりませんでしたけど、それを心がけてからは、10万円程の当選金をゲット出来ました。

それまでも、「どうも~」くらいは言っていたのですが、心の底からお礼を言うようにしています。

マニュアルにあるんだと思いますけど、宝くじ売り場の方が渡すときに「大きく当たりますように」と言って宝くじを渡してくれるって、普通に考えてすごいことだなと思います。

宝くじは、運だなというのは分かっていますけど、それでも当たることを願っている方の手から自分のところに届くというのは、すごいことなんだなと思うんです。

あとは、風水で、部屋に黄色のものを置くと金運がアップするというので、黄色のインテリアを置くようにしています。

あまり、黄色ばかりですと、落ち着かないので、ある程度になってしまうのですが、それまで黄色のインテリアって興味もなかったのですが、一度置いてしまうと、部屋が華やかになって過ごしやすい。

元気になれる、明るくいられる感じがするんです。

金運も、元気で明るい人にとりつくと聞いたことがありますので、そういうところがいいのかなと思います。

周囲の人に言うと、本気でそう思っているの?と聞かれますけど、信じないとやらないですから。

基本的なことや、風水をやっていると、なんだか自分も気持ち良くなってくるんです。

今までよりも、外れたときに、嫌な気持ちにならなくなったような気もします。

そういうことだけでも、私にとってはプラスなのかなと思っています。

宝くじは番号じゃなく見た目で買う!

はじめまして、宝くじ歴12年、りきぽんです。

宝くじはロト6を週1で購入、ジャンボは年末に絞って購入しており、毎年10枚程度です。

一般的に最も皆さんがやっているのは、高額当選売り場で宝くじを買うことだと思いますが、私は全く異なる方法を取ります。

「ロト6は数字ではなく見た目で買う」
「年末ジャンボは買う数だけ店を回る」
この2点です。

まず、ロト6を見た目で買う。

普通は「6番にして、19番にして…あ、今日のラッキーナンバーは2だから…」みたいな感じで決めてると思いますが、私は塗った後の見た目で買ってます。

今週はダイヤモンド型の六角形を作ろうとか、一直線に縦線で行こうとか、階段を作ろうといった感じです。

たまに滅茶苦茶な図形を考えてみることもあり、すごい時は天から降りてきたように図形が思い浮かんだこともあります。

これは年1・2回ペースでしか経験のことですが、その時は殆ど当たっているので不思議なものです。

図形買いは割と宝くじを始めた頃からやってるので、かれこれ11か12年はこの方法で買ってると思います。

また、一見バカげた買い方に見えるかもしれませんが、これをやっているおかげなのか周囲の知人に比べると倍近く当たっています(少額ばかりではありますが)。

こんな買い方をするやつなんて私くらいだろうと思ってたんですが、意外にロト6を図形で検証してる人がいたり、毎回ダイヤモンドを位置だけズラして書いてるなんて人もいたりして、今では存外アリな買い方かもと思ってます。

次に、年末ジャンボは買う数だけ店を回る。

これは10枚くらいしか買わないからできる芸当ですが、とりあえず1つの店で購入するのは1枚だけ。

それを買いたい枚数分だけ繰り返します。

もちろん全て違う店です。

こっちは正直かなり手間なのと、よく考えたらそもそも店を回るために結構な金がかかっているという事実、そして極めつけが効果を感じていない…。

ということで、改めて考えると辞めるべき買い方かなと思っています。

「塩まじない」までしている、私の宝くじへの想いはかなう日がくるのか

10年ほど前から、金運に関する夢を見たときだけ宝くじを購入するようにしました。

たとえば、蛇の夢を見る、黄色い建物や洋服が出現する夢などです。

この夢をみたら、近日中に売り出される宝くじは必ず手に入れることにしています。

太陽が朝のぼる方向であるとされる、自宅から南東方向にある宝くじ売り場で、毎回購入するようにしています。

が、その売り場は、いつも閑散としています。

「前回ジャンボ宝くじでは1等当選しました」などと、毎回のぼりが立っていますので、すこし期待をしてしまいますが、欲を出すとかえって運が逃げると考えているので、あまり気にしないこととします。

1回に買うのはバラで10枚だけです。

買ってきたら、1枚1枚ハンカチで軽くふいてあげ、座敷机に目の前にキレイにならべて、自身はきちんと正座し、しばらく心のなかで祈ります。

「絶対、高額当選してくださいね」とつぶやき、黄色い封筒、あるいは黄色の絵柄のついたキレイなペーパーに包んで、仏壇に供えます。

ろうそくに火を灯し、線香を立てて仏壇に向かって、また祈ります。

おりんを鳴らすのも忘れません。

そして、当選番号発表日が近づいてきたら、「塩まじない」をします。

白い紙に「宝くじがなかなか当たらない」とあえてネガティブな内容を筆ペンで記し、食塩を少量包み込み、陶器の白い皿の上に置き、燃やします。

灰を散らさないようにして、すべて集めて、トイレの便器の中に入れ、願いを込めた後、そっと流します。

この一連の行動を宝くじを買うたびに、いつも行っていますが、高額当選は今のところ経験をしたことがありません。

現在時点で差し引き損をしている状況です。

そういった願掛け行為をしたことがない実父は友人にもらった、宝くじ1枚で10万円当選したそうです。

なんでも、よく当たると有名な宝くじ売り場で買ったものらしいです。

実父は、縁起などかつがない性格なので、もらった宝くじのことなど、まったく忘れていたようですが、気まぐれに番号を照らし合わせたところ、当たっていたとのことです。

無欲な人間にしか、神様は当選させてくれないのかもしれないのかと、近頃は感じています。

宝クジに当たるために他のことに運を使わないようにしている

ヒロトミと申します。

私の宝クジ歴は成人してから本格的に買い始めたと思うので、20年ぐらいになるでしょうか。

年に買う枚数は平均すると、10枚ぐらいだと思います。

宝クジを買っている人の中では、かなり少ない枚数になるかと思います。

周りで宝クジを買う人があまりいないので、長いのか少ないのかという比較対象が分からない状況です。

そして、宝クジに当たるために私がやっていることですが、それは他のことで自分の運を使わないことです。

明石家さんまさんだと思いますが、「運というのは全ての人に平等にあるものだから、自分の運を使う行動は避けている」と聞いたことがあるのです。

よく考えて見たら、明石家さんまさんは5億円の借金があったようですね。

それから、他の著名人では矢沢永吉さんが最近まで借金の返済をしていたことが有名です。

あと、さだまさしさんも最近まで昔の映画製作で作った借金を返済していました。

借金をしている著名人たちを見ていると、「運というのは全ての人に平等」という話はかなり説得力があります。

そんなことを知ったので、私は宝クジを購入するときは、他のことで自分の運を使わないようにしています。

分かりやすく話すと、宝クジを買ったら競馬やパチンコをやらないことです。

こんなことを言うと多くの人は、それで宝クジに当選したのか?と聞きたくなるかもしれません。

それについては、少額の金額が当選したことはあります。

あと直接関係はないですが、自分で買った宝クジに当選しなくても、死んだおじいちゃんの宝クジが、10万円か20万円当選していたことがありました。

そして今の所は、この先の人生で高額な金額が当選するのかなという期待というか、ぼんやりした考えはあります。

これまでの人生で何億もの借金をしないで来たので、考え方によっては運の良い人生なのかなという気もします。

そのほかでは、今はインターネットがあって便利な時代ですから、宝クジが当たりやすい売り場というのが、検索すればすぐに出て来ます。

近くにそのような売り場があれば、とりあえず買ってみることにしています。

買った宝くじは黄色い物の下に敷いて保管する

kucoleです。

宝くじ歴は5年くらいになるかと思います。

あまり多くは買いませんが年にだいたい数千円くらい買います。

私がしている開運方法は買った宝くじを黄色い物の下に敷いて保管しておくという方法です。

以前九州の宝当神社だったかと思いますが、そこでお参りをし、帰りがけに宝くじを買った際にお店の人に黄色い物の下に敷いて保管しておくと良いと聞いたのでずっと実行しています。

私の場合は黄色いクマのぬいぐるみの下に入れています。

効果はあるのか、ないのか微妙なところです。

一度に買う枚数が少ないので900円(三枚)買って300円が当たることは多々ありますが、時々それ以上当たることもありました。

あとは今までに高額当選が出たという店舗を探して買うということもありますが、私の住んでいる辺りではあまり一等は出ていないようです。

出ていたとしても数年前でここ最近は当たっていないようです。

でも西の方角は金運に良いと聞いたことがあるのでできるだけ西の方にある店舗を探して買うようにしています。

あとは一等は当たっている所が少ないので一等ではなく、二等や三等を当てる気持ちで買っています。

やっぱり大安吉日は宝くじを買っている人が多いようで、長蛇の列を成している店舗をたまに見かけます。

買う人が多い店舗はそれだけ当たりも多く置いているというのを聞いたことがあるので、私もできるだけ長い列に並んで買うようにしています。

宝くじを買うときはお店の人に聞いて選べれるようであれば選ばしてもらって買うようにしています。

私は自分の好きな数字が偶数で、でもラッキーナンバーは5なので、できるだけ5という数字が入っているものを探して、もしもなければ偶数を選ぶようにしています。

しかしお店の人によっては選ばせ方が様々で、適当にバラバラっと十枚入りの一番上を見せてもらって選ばせてくれる方と、上から何番目の宝くじにしますかと聞いてくる方がいます。

それでもできるだけラッキーナンバーを選ぶようにしています。

宝くじを当てるために意識している5つのこと

宝くじに当たるのはかなり厳しい確率の話です。

高額当選をするために私がしていることを今回は5つ挙げていきます。

①買い続ける
何を当たり前のことを言ってるのか?と思うかもしれませんが大まじめです。

買わないと当たらないとよく言われますが買ったとしても1回で当てるのは天文学的な確率になります。

それを考えると確率を上げるために出来ることは多く買う事です。

ただ、1度に多く買おうとするとその月の生活費等の問題も出てくるので決まったペースで無理なく継続して買う事が簡単に確率をあげられる一番の方法だと思います。

②いいことがあった時に買う
運の流れがあるかは分かりませんがどの人でもついてる日、ついてない日があります。

私の場合はついている日とかなり低い確率で起こるはずのついてないエピソードがあった日に買うようにしています。

ついてる日はそのまま良い運気を利用してくじ運をあげる意味合いです。

ついてないエピソードがあった時に買う理由は考え方の転換です。

例えば交通事故に合う確率はかなり低いですよね?その低い確率を引き当てる日は低い確率であるくじの当たりを引く可能性も秘めていると自分は考えています。

③運気が上がる状況の人にあやかる
一番簡単なのは妊娠中です。

都市伝説のごとく言われますが妊娠中は運気が上がるとされています。

実際、奥さんが妊娠中に買った宝くじで1万円は当たりました。

④都会の場合、大口当選が出た売り場で購入する
「この売り場で○○〇回、1等出ました!」的な上り旗などはどの方も一度は目にしたことがあると思います。

あれが意味している一番の内容は「この売り場が扱うくじに当たりが入っていた」という事です。

買ったくじが当たるかどうか以前に買う売り場に当たりくじがないと意味がないのです。

要は個の運だけでなく売り場自体が持っている運も必要だという事です。

⑤田舎の場合は、直近で大口当選が出た売り場では購入しない
上に書いた④と真逆のことを書いていますが状況によって考え方も異なります。

田舎の売り場の場合、扱う枚数が都会の良く当たりが出る売り場と比べてかなり少ないです。

そのため、しばらく期間が相手からの再度大口当選はあり得るかもしれませんが直近で大口が当たってる場合、連続でその売り場に当たりくじが入ってくる確率は相当低いと考えられます。

あくまで今回挙げたのは個人的な考えの部分もあります。

それぞれにあったゲン担ぎなどもあると思うのでもし自身に合いそうな内容があれば試してみて下さい。

宝くじ購入後はかかさず参拝をするようになりました

アラフォー世代のm1と申します 購入頻度は番号を選んで購入するタイプは2週間に1回程度 ジャンボの様なまとめて購入するくじは年に3回ほどです

宝くじの1等が当たる確率は約2000万分の1程といわれており、当てる為にはただ購入するのは難しいです 少しでも当たる確率を上げる為に「ここで買うと当たる」といわれたところへと出かけて購入する事や「宝くじにご利益がある」と言われると、日帰りで往復できる距離であれば出かける様にしています 宝くじはまず購入しないと当たらないので、思いついた時には躊躇わずに購入するようにしています その際には無理に購入せず、番号をそろえて当てる宝くじは数枚から バラや連番で買うようなくじの場合は10枚位購入して財布に入れておき、時間があるときに願掛けを行っています 

自分で選んだ番号を書いて当てるタイプの宝くじは統計ソフト等を使用して、直近の番号とは被らない様にする ある程度番号が出ていないとその番号を書く といった過去に出た番号と照らし合わせながら、出る可能性の高そうな番号を書いていきます 番号を自由に書いて予想する事が出来るので、枚数はそれ程多く購入せずにこまめに購入するようにしています

年末や夏等のイベントで高額当選を目指すくじの方では連番よりもバラの方を優先して購入します 番号を分散させる事で1等の確率を少しでも多くしたいので、こういった買い方をしています

購入する際に願掛けの様なものは当初行っておりませんでしたが、やはり少しでもご利益にあやかりたいと思い、購入しだしてから数年後位から購入後には参拝させていただくようになりました 10年以上はこういった形で購入した後に参拝をさせて頂いております 高額当選はまだ出ていませんが、数回当選した事があり、ご利益の方は少なからず頂いております 参拝前と参拝後を比較すると当選回数はやや上がっていますので、今後も参拝は続けたいです

一攫千金を狙う為に毎回必ずしている事

初めまして私は都内在住の男性です、私は年末ジャンボ宝くじやBIGやナンバーズ等の宝くじを購入する際に必ずやっている事があります、何故やっているかというと一攫千金を狙う為です、とはいえ私は宝くじ購入歴16年になりますが1度も高額当選はした事がありません、しかし私は信じ続けて現在も続けています。

私が一攫千金を狙う為に毎回必ずやっている事というのは、宝くじを購入したらそのまま近所にある神社へと行きさい銭箱に購入した宝くじの中の1枚を入れて拝む事です、これは誰に聞いた訳でも無く始めた事です、何故こんな事をやるかというと過去に何十万円という当選を十数回以上果たしているからです。

ちなみに私は宝くじ購入枚数は毎年の自分の年齢の数と神様に差し出す+1枚を毎年購入しています、自分の年齢の枚数を購入する意味は特に無くキッカケはただ単に何枚購入しようかな‥と悩んだ時に、面倒だから自分の年齢の枚数でいいか‥という事でした、神社のさい銭箱に入れるのは願い事を聞いてもらう為の神様へのお礼という意味で入れています。

これはBIGやらナンバーズでももちろん一緒です、私が購入する宝くじ全てで必ず実践している行動です、しかし私は長年宝くじを購入して一攫千金高額当選を狙う為にこんな事をやっていますが、やはり現実はそんなに甘くはないし‥億なんて夢物語だよな‥と思ってしまう時が多々あります、しかし宝くじは購入しなければ絶対に当たらない!購入しない者には絶対にチャンスは無い!という言葉が私を長年宝くじ売り場へと向かわせるのです。

ちなみにですけど、あくまでも私の16年の宝くじ購入経験での話ですが、宝くじの中で1番当たりやすいのはダントツでナンバーズシリーズですね‥何故なのかは私には分かりませんが、実際に私は何十回も何十万円という額を当てています、世間の方々は年末ジャンボは億だぞ!ナンバーズの何十万なんて額は面白味が無い!と思われるかと思いますが、塵も積もれば山となるとは昔の人は上手い事を言ったものです、しかし本当に山となります。

私はナンバーズで当てたお金で年末ジャンボを毎回購入していますから本当にナンバーズくじは重宝しています、最後になりますが今回ももちろん私は年末ジャンボ宝くじを購入して神様に1枚差し出してという行動をしますが、当たっても当たらなくても結局は宝くじはワクワク出来て面白いですし、1番大切なのはそういった気持ちを持っている事が案外高額当選に繋がるのかもしれませんね!それでは。

黄色に願いを込めて信じるものは救われる

神奈川県在住55歳男性のNICKです。

宝くじ歴は25年、一回2万円程度、年3回ほど購入しています。

今まで当選歴はありますが、いずれも少額当選です。

私が25年来実行していることは、まず当選実績のあるかつ購入者で並ぶような人気の高い宝くじ売り場で購入することです。

運は集まると信じていますので、人がたくさん集まり、かつ当選がたくさん出る売り場はまさに運の掃きだめだと思っています。

かつ、買うときは売り場の一番右手の窓口で購入することです。

これはどこの窓口に行くか迷いをなくすためであるのと、人間は右効きの人が多いので、自然と一番右の窓口に長い列が出来やすくなります。

つまりこのことは、一番右手の列に運気がたまることになります。

本当は発売初日に一番を狙って並びたいのですが、お勤めの関係上それは無理なので、そこは控えています。

でも、なるべく発売期間中の中日(発売期間のちょうど折り返しの日)のお昼休みに買うようにしています。

これは特に意味はありませんが、気分的に決めておかないと、いつ買いに行ったらいいか迷ってしまうからです。

あと宝くじについては、必ず連番で買うようにしています。

一番違いで外れたとなると後悔してもしきれないので、その後悔をなくすためです。

こうやって、宝くじを買う場所、日時、方法をあらかじめ決めておくと後悔や迷いは一切ありません。

購入した後は当選発表があるまで、金色の色紙で回りを張り詰めたタンスの一番下の引き出しで肌触りのよい黄色のタオルの上で保管しておきます。

これは何かの雑誌で高額当選者の体験談として読んだのですが、金色および黄色は金運を呼び込むラッキーカラーでまた暗くて静かな落ち着く場所に宝くじを保管することで宝くじの運勢をよび起こすそうです。

また、財布は内側が黄色のものを使っています。

これで、買った宝くじを即黄色の財布に入れてタンスにしまうまで、宝くじは黄色に終始黄色に囲まれることになります。

私が宝くじを買うにあたって心掛けていることは以上ですが、なにせ当たってないので、おすすめできるものではないかもしれません。

ただ、宝くじはワクワクを楽しむものでもありますので、当たることを信じて買い続けることが大事なのだと思います。

チャンスを逃がさない・水回りを清掃することを心掛けています

ペンネーム コンサルマン 宝くじ購入歴1年

一気に貯蓄を作りたいと思い宝くじを購入しています。

最初は「どうせ当たらないからいいや」と思い込んでいましたが、知人が3億であったり1億を当てているのを実際に見て、「意外と当たるのでは?」と思い、今でもロトと一緒に購入しています。

購入し続けてから1年くらい経っていますが、運が良くても数百円程度だったりすることがあります。

何故、知人が高額当選したのか気になったので特徴や当選直前の出来事について確認しました。

まず、これらの知人に特徴しているのが、基本的に「浪費家である」ということです。

どこに行っても必ずお金を使うというような人達であるのが分かりました。

といっても、タバコやお酒、パチンコやスロット等に使っている訳ではなく、目の前に欲しいものがあったら購入しているといったところです。

でも、よく考えると、その欲しい物を買わないでいたら誰かに買われてしまい、在庫切れ等で買えなくなる可能性もあります。

恐らく、「チャンスは逃がさない」という思考が高額当選に繋がるツールになっていると思いました。

「綺麗好き」だというのも共通しています。

これらの知人の家に行っても部屋は綺麗でした。

特に水回りが綺麗です。

一人暮らしだと掃除するのが面倒くさくてトイレに垢が溜まっていたり、台所に水垢が溜まる等といったことがよくあるかと思います。

ですが、これらの知人宅の水回りはとても綺麗だったので、やはり水回りを常に綺麗にしておくことも、甲が当選に繋がるツールになっているのではないかと思いました。

そして、やはり同じところで宝くじを買っているということも共通していました。

これはデカい話です。

風水でも水回りを良くすると、金運が上がるといった教えもありますので、スピリチュアル的な要素も関係しているのかもしれません。

私も清掃はしますが、水回りの掃除を少々サボってしまうことがあります。

宝くじは運で決まるようなものだとは思いますが、その運を逃さないように、以前より水回りを掃除するようになり、買い物に至っても「今しか買えない」と思ったら、「チャンスだ!」と思い極力買うようにしています。

以来、僅かですが当選額が上がるようになったと思います。

「当たると評判の宮城JAビルチャンスセンターで購入します!」

 こんにちは。

僕は29歳の男性です。

職業は自営業(フリーランス)をしております。

 宝くじ歴5年ですね。

ペンネームは「ブーちゃん」です。

 さて今年も年末ジャンボの詳細が、発表になりましたよね。

毎年「今年こそは当たれ!」「今年こそは当ててやるぞ!」と思い、買うと結局ハズレとなります。

(笑)

 それが去年の事です。

「どうせハズレるんだろうな。

いいやそれでも」という感じで、宝くじを購入したら100万円当たりました。

 正直申しまして、ビックリしました。

くじ運も良くないので・・・それで購入した宝くじセンターの事を思い出すと、当たると評判の、「宮城JAビルチャンスセンター」で購入しておりました。

 
 結構な人やら金額が出ていると、友人・知人から聞いておりましたが、そんな事を意識せずに買ったら良い結果だった訳です。

 なので今年もこの「宮城JAビルチャンスセンター」で、年末ジャンボは購入したいと思います。

(これが僕にとっての開運方法です。

 という野心を持って購入すると、またハズレるのかな?(笑)でも、どうせ買うならば当たらないより当たりたいですよね!だったら、当たるところで購入したいと思います。

 因みに僕の宝くじの購入に関してですが、以前の僕は「連番」で買っておりました。

 しかも金額にすると3万円やら5万円をつぎ込んでおりました。

(笑)それで回収できるお金が、3000円とか5000円という・・・何とも情けなくて悔しい思いをしてきました。

 ですが去年の夏に友人と飲んだ時に、宝くじの話題になり、友人が「あのさぁ。

連番よりも「バラ」で買ってみたら?少額で済むし、当たる確率も実は連番より「バラ」の方が高いのよ。

金額は少ないかもしれないけどね」という話でした。

 俺は「何?何?そんな事があるのか?よーし!ありがとう。

買ってみるわ」と言ったのを覚えております。

 そして、年末になりいざ年末ジャンボを購入をしてみました。

1000円分しか購入していないのに、いきなり100万円が当たるという体験をしました。

 よって、今年も当たると評判「宮城JAビルチャンスセンター」で、「バラ」売りの宝くじを購入してみようと思います。

(購入の工夫ですね。

 それでまた幾らか当たってくれたら、嬉しいと思います。

 他にやっていることといえば、宝くじを購入する時は入念にトイレ掃除をする事もしますね。

(自分は) 

宝くじが当たる人になるようがんばっています

はじめまして、まじめと申します。

宝くじ歴は20年ほどになります。

スクラッチくじは新しいくじが出るととりあえず買っています。

サマージャンボ、年末ジャンボは毎年楽しみに購入しています。

サマージャンボはバラで10枚、年末ジャンボは私と夫で別々に、連番とバラを10枚ずつ購入しています。

宝くじはスクラッチがちょいちょい当たる程度で、ジャンボ系はまったく空振りばかりです。

一番期待を寄せてやってみた開運行動は、6歳年下の友人と西の宝くじ売り場で午前中に購入する。

というDr.コパさんの開運雑誌を読んで実行したときでした。

ちょうどいたんです、6歳年下の友人が!
彼女に話すとのってくれて2人でうきうき買いに行きました。

2人の自宅からだいたい西!とこじつけて、最寄り駅のイオンの前の宝くじ売り場に行きました。

そこは毎回「出ました2等!1億円!」のようなのぼりが出る売り場なので、本当に楽しみにしていたのですが、残念ながら2人とも当選ならずでした。

その駅には丸井もあり、その5階にレストラン街があるのですが、宝くじの話題になった時、
そこで働いている友人からお客さんが宝くじに当たったと聞きました。

もともと、とてもお金持ちな方で、昼食はよくそこにいらっしゃるとのこと。

先日「また2千万当たっちゃった」と店員さんに少しお小遣いをくださったそうです。

どんな人に宝くじが当たるんだろう?ほんとにそんな人いるのかな?と思っていた矢先、まさかの連続当選の方がいらっしゃるとは。

投資額がまったく違うのでしょうが、ぜひあやかりたいとそのレストランに行きましたが、残念ながらお会いできませんでした。

後日、そこで働いている友人にレストラン行ったんだよ~連続当選の方のオーラを浴びたくて、と冗談半分で報告しましたら、少し神妙な顔で「お金はあるはあるけどたぶん寂しい人だよ~。

お客様のことなので、詳しい会話の内容はできないけれどね」と言いました。

どうやら孤独な方のようです。

お金がお金をよんで笑いがとまらないと思っていたのですが、やはりいろいろ総合すると陰の部分が大きくあるようです。

主人は宝くじが当たらないと、「当たらないよ自分たちは幸せだから」と言います。

確かにこれといって不自由もないのに一攫千金、棚ぼたばかりを願ってはいけないな、と思い、
私がたどりついた開運方法は少し嫌な思いをするということです。

犬の散歩中、他のわんちゃんの落とし物を見つけたら片付ける(うちの子以外のは汚物!)、美味しい物を食べた翌日は苦手なトマトジュースですごす(本当に辛い)。

子どもが落とした消しゴムを拾ってあげるのもめんどくさかったのですが、拾う!(ダメな子にしてるかも?)
地域のめんどうなレクリエーションに参加する(うるさいおばさんいる!)などなど。

このように自分にとって不都合なことや気持ちがのらないことをあえて行いました。

わりと心にダメージを受けました。

お金って暗いところが好きって聞きますし、もしかしてこの陰の部分に引き寄せられて金霊がくるかも!
その結果はいつ出るのかはわかりませんが、このことを続け、宝くじも懲りずに買います。

私が必勝を夢見て続けている宝くじの買い方とジンクスについて

はじめまして。

私は39歳の主婦の由紀子と言います。

私の宝くじ歴は約15年で、年にサマージャンボ宝くじ、年末ジャンボ宝くじを買うようにしています。

宝くじは買わなければ当たることがないので、とりあえず、買います。

そして、発表の日までは夢を見させてもらうことができるので、もしも外れてしまったとしても、その対価としては納得できる金額だと思っています。

ちなみに、私が率先して独断でやっている開運方法をご紹介させていただきます。

その①
とにかく、購入した宝くじはトイレに置いておく。

昔父親から「運が付くから」と教えられたことをいまだに守っています。

もちろん、大金をゲットしたことはありませんが、なんとなく験を担ぐという意味では効果がありそうなのではないかと思ってしまいます。

その②
3枚だけ買う。

一等前後賞の3つ狙いという意味で3枚だけ買うことがしばしばあります。

今までこれで的中したことはありませんが、いつか当たるのではないかとの期待と夢を込めて、いまだに続けています。

その③
願掛けに神社などパワースポットにお参りに行く
困った時の神頼みではありませんが、何となくご利益がありそうなので、パワースポットめぐりをしたり、御朱印をもらうようにしています。

気休めかもしれませんが、もしも数億円当たったらときのことを考えると、こんな労苦は大したことではないと思えてしまうから不思議です。

ちなみに、私は20代半ばから宝くじを買い始めましたが、その頃から今までずっと同じ願掛け&ジンクスを信じてやってきました。

そして実際に効果があったのかといえば、それがそんなに一筋縄ではいかず、儲かってはいなけれども、大きな損もしていないというのが現状だと言えます。

もちろん、今後は、なるべく一等が出た売り場で、大安吉日と一粒万倍日、それに寅の日が重なるような演技の良い日に、なるべくラッキーなお名前の販売員の方から購入することが、どこかしら当たるような気がしてならないので、ぜひとも実践したいと思っています。

占いと笑顔が重要!高額当選目指してます!

ペンネーム中川です。

都内で会社員として働いています。

 私の宝くじ購入歴はもう15年になります。

いつもバラと連番を10枚ずつ買っています。

 毎年サマージャンボに年末ジャンボ、最近はグリーンジャンボなども宝くじの販売予定をネットで調べあげて高額当選のものに絞って買い続けています。

 私が宝くじに当選する為にやっている事はまず占い師である母に占ってもらう事です。

 宝くじを購入するにふさわしい最高に金運のいい日付け、そして自分に取って縁起がいい方角を選び
方角が決まったらその方角にある宝くじ売り場をネットで調べて自分の家から一番近いところで買っています。

 ネットで調べても見つけられない時は、東と言われれば東、西と言われれば西、というように宝くじ売り場が見つけられるまでひたすら自転車に乗って探しまくる、という方法で地道に探しています。

見つからない時は本当に見つからず1時間こいでも見つからない時は家に戻り、
再度母に占ってもらって他の日に再チャレンジした事も何度もあります。

 次に行っている事は、宝くじを買う為のお金を1週間ほど紫色の布にくるんでお清めし、
そのあと3日間は金運アップの為に黄色の布に包んでいます。

 これは買ってきた宝くじに関しても同様の事をやっています。

当選が分かる日までずっと黄色の布に包んでいます。

 あとは宝くじを売っている売り子さんにキチンと挨拶とお礼を言う事。

帰り際に笑顔で「ありがとうございます」と言うと必ず相手も笑顔で「当たりますように」と言ってくれます。

笑顔は運を呼び寄せると思います。

 
 これらのおかげで今まで宝くじで損をした事が一度もありません。

必ず宝くじに費やした金額以上は当選しています。

と言っても数百円数千円の範囲ではありますが。

 ただ損をする事が無いという確証があるのでもう15年間も買い続けていられるんだと思います。

 占いやら縁起を担ぐ事について馬鹿にする人もいますが、私は自身の経験上、ものすごく信じています!

 ちなみに妹はこの方法で最近100万円当てていました。

私には全てお金を使った後の報告のみで何も買ってはくれませんでしたが。

アトランダムに買うようにしている

カモネギと申します。

宝くじ歴としてはもう10年ぐらいわかっているでしょうか。

それこそほとんど当たったことがないのですが、それでもちょっとしたイベントの一つとして楽しんでいます。

しかし、それなりに長く買うようになりますと少しでも当たりやすいようなやり方ができればなぁと思うのは当然でしょう。

実際私もそういうことを考えて色々と行ったことがあります。

金運アップするようなやり方考えてみたりとかです。

黄色いものを身につけたりとかやってみたことがあるので当たり前ですがこういうものに特に効果はありませんでした。

では、最終的に私はどんなやり方で購入しているのかということですが開運の方法というと少し違うような気もするのですが、買うのはどこそこにするとかどういう時に買うようにするとかそういうことを一切あえてやらないというようなことをやってみたこともあります。

今ではメインでやっている買い方というのはこれです。

つまりは、あらゆる場合でアトランダムに購入するということにしました。

連番で買うことは大事ではありますが場合によってはバラバラに購入するということもあります。

私は色々なギャンブルもやるのですが、割とよくあるのが意識の外にある時に当たったりするということです。

そういうことで良い時期になったら買うようにはしているのですがそれはなんとなく思い立った時に買うとかたまたま降りたことのない駅で見かけたら買うとかそういうやり方をしています。

開運方法というよりは、あまり気負わないように意識してやるということをやっています。

意識しないことを意識するというようなことになる、となりますが、これがなかなか面白いです。

成功したのか、効果はあったのか、ということになりますが、これは残念ながら別に高額当選が出来た方法というわけではないです。

目に見えて当たるようになったということはないのですが、この買い方が私は気にいっています。

投資的にはリスクあるけど宝くじは買わなきゃ絶対に当たらないので毎回買ってます!

宝くじ購入をささやかな希望にしている「まこと」です。

宝くじは買わなきゃ絶対に当たらないという信念のもと、10枚でもいいので毎回買うようにしています。

また、自分のためじゃなくビンゴ大会の景品にしたり、ちょっとしたプレゼントとして誰かに夢をあげるという目的で買ったりすることもあります。

宝くじ歴はかれこれ20年くらいになります。

ジャンボ宝くじと地方自治くじを中心に年に15回くらい買っています。

私の買い方はだいたい10年くらい前から始めて、大きな効果はありませんが小さな効果はあったように感じてはいます。

風水とか占星術とかデータとかテレビとかで紹介されているような買い方はしませんが、なんとなく良いなと思った買い方はなるべくするようにしています。

具体的な方法として効果があったと感じたものをあげると
・天気が良い日に購入する
・日当たりの良い売り場で購入する
・住んでいる場所の中心地(市役所・人気の多い場所・駅の近く)で購入する
・なるべく大安吉日のような縁起の良い日を選ぶ
・残り物には福がある理論で期間後半に購入する
・売り場のお姉さんが感じの良い人の所にする
・大きく当たったときのために連番で購入する
・購入後、金の長財布に抽選日が来るまで入れておく
以上のようなことを10年くらい前から意識し始めてからは、末等以外で数千円から数万円のくらいの当たりが増えたようには実感しています。

また、ここ数年では大きな当たりにかなり近い番号や組数があったりするのでこれからも根気よく買い続ければいつかは大きな当たりが来ると信じて、でも期待はし過ぎず買い続けようと思います。

宝くじの良いところはたとえ外れても公共事業とか地域のボランティアとか使用目的がはっきりしていて、自分の使った金額が間接的にでも誰かの役に立っているということです。

これが営利目的の企業が運営するギャンブルとは違ういいところなので、外れたからと言って腹が立つこともない宝くじの魅力のひとつだと思います。

少しでも金運を上げて、宝くじ当選を狙う

私が宝くじに当選していることは、複数あります。

まず1つ目が、財布にこだわりをもっています。

現在は、エイの革を使用した財布です。

エイの革は、海の宝ということでお金がたまりやすいということが言われています。

また、内側もスタンダードは黒ですが、黄色の色にしております。

黄色もお金が好む色となっているので、黄色にしました。

また、自宅に帰宅したときに保管する場所も黄色の入れ物で少し暗くして、自宅では保管しております。

また、睡眠前に必ず財布の中をチェックを行い、レシートが入っていないか、お札の向きはあっているか、使用していないカードは入っていないか、現在どのくらいの金額のお金が入っているのかなどしっかりと毎日しており、睡眠前に財布の中をしっかりと確認しています。

また、毎日はできませんが週に一回必ず財布をういたり、ワックスをかけたりと手入れもするようにはしております。

財布を大事にすることにより、お金に好かれ宝くじなどが当たりやすくなったというネット記事を読んでから続けています。

また、水回りの清掃もすることにより、お金周りがよくなり宝くじが当たりやすくなるといわれており、毎朝出金前に自宅のトイレ掃除を行ってから自宅を出るようにしております。

また、会社でも朝必ずトイレ掃除を行います。

また、使用した際に飛び散る飛び散らないは関係なしに、使用後はしっかりとふき取って次に使用する人が気持ちよく使えるようにしています。

宝くじ当選者も水回りの清掃やきれいにしようするということを普段から気を付けているみたいで、大物芸能人なども水回りの清掃をしっかりと行っている人が多いといいます。

最後に、家のある方角に黄色色のものを集め金運上昇と宝くじ当選の祈願したお守りを置いております。

方角は忘れましたがその方角に黄色のものを置くとお金の運気が上がり、宝くじなど大きなお金を手にすることができるという風に言われており、私は盛塩など行い、毎日欠かさず手を合わせています。

私が宝くじを当てるために行っている努力

こんにちは。

私は宝くじ歴5年のくまいちごと申します。

購入しているのは年末ジャンボのみで、10枚連番で毎年購入しています。

年に1回のお楽しみとして、当たったら良いなという気軽な気持ちで楽しく購入しています。

気軽な気持ちで宝くじを購入していますが、やはり当てたいという気持ちはあるので、当たるための努力をしています。

そこで今回は私が実際に行っていることを5つ上げていきたいと思います。

①同じ店で10枚単位をこつこつ購入する
地元で当たると有名な売り場で毎年買っています。

5年間ずっと同じ売場です。

あくまでこれは私の考えなのですが、同じ売場でこつこつ買うと、例え外れていたとしても「運」が積み重なっていくような気がするのです。

有名な売り場なので混雑はしているので、私はあえて「大安」などの縁起のいい日には買わないようにしています。

混雑に巻き込まれるのは嫌ですし、縁起のいい日を狙ってくる人は欲が強い人達ばかりです。

きっと宝くじの神様もお疲れになるでしょうし、神様が休憩するであろう日にちで購入することによって、印象に残ってくれたらなと勝手に思っています。

②当選番号発表まで掃除を欠かさない
玄関や水回りなど金運の通り道になるところは毎日掃除します。

風水などで聞いた話なのですが、玄関などが汚いと金運は寄ってこないそうです。

また玄関に対面した鏡は金運を跳ね返してしまうそうなので、宝くじ期間中はカバーで隠すようにしています。

お財布も毎日キレイな布で拭くようにしています。

金運に直接繋がることは特に気をつけて行動するようにしています。

③保管は黄色の布に包んで仏壇や暗い場所に
宝くじの保管にも気を遣っています。

宝くじ専用の黄色い布にキレイに包んで仏壇や神棚、または暗い場所に保管します。

そこも毎日掃除をします。

宝くじ券は水気を嫌うそうなので決して水回りには置かないようにしています。

掃除も水拭きのあとに乾拭きを必ずしましょう。

私が特におすすめする保管場所は仏壇です。

仏壇は毎日拝むものですし、掃除をこまめにしたらご先祖様も喜ぶのではないかと思います。

④ゲンを担ぐ
これは気分によってやるかやらないか決めるのですが、高額当選を出したことのある方が行っていたことを「ゲン担ぎ」として行動してみるというものです。

例えば金運を司る神様がいる神社にお参りに行くとか、願掛けしていただいたものを宝くじと一緒に包んで保管するなどです。

私は神社で購入した金運のお守りを一緒に包んで保管したことがあります。

毎年傾向が違うそうなので購入前に調べてチェックするのも忘れずに。

⑤あまり欲を持たない
最後は自分の気持ちの問題です。

宝くじを購入する人はどうしても当たりたいという強い希望や欲を持っていると思います。

ですが、お金は強い欲から逃げていく傾向にあります。

現に26年度に高額当選した方はそういった強い欲は持っておらず、購入動機も「夢を持ちたいから」という方が多かったようです。

それで高額当選を掴み取るってかっこいいなと思い、私も実践しています。

最後に、宝くじは楽しむくらいがちょうどいいといいます。

高額当選したい、働かずに一生過ごせるお金が欲しいという気持ちはわかります。

でも、宝くじは当選確率的にとても狭き門です。

多分地道に働いたほうがいいときもあります。

宝くじの収益の一部は福祉活動や慈善活動に使われます。

一種の寄付と思って「当たったらラッキー」ぐらいの軽い気持ちで購入するのをおすすめします。

やっぱり神頼みは基本だと思います

初めまして、ASファンと申します。

宝くじ購入歴はジャンボ宝くじのみです。

毎年1回、連番10枚とバラ売り10枚で購入しています。

今まで10年、1万以上の当選を体験した事がありません。

逆に言えば、私がやっている開運方法はあまり効果が無いかもですが
私が行っている事をお伝えします。

まず、毎年初詣でお祈りをする。

そして『おみくじ』を購入します。

大吉か大凶かは問題ではなく、金運のみで判断します。

今年の金運は良いのか悪いのかで
今年は2回宝くじを買おう、今年は1回のみに留めておこう等の判断をします。

次に宝くじ売り場についてです。

宝くじ売り場は『最低1回以上高額当選を当てた人が居る』売り場を目標にしています。

ただ連続で当たったという売り場は殆ど無いので、
『去年当てた人がいると宣伝している売り場には近寄らない』ようにしています。

目的の売り場を発見したら、必ず『連番とバラを買う』ようにしています。

これはTV番組で宝くじを多く当てた人の購入方法を参考にしています。

また、その人の言葉で印象に残っているのは
「宝くじを買わなければ可能性は永遠にゼロのまま」
「宝くじは当てようとはせず、抽選確認を楽しみながら行うのだ」
という言葉です。

――俗にいう、『物欲センサー』というヤツですね。

欲しい欲しいと思うから出ないのだ。

欲しいと思っていない時には出やすいのだというアレです。

購入した後には『神棚に飾ります』。

毎日当たりますようにとお祈りしながら神様にお祈りします。

そして抽選日、『きっと当たってますように』と祈ってから抽選番号の確認に移ります。

これが私が行っている宝くじを当てる為の努力です。

・・・まあ、10年以上続けても高額当選していないので結果はお察しです。

無駄なのかもしれませんが、いまはまだ時では無いのだと神様が言っているようにも思えます。

必要となる年に、かならず高額当選させてやるから待っていろという暗示なのかもしれません。

そんな訳で、今年も私は挫けずに宝くじを購入します。

この駄文が貴方様の為になれば幸いです。

では機会があれば、また・・・

年一回購入 当たる兆しが見えない

現在、30代の主婦、manekinekoです!
宝くじ歴は8年ほどで、年に一回だけ購入する程度です。

もともと家族は定期的に購入していたので、特にそれほどハードルが高いというものではありませんでした。

ただどうやって購入するのか分からなかったので、なんとなく買ってみたいなと思っても、なかなか大人になってから購入するきっかけがありませんでした。

今の主人と結婚する前に、二人で「試しに購入してみよう!」と年末ジャンボ宝くじを購入したことが始まりでした。

この時は、バラで3000円分購入して、大きな当たりはありませんでした。

ですが、この時から定期的に年一回購入するようになり、はじめはそこまであたりを期待していませんでしたが、どんどん期待するようになりました。

当たるための方法をインターネットで調べてみると、様々な方法が出てきたので、その一部を試しています。

例えば、購入した宝くじは良い方角に置き、一目につかないようにするというものです。

情報によっては、その年の良い方角であったり、金運を司る北など様々なのですが、私はとりあえず北側に置いています。

この時の保管方法も、黄色いものに包んでおくとか、木製の箱に包むと良いと人によって様々な情報があるので、迷っているところですが、木の家具の上に隠すように置いています。

いろいろと調べた結果、暗くて涼しい場所に置くことや、最初に入っていた袋から取り出して保管することが大切ということが共通していたので、それだけは必ず守っています。

ただ、始めてからこれまで特に大当たりすることはなく、残念ながらこれらの効果を得られていません。

今年は京都にある御金神社に詣でてみて、お祈りを使用かと考えています。

こちらは鳥居が金色で、見るからにご利益のある神社として有名な場所です。

ここで、宝くじが当たるようにお祈りをした人が、高確率で高額当選をしているという噂を聞いたので、やってみたいと思いました。

今年こそ当たるようにしたいです。

宝くじが当たったと言う人のまねをする

ペンネームは、ジョニーです。

宝くじ歴は、年に3回買うときもあれば、何となく当たらないかなと感じるときは、1回ときもあります。

気分にあわせてというか、自分の勘で当たりそうな時は多く買ったりしています。

自分のやっている開運方法は、そのときにネットで読んだり、テレビで見たりしたときに当たりそう気がしたら、試してみたり、まねをしたりしています。

これは当たりそうだと思ったのは、販売員さんを見ると言うこと。

自分との相性がいい人だなと感じる人がいいと聞いたので試しています。

友だちを選ぶときも、やはり相性が大事だと思います。

それと同じとまでは言いませんが、やはり、気分的に違うような気がして人を見るようになりました。

それと、良いことがあった日に宝くじを買うようにしています。

これもネットにのっていたと思うのですが、良いことがあった日に宝くじを買うと当たりやすいと聞きました。

とにかく、当たりやすいと聞きくと藁にもすがる思いでまねしているように思います。

なかなか当たらなかったりするので、宝くじが当たった人にあやかりたい気持ちでいっぱいです。

それと、気を付けていると言うか宝くじはたくさん買わないようにしています。

一度にたくさん買っても当たらないと聞いたことがあり、一気にたくさん買うと言うことはしません。

ただ同じ売り場で買った方がいいと聞いたのですか、どうしても当たりくじかたくさん出たところを聞くとそこの方があたるんじゃないかなと思ってしまって、場所についてはコロコロ変えてしまっています。

一ヶ所は必ず買うと決めているところはあるのですが、他に買うところはその時はその時によって違う場所、当たりやすいと言うところを変えて買っています。

結局はどれがいいのか、良かったのか分かりませんが、いいと聞くと試さずにはいられない性格のようです。

もしかしたら効果があるかもしれないという期待、希望を感じると試さずにはいられません。

宝くじも継続は力なり

30代女性・ミホといいます。

30代ですが宝くじ歴はもう20年くらいになります。

年に4,5回は買います。

宝くじとの出会いはまだ学生の頃、親が宝くじが結構好きでよく買っていたので、お小遣いをためてその時は年に1回くらい買っていました。

もちろん、年1回では300円しかあたらなかったのですが、当選番号を見るときのどきどき感が楽しくて、1年1回のおたのしみとして楽しんでいました。

バイトをし始めると、自由なお金も増えたので、年末ジャンボやサマージャンボくらいを買うようになって、数年したところで3000円がはじめて当たりました。

その間の開運方法は机のきまった引き出しに入れること!そこに入れ続けていたら当たりました。

大人になって働くようになってからは年末ジャンボやサマージャンボだけではなくて他のジャンボを中心に年に4.5回くらいは買っています。

今の開運方法は宝くじを買ったときにチャンスセンターでたまにもらえる袋や財布に入れることです。

そこに入れてさらにいつもの決まった引き出しに入れています。

それで3000円ですが数回当たりました。

あと開運のためにしていることは、少し遠くても当たると有名なチャンスセンターに行くことです。

少し投資してでも、当たれば大きいですから、少しでも確立を上げるためにいっています。

さすがに宝くじ目的だけで遠出をするのはもったいないので、他の用事も兼ねておでかけしています。

宝くじを当てるのも継続は力なりと思っているので、家計に影響がでるほどは買いすぎず、楽しみながら宝くじライフを送るようにしています。

もちろん、定番の神社にお願いしてみたり、金色の財布に入れてみたりもしたことはあるのですが、そうしたからといって当たるわけではないので、とにかく買う回数を多くして当選確率を上げるために、続けることを目標にしています。

本当はもっと枚数を買いたいけど、そうもいかないので回数を重ねて、はずれた分は年に1回の宝くじの日抽選の楽しみにしています。

主に風水や勘を頼っています

ペンネーム:ゆきんこ
宝くじ歴:約5年、年に10枚程

私が実践しているまたは、実践していた開運方法をお伝えします。

実践していた開運方法は2つあります。

1つ目は、ロト6やロト7限定なのですが、過去の当選番号を徹底的に調べ、次に何が出るのかを予想していた事です。

2つ目は、番号を塗りつぶした時に、何かの絵や数字に似ているような形になる時があるので、上記の予想を参考にしつつ、しっくりいく形になるよう番号を選んでいた事です。

効果については、何十回に1回の確率で多くて1,000円が当たる感じでした。

現在、実践している事は4つあります。

1つ目は、毎日行っている占いを見て、ラッキーカラー、数字、ラッキーフードを行ってから宝くじを購入するようにしています。

2つ目は、金運アップのお守りをお財布に入れて持ち歩いています。

3つ目は、満月の日に購入するよう心掛けている事です。

4つ目は、欲を張らず勘にたよる事です。

この4つの中でも、最後の「欲を張らない」という事が一番効果があるのかなと思っています。

大金ではないのですが、何となく「あ、今日買ってみよう」と思って買ったときに5,000円程当たった事があります。

人間、どうしても欲が出てしまいがちです(私も欲がでます・・・)
宝くじで1等が当たれば、楽に暮らせるのにな・・・とか、
失敗を恐れずに、好きな仕事できるのにな・・・とか。

まずは、1~4の事を実践し、長期的に購入し続ける事が効果があるのではないかと考えています。

自分を信じれば、自然に金運もついてきて、1等が当たるかもしれないですね。

また、購入の際に、販売員の方にきちんと御礼をする事です。

しかも、はきはきと笑顔で。

「笑う門には福来る」というように、笑顔で居れば金運も来るのではないかと思います!

日常的に行っている事をやりつつ、欲を張らず、勘を磨き、感謝の言葉を忘れず、笑顔を忘れない事です!
他にも、何か思い付いたら試してみようと考え中です。

金運吉日に吉方位で購入するのが当選のコツ

なおみと申します。

独身の50代です。

30代までは宝くじは当たらない物、購入価格分、損するだけと思っていたのですが、42歳の時に、友人に誘われて行った占いで、「宝クジを買ってみては?」と勧められ、その帰りに「スクラッチ」を購入しました。

翌週が当選発表なのですが、「どうせ当たらない」と決めつけて、確認したのは購入して1カ月近く過ぎてからです。

1枚だけ購入した、このスクラッチで5千円が当選していました。

そこから「占い」を使って「宝くじ」を購入するようになりました。

サマージャンボや年末ジャンボ」などの高額当選から「ロト6」まで、平均すると年に5回から6回、年間1万51千円分くらい購入しています。

ジャンボでも大量購入はせず、連番10枚。

ロト6などは常時1枚づつと少数です。

肝心なのは枚数より「いつ」「どこで」購入するか、だと思います。

購入する前には、初めて宝クジ購入を勧められた、占い師さんのお店に行きます。

占い師さんは「医療」や「掛けごと」などについては鑑定してはいけないというような不文律があるそうで、例えばロト6であれば「何番が当たるか?」等は鑑定できません。

占って頂くのは、直近で金運が最高点に達する日。

もう1点は、その日の吉方位です。

今、発売中のサマージャンボに関しても、既に鑑定済みで、今年の7月の何日が私の最高金運日か?その日は、どの方角が吉方か?占って頂いています。

あとは、吉方位にある「宝クジ売り場」を探し、金運日に購入しに行くのみです。

かれこれ、8年近く、この方法で購入しているのですが、ジャンボでは最低3千円から最高10万円、スクラッチも5千円が何度か当選していて、全くのはずれとの比率は当選4、はずれ6位の割合かと思います。

そこまで大量購入している訳ではないので、効率は良い方だと思います。

まず占いにいって鑑定料2千円、その結果を元に自分で良い売り場をリサーチして、その日の仕事帰りなどに購入するという、やや手間のかかる流れではありますが、私は、この占い師さんとの相性が良いのか、十分、元が取れて、嬉しい臨時収入が得られる状態です。

宝くじの女神がいるというショッピングセンターの売り場で買っている

ペンネーム:UKAI
60歳も過ぎた私は、宝くじ歴30年のベテランです。

昔は職場でまとめて購入して配当金をもらうなど、あの手この手で夢のおこぼれをもらう方法を考えたものでした。

若いときは、さほど宝くじに興味があったわけではなかったのですが、結婚をしてローンを抱えるようになってから、ウソでもいいから大きな夢が見たくて、毎回購入するようになりました。

この「宝くじ道」は奥が深いもので、私の友人など毎回「当たった!」と報告が入るほどで、いくつかのテクニックが必要な世界です。

いくつか、私が試したテクニックと効果を紹介します。

・誰にも言わずに購入しタンスの奥にしまっておく
始めのうちは、家族に「宝くじが当たったら、すき焼きにするぞ!」なんて調子よく購入したことを報告していましたが、欲を出すと運は逃げていきます。

もちろんたくさんつぎ込みいくつか当たるだろうなんて考えるのはもっての他です。

欲を出さずに、1万円分コンスタントに購入して、静かにタンスの奥にしまっておく。

そして、忘れた頃に無心になって当たり番号を確かめるのです。

すると、5回に1回ぐらいささやかな額ですが、当たりが出るようになりました。

・幸運の女神と思って売り子のおばちゃんの運気をもらって購入
不思議と「ここの売り場は、当たりがでる!」と評判のところは、確かに当たるものです。

並んでいる人に聞いても「ここは当たるよ!俺なんて、3回大当たりしたよ。

」と、言うぐらいやっぱい、目に見えない気によって当たりは左右されるようです。

待っている人に根掘り葉掘り聞いたところ、売り子のおばちゃんがすごい力を持っていて、話しかけて会話がはずめば更に当たる確率が高くなるとのこと。

早速、実行に移そうと思い「朝一番のバスで来て、だいぶ待ちました・・」など世間話をしたところ、「当たるといいですね!」と声をかけてもらい、見事その時購入した宝くじで大きなお金が当たりました。

それ以来、購入する時は売り子のおばちゃんの気配を確かめて、運気を感じるか・評判はどうか・話して結果はどうだったかチェックするようにしています。

結論的に、近所のショッピングセンターのおばちゃん売り子は、愛想がよく話しもしてくれるので運気が上がり、今では3回に1回は当たりがでるようになっています。

宝くじは仏壇に供える

我が家では、年末ジャンボを買った際は家の仏壇に供えています。

神頼みではないですが、ご先祖様の力をお借りしようと思い、そこに置いています。

毎日、線香をあげているので、きっとお祖父さんが天国から日頃頑張って生きている我々を見守ってくれていて、もしかしたら、宝くじでも当ててくれるんじゃないかと。

という気持ちです。

しかし、結果的に今まで高額当選はしたことがなく、10000円が最高額です。

たぶん、日頃の頑張りが足りないから、今のお前達は10000円くらいのご褒美でくらいにご先祖様に思われているんだと、勝手に考えています。

宝クジは当選結果を見る前段階までが1番楽しい時間だと思います。

購入して、結果を見るまでの間に、もし一億円当たったらどうしよう。

とりあえず、家のローンを全部返して、母親と嫁の両親に1000万づつわけて、離婚した姉に資金援助して、子供の進学にとっておく。

車を買い替えて、週一で贅沢な外食をする。

親戚一同を引き連れて、ハワイにでもなっ行こうなど、当たった時の妄想をする時間が1番幸せな時だと思います。

大体、300円しか当たってないから。

なので、仏壇に線香をあげる時に、人のためお金を稼ぐ使いますので、やましい気持ちはないことをご先祖様に一応伝えています。

その他やっていることは、黄色の巾着に宝くじを入れて保管しています。

黄色は風水的に金運が上がるとかなんとかあるようで、そういった開運グッズをどこかで貰ってきたものをしようしています。

母親は風水を雑誌とか読んで影響を受けているようで、財布を黄色にしていました。

後玄関の入り口に物が置いてあったらどうとかいろいろやっていました。

結果的に金運が上がっているかどうかはわかりませんが、響普通に食べた暮らしていけてるので、きっと効果はあるんでしょう。

それをしてなかったら、もしかしたら泥棒に入られたり、死んでるかもしれませんからね。

宝くじは買わなければ当たりません。

これからも買い続けます。

寝ることが私にとって宝くじを当てるための努力

私、宝一番が行っている宝くじを当てるための努力は良く寝ることです。

良く寝るだけで宝くじが当たれば毎回当たってしまいますが、正確言うと良く寝て「ある夢」を見るのを待っているのです。

その夢というのは数字に関連した夢のことです。

実は以前夢の中でエレベーターに乗っている夢を見たことがあり、その時に出てきた数字が12階の「12」だったのです。

そしてその日になんとなく宝くじを購入しようと思って、連番を1組(10枚)購入したのです。

その瞬間、夢で見た12という数字を思い出したので、あと2枚を追加して計12枚購入しました。

すると2口も当選していて、合計10300円の収入を得ることができたのです。

金額は微々たるものかもしれませんが、これ以降私は夢に数字が出てくる度にメモって宝くじを購入するようにしています。

ただ寝るだけが=努力になるとは思っていませんが、意外と難しい点もあるのです。

それは夢に出てきた数字を忘れてしまうということです。

数字が出てきた夢を見たという意識のまま夜中に目が覚めてしまうのですが、すぐにメモを取る癖がついていないとそのまま眠ってしまい翌朝数字を忘れてしまうのです。

これはその日のコンディションによって差が出てくるので、忘れた数字を思い出すのに苦労します。

仮に思い出せたとしても当選するわけではないので、せっかく夢に出てきてくれたのにという思いで落胆することも多いです。

あと宝くじを購入した後にくじの保管場所にも拘ったりもします。

まず購入した直後必ず長財布のチャックが付いている場所に逆さにして入れるということです。

これにはとくに理由はなく、単に験を担いでいるだけです。

そして自宅に付くとその宝くじを部屋の一番高い位置に置くようにしています。

ちなみに我が家の一番高い位置というの衣装ダンスなので、常に拭き掃除を行っています。

このような努力が報われる日がくると信じているので、いつか億単位の当選金を手にしたいです。

幸運さんの代理購入とリアル妄想で開運して100万円ゲットした話

代理購入で100万円ゲットしたアラサー主婦、ふじこです。

私は過去に代理購入を依頼して、100万円を当てた事があります。

代理購入とはいえ開運金運を求めて頑張りました。

私の実家の近くにある大型スーパーに併設の宝くじ売り場では、父がちょこちょことそれなりの額に当選しています。

幸運な父へ便乗する形で、父に頼んで自分の分も購入して来てもらうのが我が家では通例の必勝方法です。

私自身が売り場へ赴いて購入する事はほとんどありません。

ですが、父に購入を頼む前には必ず出雲大社でお参りをしてから依頼します。

以前は出雲大社の近くに住んでいたので馴染みがある分、そのお力に期待してお参りしています。

出雲大社は縁結びの神様で有名なので、お金との縁を結んでいただけるようにお願いし、それから父へ代理購入をして貰う流れです。

購入当日の朝ごはんには、必ずお茶漬けとウインナーを用意します。

父がそこそこの高額当選をした日と同じ内容です。

私はもちろん、父にも食べてもらってから購入しに行って貰います。

当選した当日、普段はパン派の父が珍しくお茶漬けを食べていたので縁起物の扱いです。

私の他の家族も、代理購入を頼む際には同じように父へお茶漬けを振る舞っています。

購入後のくじは必ずお財布へ下向きに折り目をつけないよう入れています。

これも父の当選にあやかっての行動です。

あとは独自の開運方法を試して結果を待つのですが、私が100万円の当選をした時に行ったのはコーヒー断ちでした。

大好きなコーヒーを断って願掛けを行い、当選発表の日まで毎日「宝くじが当たったらコレをしよう!」と脳内妄想でシュミレーションをしていました。

普段は購入後にも何か特別な事をする、といった事があまり無いので、願掛けや妄想でのシュミレートは効果があったように感じます。

シュミレーションはとても楽しい気分でしていましたし、当たらないだろうからとかなりリアルな妄想で楽しんでいました。

ルイヴィトンのサントンジュを買って、有給で三連休くらい作って韓国旅行しよう!そんな事を考えていたらまさかの当選。

約100万円の当たりで、妄想していた事が現実に出来たのでその当時はとてもテンションが上がりました。

そして、この時からリアルに前向きな妄想をするのは金運的な開運効果があると確信しました。

それ以降も宝くじ購入後は願掛けと、脳内妄想シュミレーションを必ずしています。

高額当選者を見習って感じ良い人でいる

てんてんです。

宝くじは5年ほど前からジャンボ宝くじなど高額当選のあるものを買うようになりました。

1回に買う枚数は多くないですがコツコツ買い続けています。

宝くじ当選のためにしていることは「良い雰囲気の人でいること」です。

これは以前、宝くじ売り場で働いていた人の話として聞いたことなんですが、高額当選を出すお客さんは皆さんとても感じが良いそうです。

宝くじ売り場で買い物する時もスタッフさんに嫌な感じを与えず、また「高額当選を狙うぞ!」と意気込むというよりも「その日の運試し」という感じで当選額に執着せず軽やかに宝くじを変われる人が多いとのこと。

それを聞くまでは全力で当選を念じながら宝くじの買い物をしていましたが、今は「当たったらいいな」という軽やかな気持ちで宝くじを買い物するようになりました。

また、冬場などは宝くじ売り場のブースはものすごく寒いといいます。

そこで特に売り子さんに何をするわけでもないんですが、買い物がすんだらこちらから「ありがとう」と声をかけるなどしています。

今のところ高額当選はしていませんが、以前に比べて宝くじを買うのは楽しくなりました。

あと、軽やかに宝くじを買うということで宝くじへの意識も変えてみました。

以前は宝くじがはずれると「あーあ、お金無駄にしちゃったな」と思っていたのですが今は違うところに目を向けています。

それが宝くじの収益の使い道です。

ジャンボ宝くじなどはその回ごとに売り上げの一部が公共事業などに使われます。

つまり、自分が宝くじを買うことは誰かのためになること、なんですよね。

宝くじの使い道っていろいろあって、何かの施設を作ったり、障害者支援や教育、東京オリンピックのために使われるという宝くじもありました。

そうやって私の使ったお金が何に使われるのかを考えると、宝くじがはずれてもただお金の無駄遣いをしたという気持ちはなくなりました。

もちろん、当たったら嬉しいけど当たらなくても良い気持ちになれますね。

それが次の宝くじにつながったらいいな~なんて思ってます。

神社でお参りをして、その帰り道にある宝くじ売り場でその日に購入するようにしている

私は現在主婦のパッチと言います。

私は主人の影響で毎年1回年末ジャンボ宝くじを買うということをやって、もう9年目になります。

そんな私ですが、9年の間になんと2回も当選したことがあります。

そして、当選するために密かにやっている願掛けがあるのです。

私が年末ジャンボ宝くじを買う前にやっているプチ願掛けは、神社に行ってそのまま歩いて宝くじを購入しに行くということです。

これは、最初に宝くじが当選したのがきっかけでした。

その時私は特に宝くじのためという訳ではなかったのですが、北海道神宮に行ってお参りをしました。

その時ついでにちょこっと軽い気持ちで宝くじが当選しますようにと願掛けもしたのですが、特に深い意味はありませんでした。

そしてそのあとに年末ジャンボ宝くじを買いに行ったのですが、その時買ったくじが当選したのです。

私は、神社に行って祈願してきた効果だと思い、それ以来宝くじを購入する前には北海道神宮に行ってお参りをするようになったのですが、やっぱりラッキーだったのかそれ以来しばらく全く当たりませんでした。

そんなある年、ちょっと北海道神宮にはお参りに行く時間がなく、とりあえず地元の小さな神社でお参りをしたとき、私はまた宝くじに当選したのです。

でも今回はいつもの北海道神宮じゃないし、またたまたまかなと思ったのですが、そういえば地元の神社でお参りをした後、そのまま歩いて近くの宝くじ売り場まで行って購入したのでした。

そしてよくよく思い出すと、初めて当選したときも同じように、北海道神宮から歩いてその帰りに宝くじ売り場で買ったものが当選していたことに気が付きました。

これは絶対お参りした神社からそのまま歩いて近くの宝くじ売り場で買ったから当選したんだと思った私はそれ以来、年末ジャンボ宝くじを購入する前は神社でお参りをして、その神社からの帰りに歩いて近くの宝くじ売り場で購入するというプチ願掛けをやっています。

と言っても、まだこの方法で購入するようになってから当選はしていないのですが、でも、2回も同じような行動をしたときに当選しているのでこれからも年末ジャンボ宝くじ購入の時には必ずこのプチ願掛けをしていこうと思ってます。

宝くじを当てる為には

私は30代の冴えないおじさんです。

ギャンブルを全くしない私ですがとにかく宝くじを当てようと努力しています。

まずは年末ジャンボなどの大きな宝くじの場合は当たると評判な宝くじ売り場へ必ず足を運びます。

それが例え遠方だとしても当たると聞けば行ってみます。

そして何人かいる店員の中から当たりそうな人を慎重に選びます。

まずは笑顔がステキな人で幸がありそうな人を選びます。

そういった人の売り場は長蛇の列になっているのですが必ずならびに時間を惜しまないようにしています。

神はその努力を必ず見ていると信じています。

そこで宝くじをゲットしたら必ず開運の神社へ足を運びお参りをします。

宝くじなのでとにかく運任せ、神頼みです。

そして持ち帰り家の一番高いところで運気がたかそうな場所へ置きまたそこで手を合わせます。

毎朝必ず手を合わせお参りします。

近くの神社や寺に行きお参りします。

必ず当たったって下さいとお願いします。

宝くじを買った後はとにかく運気が上がる様に毎日いい事をするように心がけてます。

他人に譲る精神をもちとにかく良い人になります。

そうすれば運気が上がる気がします。

人の為になる事をすれば必ず自分に返って来ると信じ毎日を過ごします。

悪い事はしません。

後は本などを読んで運気が上がる事をします。

後、忘れてましたが宝くじ買いに行く時は必ず日柄が良い日を選びその日のラッキーカラーの服を着て行きます。

それ以外の小さい宝くじの場合は出先などで思いついた時や売り場を見つけた時に直感で買う様にしています。

出先での購入は当たる気がします。

そしてあまりたくさんは買わず一枚だけにすることが多いです。

ナンバーズやロトに関しては常に同じ番号を買い続けています。

必ずその番号が来る事を信じ毎回同じにしています。

未だにその番号は来てませんがいつか来ると信じています。

結局色々努力をしても最後は運頼みになるのでとにかくうんが上がる様に生活しています。

買った宝くじに毎日話しかけます

宝くじ歴15年の年に10回くらいは購入する、2人の子どもを育てる主婦です。

買い始めたきっかけは、何気に買った年末ジャンボで1万円が当たった事です。

それまでは宝くじ売り場に行った事もなかったのですが、何故かふと目に留まり、売り場の方に買い方を教えてもらって買ったバラ10枚の中に1万円の当選くじがありました。

それからは、1万円が当たった、家から自転車で10分くらいの売り場で買うようにしています。

買った宝くじは、折れたりしないように気をつけて持って帰り、毎年十日戎で購入する、「福や金運を掃き込む」「福や金運を集める」として開運を招くと言われる縁起物「熊手守り」の側に黄色いフェルトの布の袋に入れておきます。

購入した宝くじが目に入った時は、必ず手を合わせて、「よろしくお願いします!」とお願いします。

植物を育てる時によく話しかけると聞きますが、私は宝くじを購入すると、毎日話しかけます。

当たったらこんな事をしたい!や、今日は天気がいいね!行ってきます!などと普段人に話しかけるように話しかけます。

この方法は、もうすでに14年はしていると思いますが、効果はあまりないです。

でも、この方法でずっときているので、何故かしてしまいます。

私が購入している宝くじ売り場は、大型店舗に隣接しているので、子どもと買い物などで一緒の時は、欲のかたまりが少ないであろう子どもに託します。

子どもが1歳、2歳の時は、ちょこちょこと当たった事もあったので、心がきれいだからだろうか、なんて主人と話した事もあります。

他の宝くじ売り場で買ってみようかと迷った事もありますが、やはり一番初めに買った売り場で買うようにしています。

ジャンボ宝くじはそんな感じのルーティーンをしていますが、私は、スクラッチも時々買います。

スクラッチは、同じ宝くじ売り場では購入していなくて、自分にとってしんどかった事が続いた時に、思いのままに購入します。

運試しに近いですが、当たったら、しんどかったけどチャラ、という事にして、当たらなかったら、まだまだ行ける!と思って次の日につなげます。

スクラッチの方は努力とは少し違いますが、こういう買い方も縁だと思っています。

当たると依存症になってしまいますよ

私はpeluve8246と言います。

宝くじ歴40年以上になり3.000円で10枚バラと余裕のある時は後10枚連番で買います。

当時は東京都の宝くじが10枚で1.000円だったので殆どが1.000円で週に2回程買っていました。

年末ジャンボが終わり初夢宝くじ10枚2.000円で発売していたのですが、渋谷のハチ公前の宝くじ売り場で通りかかったので10枚購入しました。

それが高額当選して、宝くじの虜になってしまい、買い方の金額も増えてしまいました。

当選して1年経ちその間に3.000円は数えきれない程の当選、1万円、10万円が2回当選しましたがいずれも忘れた頃にポツンと当たるので、何と無く当たっている感じがしていました。

翌年の初夢宝くじを同じハチ公前の同じ場所で10枚買い期待しながら待ちました。

するとまたしても高額当選をしてしまい、此れは何か在るのではないかと思う様になり、その時の心境や、買い方、買ったら何処に入れるのかなど気にする様になりました。

しかし、これを最後に殆ど当選する事も無くなり、1年で当選した分以上に買い続けたのです。

依存症の様な感じでした。

買って絶えず持っていないと気が済まないのです。

とにかく色々な事をやっていました。

タンスの上に置いて置くとか冷蔵庫の中に入れて置くとか。

全て無駄でした。

一番当選した時の感覚では無視をする事でした。

買って直ぐバックの底に放り投げて忘れる事です。

そう言えば買っていたなと思うのです。

以降は全く当選しません。

最近ではナンバーズ3,4を買い始めました。

ナンバーズ4は中々当たりませんが、ナンバーズ3では年間20万円前後当選しています。

当選を両替に行くと宝くじを買う事にしていますが、宝くじは当選を待つのみなのに対してナンバーズは自力で番号を書くので段々ナンバーズの方に力を入れていくようになってしまいました。

普通の宝くじは当たらない様な気がしています。

でも、サマー、年末、東京都は買っていますが以前の習慣で置く場所などは意識して置き待ちをしています。

当たると言う難波駅で買うようにしている

ペンネーム、アッシュです。

宝くじ歴は、年に三回ぐらいは買います。

枚数は、そのときに当たりそうと言う気がしたときには少し枚数を増やしたりするときもあります。

宝くじを当てるために努力していることは、いろいろと試した事ごがあります。

前に、家の近所と言うか、一億円が当たったと言うところを聞いたことがあり、そこの売り場まで買いに行ったことがありました。

難波駅か、岸和田駅で買ったことがありたす。

でかでかと、旗みたいなものや、貼り紙がされていて、もしかしてと思い多目に買ったキオクガあります。

他にも、過去に高額当選したと聞くと当たるような気がして、その売り場で購入したりもしました。

当たった人の、運にあやかりたい気持ちもあり思わずそこに行ってしまいます。

あと、テレビなどで見た宝くじが当たりやすい、当たった人がお参りに行くと言う人がいたので、その人に頼んで神社でお参りしてもらったこともありました。

もちろん自分で行った方がいいのは分かっていたのですが、遠くて行けなくて、でも少しでも当たるようになればいいかなと思い、頼んだことがありました。

他には、金運が上がるようにと財布には金色の紙を入れています。

何か運が上がることをした方がいいと思い、調べて金色の物を財布に入れると幸運が訪れると聞き、ずっと大事に財布に入れています。

他にも、財布の中のお札はきちんと揃えて、なおかつ下向きに入れておくといいと聞きしています。

とにかく、開運、金運にいいと聞くとどれかは効くかなと思い試してしまいます。

何もしないよりはいいかなとも思っています。

もともとあまりくじ運がよくないこともあり、自分自身の運は悪いと思っています。

なので、人の幸運にあやかりたいと思ってしまいます。

他にもいいかなと思うものは何でも取り入れていきたいと思っています。

よく宝くじが当たるというかたが、宝くじを買ったあとに、静かなところにきれいな封筒にいるて保管していると聞き今はそれを実行中です。

何が効くのかわからないかので、いいかなと思うものは取り入れていきたいと思っています。

確率は自分の力で、運は神様、あとは数打ちゃ当たる!

ともちん、42歳、宝くじ歴5年です。

そろそろ老後を考え始める年齢になり宝くじで一気に老後を明るくしようと買い始めました。

とはいえ、やみくもに買ってもそんな簡単に当たるものではないというのは十分にわかっていますので、できる限り当たる確率を高めるために自分でできることしっかりとやり、そしてあとは神頼みで運を天に任せます。

まずは、宝くじ売り場に当たりがなければ全部買い占めても当たりません。

とはいっても、私は毎回ジャンボとつくものを30枚しか買いませんが。

小さな宝くじ売り場では発売枚数も少なく、絶対に当たりはないとはいいませんが、確率的に低くなりますので小さな宝くじ売り場では買いません。

大きな宝くじ売り場で買うようにしてますし、年末ジャンボでは特別に発売する場所も設けられますので、年末ジャンボは必ずそこで買うようにしています。

まずは、当たりがある確率が高い発売所で買うこと。

そして、ここからはもう験担ぎです。

残り物には福があるということわざがあるように、いつもできるだけ発売締切日に近い日に買うようにしています。

なぜ最終日に買わないかというと、年末ジャンボなんかは特別の発売所が設けられるので、売り切れることなんかはありませんが、それ以外だと売り切れたりするのではないかと思うからです。

そして、買った宝くじにすることが最後に1つあります。

それは、いつも初詣いったときに破魔矢を買って家の玄関の上に飾るのですが、その破魔矢の先に宝くじをおくことです。

矢が当たる、矢が当たりに刺さるという思いです。

しかも、神社とかで買ってきた神様の力が宿った矢なので、見事に当たりに的中してくれると信じて。

家に来客があったときに見られるのは恥ずかしいので、宝くじは白い紙に包んで置いています。

白い紙もなにか神聖なイメージがあるからですが。

とはいえ、いまだに的中はしておらず
矢は的には刺さりません。

まだ5年ほどなので、定年まではまだあります。

神様のことをバカにするわけではありませんが、下手な鉄砲数打ちゃ当たるというように、破魔矢もジャンボの数だけ打てばそのうち当たるでしょう。

私が宝くじを当てるためにしていること

私はアラフォーの主婦です。

学生の頃から宝くじを購入することが好きで、今でも年に20回以上は購入しています。

前にテレビで宝くじに当たりやすい星座について放送されていて、自分は当たりやすい星座というのもあり自分に宝くじは趣味として合っているような気がして買い続けています。

自分がよく購入する宝くじはロトとナンバーズです。

最近ではネットで購入することもあり、手軽に買うことができるので売り場に行かなくてもよくなったので楽だと思います。

売り場で購入するときは、入り口が広くて明るいところや販売員の愛想がよいところで買うようにしています。

実際に売り場は宝くじを当てるために大切なポイントのような気がしています。

前に入り口が明るくて広め、それで販売員の女性がとても愛想がよくずっと笑顔で対応してくれて感じがいいなと思ったところで購入したナンバーズが当たったことがあります。

それ以降、売り場で宝くじを購入する時はその売り場に行って買うようにしています。

これまでで高額当選はまだないですが、ロト6の4等が購入する度に当たった時期がありました。

良いと感じた売り場のおかげだったのかと思っていますが、そのほかにも宝くじを当てるために自分がしていたことは水回りの清掃と、つらいことがあってもひたすら耐えることでした。

前に宝くじに関する本を読んでいた時に、金運は水回りをきれいにすると上がると書いてありそれを読んでからは特にトイレをきれいにするようにしています。

外出先のトイレがもし汚れていたらそっと掃除をするように心がけたり、自宅のトイレも常に汚れていないかチェックをして、宝くじを購入する前日や当日はいつもよりも念入りに掃除するようにしています。

不思議と水回りの掃除をこまめにすることを心掛けていたら、宝くじが当たりやすくなっていることに気付きました。

そのほか、これはテレビで見たことだったと思うのですがいやなことがあった時に宝くじを買うと当たりやすいというのを知って、

それからは何かつらいことがあった時にいつもよりも多めに宝くじを買うようにしています。

すぐに効果は出ませんでしたが、何かつらいことが起きても感情的にならずじっと耐えてそのいやなことが過ぎるのを待つように、自分の心を鍛えるつもりで何があっても極力冷静でいることを心掛けているうちにロト6の4等を毎週当てるようになったり、最近では一週間にミニロト、ナンバーズ3、ロト7が三日続けて当たり総額3万円近くゲットしました。

欲のない子供と一緒に買うようにしている

宝くじ歴10年のミコです。

サマージャンボと年末ジャンボは毎年必ず買っています。

子供が生まれる前は、近くの高額当選が過去に出た売り場で買っていたのですが、子供が生まれて大きくなってからは一緒に買いに行くようになりました。

それには理由があって「宝くじは欲があっては当選しにくいのでは」と考えるようになったからです。

よくテレビなど当たった人のストーリーを見ると、強く「当てたい」と願っている人も中にはいますが大抵は「買ったことを忘れていた」という人が多く、無欲であればあるほど当たるイメージが強かったからです。

中には番号を確認することすら忘れていたというエピソードもあったくらいです。

確かに私の子供の頃の事を思い出してみてそうでした。

当時小学5年生だった私は、買い物のついでにと宝くじを1枚だけバラで母と一緒に買いにいったのですが、そのたった1枚で数千円が当たったのです。

その頃の私は無欲で、もちろん宝くじが当たるなんて思ってもみませんでした。

ただ母が「買ってみようか」といったので買っただけです。

それから大人になり、自分で宝くじを買う時は「当たって欲しい」と思うようになりましたが、買ったくじは当選番号にかすりもしませんでした。

そこで、高額当選が出た売り場に子供を連れて一緒に買う事にしました。

欲のない子と一緒にいれば当たるのではないかと希望をもってのことです。

その肝心の効果ですが、実は今のところあまり感じていません。

一度だけ数千円当選したことがありますが、買った値段の元を取っただけで自分の利益となるほどの額ではありませんでした。

いくら欲のない子供と一緒に買いにいったところで、「当たって」と強く思っている私が隣にいると当たりにくいのかなあ、なんて思っています。

やっぱり宝くじは運によるところが大きい様な気がします、これからも私は子供を連れて「当たったら嬉しい」と思いながら宝くじを買うことでしょう。

私が宝くじを当てるためにしている3つの努力とは?

宝くじが当たったら、人生が変わりそうですよね。

私は、お金持ちになって、たくさん旅行に行きたいと思っています。

そんな私が宝くじを当てるためにしていることの1つ目は、高額当選者がよく出る売り場に買いに行くことです。

家から少し遠いのですが、サマージャンボや年末ジャンボのときは、その売り場まで買いに行きます。

やっぱり、高額当選者が出る売り場って、本当にすごくて、何回も高額当選者が出るんです。

幸運をもたらす売り場って存在するみたいです。

幸運にあやかりたくて、宝くじを遠い売り場まで買いに行っています。

2つ目は、サマージャンボや年末ジャンボのときは、気合いをいれて、30枚以上宝くじを買うようにしています。

たくさん買えば買うほど、当たる確率は、上がるので、できるだけたくさん買うようにしています。

本当は、たくさん宝くじを買い占めたいですが、お金の問題もあるので、30枚程度しか買えません。

近くのコンビニの店員さんは、お店で販売していた宝くじの残りを自分で買い取りしたら、1等が当たったと噂になっていました。

やっぱりたくさん宝くじを買うと当たるんだなーと思いました。

うらやましいです。

3つ目は、買ってきた宝くじを縁起のよい黄色の袋に入れておくようにしていることです。

黄色は、金運アップの色だから、金運を引き寄せてくれるかなーと期待しています。

金運を引き寄せて宝くじが当たるとよいなーと思っています。

宝くじは、当選発表の日まで黄色の袋に入れて大切に保管するようにしています。

私が宝くじを当てるために努力していることを紹介しました。

サマージャンボや年末ジャンボは、当選者の人数も多くて期待できますよね。

当たることを夢みて頑張っていきたいと思います。

私の周りで当たった人も実際にいて本当にうらやましいです。

当たったら、人生が変わって、いろいろなことができそうです。

みなさんも宝くじを当てる努力をして宝くじを当てていきましょう。

億万長者になっちゃいましょう。

準備段階。

縁起担ぎは重要

はじめまして。

kaakaosmと申します。

宝くじは年2~5回程購入してます。

大体10年~20年ほど購入してます。

「準備をしている」段階です。

子供のころに、父の宝くじが10万円あたったのが最高額で、それ以降なかなか当たらないので、いつか当たるために今は準備をしています。

当たると評判の宝くじ売り場で買ってみたり、ふと目にした宝くじ売り場で購入してみたり。

キャッシュコーナーで購入してみたりしてます。

感覚的には、やはり当たると評判の宝くじ売り場がまたチャンスがある気配がします。

今年は、ついに金持神社へ参拝にいきました。

以前使用していた財布をお焚き上げしていただき、「金の素」という品を送っていただいたので、宝くじが当たるチャンスはこれからだと確信しています。

とにかく、買わないことには当たらないので、買おうと思い立った時に買うようにしてみたり、縁起が良い日に購入してみたりしてます。

明確な使い道も書き出してみたりもして、現実的に考えれる方法を試したこともあります。

高額当選した人の確率を調べてみたり、当選した人がおこなってたことを真似してみたり、とネットで情報を得たりもしてます。

知人はロトやナンバーズで少額を当ててると聞いたので、やはりここは一発逆転よりコツコツと当てに行く方法をとって、流れをつかめたらと思考中です。

キャッシュコーナーは便利です。

宝くじ売り場は限られた場所にしかないですが、キャッシュコーナーは
店舗数が多いので購入しやすいですし、当たれば口座に振り込まれるので手間が省けて一石二鳥です。

ネットでも購入できるようになったので、次はネット購入もチャレンジしてみたいと思ってます。

やはり、勝負するときは当たる宝くじ売り場に限るのではないでしょうか。

家から車で1時間かかる場所にあるのですが、スクラッチ1枚購入したときに200円が当たったから1/10の確率で当たった高確率が素晴らしいです。

高額当選をした方から聞いたことを実践しています

私はよしと申します。

41歳でして、宝くじ購入歴は20年です。

現状からしますと、高額当選は当たっていませんが、
最高金額は1万です。

年に2回以上購入しています。

年末ジャンボとサマージャンボの時は絶対に購入しますが、
それ以外でも買いたいときに購入するようにしています。

高額当選(1億円)をした方が会社にいまして、その方に聞いたことを約10年実践しておりますので、それを書きたいと思います。

当たれば良いのですが、なかなか当たらないのが実情です・・・。

枚数は最低30枚から買うようにしています。

30枚の内訳ですが、バラ10枚・連番20枚です。

なぜ上記が良いのかわかりませんが、話を聞くと、この理由はわかりませんが、上記のパターンで購入すると、良いとの事です。

同じ売り場で買い続けることをお勧めします。

恋愛と同様に、浮気をするのはダメで
様々な売り場で購入するのは運気を下げてしまい
良くないようです。

思いが届くのが、同じ売り場との事です。

何かいいことがあった時に買うようにしています。

私が購入する時は、夏と冬のボーナスが支給されたとき
に購入しています。

いいことといいますと、やっぱり懐が温かくなった時ではないかとのことです。

購入した宝くじは机の引き出しに入れて保管をします。

私は佐賀県にある宝当神社で購入した袋に入れて保管しています
その結果、約9000円当たったことがあります。

購入して生まれて初めて、収支は0ですが当選した気持ちが
分かった時です。

宝くじの売り場ですが、
1番売り場で購入するのが良いとされていますが
実際はそんなことはなく、どの売り場でもOKです。

後、日刊スポーツの占いで賭け事が二重丸の時に
購入するようにしています。

9000円当たった時は、上記の占いが二重丸でした。

購入する際ですが、きっちり買いに行くぞという雰囲気ではなく、たまたま買いに来たというような気持で、買った方が良いとのことです。

なかなか当たらないのが実情ですが、これからも続けていきたいと思います

いつか、宝くじで当たって、のんびり暮らしたい

私は宝くじをあてるためにやっている努力というのは、節約です。

何のために、節約しているかというと、宝くじを1枚でも多く買うための、このような努力をしています。

私は、宝くじの当選のメカニズムから考えて、買う購入数に比例するとかんげています。

夢のない話になりますが、これが現実だとおもっています。

あまり、買う場所はきにしていないです。

どこでも同じだと思っているからです。

また、モチベーションを維持するために、全部バラ売りです。

全部1枚1枚みます。

これが楽しいのです。

連番ですと、知っていると思いますが、当たっているかどうかは、見ればすぐわかります。

これでは、味気ないので、1枚1枚みます。

本当は、時間効率を考えれば、当選を知らないるというのは、かなり時間を無駄にしている行為だとおもっているのですが、こちらのほうが、節約や、仕事に気合がはいりますので、こうやっております。

年間60万ほど、宝くじを買います。

今まであったのは最高で100万円ほどです。

今まで費やした、お金にくらべれば、少ないですが、いつの日か大当たりをねらって、仕事やめて、のんびりしたいです。

節約は、いたってシンプルです。

まずは、家賃ですね、安いとこすんでいます。

山梨県はアパートが、わりときれいで、2万円以下でたくさんあります。

東京だとそうはいきませんよね、また、毎月買うのもや、定期的に買うものは、ほとんど、アマゾンの定期便で注文しています。

安くなるので、お得です。

お米とかサプリメントとか、コーヒーとか日用雑貨なんて、定期便できます。

買いに行かなくて済むので、時間節約になります。

その分お金になる、副業とかできますので、後は、食料とかですね、近所のスーパーにやすいとこあるので、そこで買ってきます。

お風呂は冬以外はシャワーですね、全然ガス代違います。

電気も蛍光灯1こですね、水は基本料金内ですので、料金かわないので、全く節約してません。

こうやって、少しでもお金をためて、宝くじを1枚でも多く買うのが、私の宝くじを当てるコツになります。

私の宝くじ購入ルーティーン

はじめまして大阪府在住の沖田と申します。

私は20代に入ってすぐ親の影響でギャンブルにハマり
パチンコ・競馬経由したのちに宝くじに行き着き
それからはパチンコ・競馬につぎ込んでいたお金全てを
宝くじに当てています。

金額にすれば月に5万円ほど使っています。

宝くじの中でも種類は様々、毎日何かしらの宝くじが
抽選されるのでナンバーズ以外のものは全て毎週欠かさず
購入するようにしています。

まず週初めの「ロト6」
確率的に期待できないため
毎回クイックピックで2口のみ。

翌日火曜日には一等の額が少ないものの
期待が膨らむ「ミニロト」
これは毎週1000円分購入し
5人家族なので全員の誕生日の日にちを選んで買う分と
残り4口はクイックピックで購入します。

水曜日の「ビンゴ5」はあまり期待していないため
クイックピックで2口

木曜日の「ロト6」もクイックピックで2口

金曜日には当選金額が大きいものの
圧倒的に一等が当たりにくい「ロト7」
これに関しては全く期待していないため
クイックピックで1口のみの購入です。

平日はこのような感じで適当に購入しがちなのですが
私が最も楽しみにしているのはサッカーくじ「toto」関連のものです。

土曜日の午前中に一等が出やすいということなので
そのタイミングで買うのはもちろんのこと、
それに加えラッキー7・サッカーは11人で行うスポーツなので
「セブンイレブン」で購入することを徹底しております。

「toto」の購入内訳は
BIGが3口
100円BIGが10口
miniBIGが10口
totoを1600円分といった感じです。

totoを購入する際は、レジに打ち出の小槌が置いていないので
特にその場で何をするわけでもないのですが、
宝くじ売り場には高確率で打ち出の小槌と招き猫が
設置されているので必ず打出の小槌を叩き、
招き猫の頭を撫でて高額当選をお祈りし、
店員さんにも丁寧にお礼をし、
神様にアピールしています。

しかし、今の所10万円を超える当選は未経験で
挫折寸前でございます。

運気を上げる様々な方法を試して毎回同じ店舗で購入している

ペンネーム「のんす」です。

私は毎年1回必ず宝くじを購入しています。

もうすでに10年目に突入しました・・・
今まで大きな当たりはありませんが、大きな損もありません(10000円買って7000円当たる、みたいな)
もちろん大きな金額を購入しないこともあるんですが・・・

ただ昔から同じ売り場で母親と一緒に買う、というのは変えていません。

同じ場所で買うことで何だか「そろそろ当ててやるか」なんて神様が見ていないかなとか思ったり(笑)
もちろん会社の近くで利便性が良いのもありますが・・・
それに自分が買わなかった年に限って、いつものお店で大きな金額が出たら悔しいですしね。

いつも買うお店で大きな金額が出た、と聞いたことはないのですが、何だかそれも穴場な感じがしています。

母親を連れていくのは、母親も宝くじが好きなのと、母親は昔から運が強く、占いでも「お金に困らない」と言われたことがあるので、それを信じて・・・という感じです。

母親は、宝くじ購入の日には身だしなみまで整えていますよ。

汚らしいと運気が逃げる!と話していました。

そして宝くじを買いに行く日には、家にある仏壇を綺麗にして母親と一緒にお祈りをしています。

神頼み・・・仏頼み・・・というわけではありませんが・・・ゲン担ぎですね。

購入した宝くじも仏壇を置いてある台の引き出しに、綺麗に布で包んで保管してあります。

なんだか大事に扱ったほうが、運気があがるような気がしています。

結果発表の日までは毎日手を合わせるようにしています。

そしてもう一つ気を付けているのが、換気をすると運気が上がる、というのを聞いたことがあるので、購入する日は部屋中換気をするようにしています(笑)
天気が良ければ布団も干し、掃除をして部屋中の空気を入れ替えてから行きます。

少しでも運気を上げることで、いつか大当たり!を夢見ています。

行っている工夫の特徴としては「運気を上げる」ですね。

やはり宝くじは運によるところも大きいと思うので、運気を上げるために良いことを行い、宝くじを買いに行く、ということを行っています。

宝くじは大阪駅前第4ビルの前に出来る特設売り場で買ってます!

ちるるんと言います。

宝くじ歴は20年程。

年に3回くらいは宝くじを購入します。

年末ジャンボ宝くじは必ず買います。

額が一番大きいので!

あとは、グリーンジャンボや、バレンタインの時など。

サマージャンボも買う時があります。

宝くじが当たるためにやっていること。

まず、購入場所は大阪駅前第4ビルの前に出来る宝くじの特設会場です。

父がずっとここで購入していて、おススメされたのがキッカケです。

特設会場なので、窓口も沢山あります!10個くらいの窓口はあったかと思います。

そして、いつも必ず右から1番目、もしくは2番目の窓口で購入します。

これは父からの助言で、この2つの窓口で購入すると当たりやすいのだとか…。

父はこの窓口指定方法で毎年3000円(バラ30枚)は当ててます。

私も購入枚数は30枚くらいです。

私もこの窓口でなるべく購入しようと思っていますが、なぜか右側のこの2つの窓口はいつも行列です…本当に何かあるのかもしれません。

他の購入場所は、阪急梅田駅の中央改札2階にあるみずほ銀行の横の売り場です。

ここはいつも笑顔のお姉さんが販売されているので、笑顔の方から購入したら、運がつきそうで、買う時もあります。

家でやっていることは、金運が良くなるというトイレ掃除を毎日やっています。

そして、購入した宝くじは和風の綺麗な封筒に入れて、トイレの物置にそっと置いています。

開運方法として、トイレのフタを閉める、玄関を綺麗にする。

玄関は家に帰ってきた時に、履いた靴を、靴箱に入れるようになりました。

すぐ履けるスリッパのみ一足出して、他の靴は全て靴箱に入れるようにしています。

靴を出していると、靴についた外からの邪気が家に入り込むので、靴箱にしまいます。

玄関がスッキリして、いい空気の流れが作られると、気持ちもいいですし、運気が上がる感じがします!

あと財布にお札を入れる時は、逆さまに向けて入れています!すぐ出て行かないように?何かで知ったので、下向きに入れています。

こんなところです!

2回高額当選を果たした知り合いの真似をして宝くじを購入している

私は47歳の男性で、ペンネームは”ゴレさん”と申します。

宝くじ購入歴は現在で10年程で、一度の宝くじ購入平均金額は3万円程です。

それ以前は宝くじを購入してなかったんですが、知り合いの影響を受けて宝くじを購入するようになりました。

私に影響を与えた知り合いは、宝くじの高額当選(1億以上)を二回果たしたんです。

この話を聞くまでは宝くじなんて買っても当たらないものだと思って購入してませんでした。

ですので47歳という年齢の割りに宝くじ購入歴は10年しかないんですよね。

知り合いが宝くじ当選した事により、自分にもチャンスがあるかも?と思うようになって宝くじ購入を始めました。

最初の1.2年は何も考えず適当に宝くじを購入してました。

この頃の購入金額は1万円程度です。

残念ながらまったく当たらず。

あまりにも当たらない為、知り合いの真似をして購入するようになりました。

まず最初に真似をしたのは、購入店舗。

どこで買っても同じだろうと思って購入店舗なんて気にしてませんでした。

でも知り合いは必ず特定の店舗で購入してると聞き、私も知り合いが購入してる店舗で宝くじをを購入するように。

その店舗は知り合いだけでなく他にも高額当選者がいるという店舗でしたので、そういう不思議な力みたいなのがあるかもな~と思ったんです。

次に購入金額も真似しました。

それまで私の宝くじ購入予算は1万円程度だったのですが、知り合いは3万円分購入してました。

さすがに1万円では不足気味かもと思ってましたし、知り合いと同額購入するようにしました。

次に財布の買い替え。

それまで風水では金運アップに効果があるとされる黄色の財布を持ってたんですが、知り合いの真似をして黒い財布にしました。

これは知り合いだけでなく、お金持ちの知り合いはみんな黒色の財布を持ってたいうのも後押ししてくれました。

知り合いの真似をして、同じ購入店舗、同じ購入金額、同色の財布にしたわけです。

その結果大当たりはないまでも、最高で10万円の当選を果たしました。

それまでは参加賞的な6.7等しか当たったことがなかったので、嬉しかったですね。

当分は知り合いの真似をして購入を続けるつもりです。

京都屈指の金運の神様、御金神社の福財布とイチョウの葉で金運UP!

40代主婦のハナコと申します。

宝くじ歴は約10年くらいになります。

季節ごとやイベントなどの際に、年に6回くらい、宝くじを10~20枚くらい購入しています。

元々は母親が宝くじやスクラッチが好きで、たびたび購入しては少額ですがよく当たっているのを目の当たりにして、自分も買おうと思ったのがキッカケでした。

当選金額はまだ自慢できるものではありません。

おそらく千円程度でしょうか。

でも何事も続けなければ当たらないと信じて今も買い続けています。

ささやかなことですが、宝くじを当てるために私が実践していることをご紹介したいと思います。

まず購入店舗ですが、私は西向きの店舗で買うようにしています。

金運は西からやってくるとよく聞きますので、西向きの店舗はそのパワーを取り込んでいそうな気がします。

また実際に高額当選があった店舗を選ぶようにしています。

買う枚数ですが、たくさん買わずに、バラ10枚、連番10枚の20枚のみにしています。

金銭的に負担にならないようにするのも、長く続けるポイントかもしれません。

そして、バラは当選結果を見る楽しさもあります。

購入した宝くじを家でどのように保管するか。

その前に、家の中は比較的いつもキレイにするようにしています。

金運も大切ですが、家の中が片付いていると、他の運も良くなるような気がして心掛けています。

保管場所は、本当は西側の部屋がいいのでしょうけど、あいにくちょうど良い場所がないため、リビングの棚に置いています。

以前は「運がつきますように」とトイレに置いていましたが、今はリビングの棚に御朱印や色々な神社のお守りが置いてあるちょっとした神棚的な場所になっているので、そこに置くようにしています。

保管する際、とっておきのアイテムがあります。

京都の「御金神社」で購入した「福財布」の中に購入した宝くじを入れます。

御金神社は京都でも屈指のパワースポットで、金運の神様として知られている場所です。

そこのご神木であるイチョウの木から落ちたイチョウの葉を、福財布に入れ更に金運アップを願います。

やはり最後は神頼みになりますね。

まだまだ効果はこれからですが、こんな感じで続けていき、いつか高額当選できたらいいなと思います。

自己流の開運術を行っている

ペンネームまさといいます。

宝くじ歴は、15年くらいになります。

学生の頃に買い始めて、社会人になってからも継続して購入しているという感じです。

年間に、平均して3回程度買います。

年末ジャンボは必ず購入しています。

自分のやっている開運方法についてですが、まずは、良く当たりの出ているところで購入するということはしています。

東京なのですが、銀座のある場所にある宝くじ売り場は、沢山の当選者が出ているのでそこから購入することにしています。

さらには、宝くじの神社があるので、毎年1回は、その神社にお参りにすることにしています。

これまで、50回くらいは、宝くじを購入しているのですが、最高10万を3回くらい当てています。

まあまあ確率としては、高いほうなんじゃないかなと思っています。

さらには、金運アップをすることができる個人セッションというものがあったので、そちらも受けることにしました。

DNAアクティベーションというもので、1万⑤000円くらいで受けることができたのですが、運が良くなるようなことを言っていたので受けてみることにしました。

最近2年間は、大当たりが無いので、そろそろ出るんじゃないかなと思っています。

また、金運をアップさせるという財布ももちろん購入しました。

その中に、言われたのが、お札を沢山入れておくといいということを言われたので、お金を全て1000円札にして、大量に持ち歩くということをしています。

おかげで財布は、パンパンな状態になっています。

それだけで、お金を沢山もっているような感覚になっています。

また、始めに10万円を当てたときは、前の日がカレーだったので、ジンクスとしてカレーを食べるようにしています。

購入する日を決めて、その前の日は、カレーを食べるようにしています。

他の2回とも、もちろんカレーを食べた次の日に当たっているので、それなりに効果があるのではないかなと思っています。

これからも食べ続けようと思います。

ジャンボ宝くじ当選には必勝法はない?

宝くじ歴20年位で。

ジャンボは年末は多めに買いますが、それ以外のジャンボは10枚程度です。

普段はビンゴ5やスクラッチを主に買っています。

必勝法ではありませんが、ジャンボ宝くじは大阪の駅前第4ビルのジャンボ専用特設売り場で買うことが多いのですが、売れる枚数が半端ではないので当選数が多いというのは一目瞭然なので、少しだけし買わなくなりました。

その代り、WEBで売り場別の大まかな当選本数が出るサイトをたまたま見つけたので、本数の割に売り上げが少なそうな売り場を選んで、そちら方面に出かけることがあれば買うようになりました。

実際にはあまり効果があったわけではないのですが、何となく統計学的に当たるような気がしますよね。

梅田の売り場には、「大安」や「一粒万倍日」等の縁起がいい日に幟が上がります。

通りがかって幟が出てれば買うようにしてます。

特に二つ以上が重なる日があって、その時はお客さんも多いので、当選者も多く出やすくなってるような気がします。

ジャンボ以外はビンゴ5を主に買っています。

前回までの出目をみて、連続している番号は避けるようにしています。

10回以上連続で出ていない数字があれば1つは入れるようにしています。

横の列の数字を奇数と偶数ばかりにせず、奇数・偶数・偶数とか奇数・偶数・奇数とかの組み合わせにしています。

また売場に向かう直前に目に入った数字を入れます。

電車の番号やナンバープレート、時間などです。

ただこれらを実践してますが、ビンゴ5に関しては最高5等くらいしか当たったことはありません。

さらに研究が必要なのかもしれません。

ジャンボは都会の売り場の方が当たりが多いです。

ジャンボは売上げ数=当選本数に繋がりますので、どうしても大規模な売り場の方が有利になりますが、これは感じ方で、実際には統計学的な事実です。

だからどこで買っても当たるときはどこで買っても当たるはずなのですが、やはり人情、当選数が多い方へ行ってしまいます。

一方、ロトやビンゴ5などは全国的バラバラになっています。

多分精査すれば若干の偏りが出るかもしれませんが、どんな数字を選ぶかの方が重要なようです。

まもなくジャンボくじが発売されますよね。

当選が連続する小規模売場を見付けたら買ってみても面白いかもしれませんね。

宝くじの買い方は自分への納得感が重要

35歳、会社員をやっていますやさたかと申します。

宝くじは大学生のころ、友人3人と3万円分を共同購入したことをきっかけに、こつこつと毎年買っています。

主に買っているのは、サマージャンボと年末ジャンボとなり、それぞれ3万円ずつ程度買っています。

これまでの当選結果としては、平均で3000円、最大で10万円ほどあたったことがあり、ときどきうれしい思いをするといった感じです。

どちらかというと、当たればラッキーという感覚を忘れずに買い続けられているため今のところは楽しんで宝くじ生活を送っています。

とはいいつつ、やはり少しでも当選する確率を上げたいというのが本音のところでして、ついつい週刊づいてやっている取り組みを紹介します。

まず私が行っているのは、購入する宝くじのうち一部は、毎回同じチャンスセンターで買うということです。

私の場合は最寄り駅近くの一番よく通るチャンスセンターです。

ここは私は初めて宝くじを買った場所でもあり、今まで必ず買い続けている場所とも言えます。

これは一種のゲン担ぎでして、なんとなく当たらないからと買う場所のせいにしないという姿勢の表れ、と自分で整理しています。

もし買う場所を変えてしまうと浮気したような気持になり、二度と当たらなくなるような気がしてならないのです。

次の取り決めは、とにかく歩いていて宝くじ売り場が目に付いた場合は、自分の財布の中身と相談して無理のない範囲で購入していくということです。

買う金額を設定しないという点がポイントでして、お金がないときには買わないという選択肢もよくあります。

これは、自分自身で買う買わないを決め切ったという責任感にもつながり、当たったときは純粋にうれしいですし、当たらなくとも自分の選択は間違っていなかったを納得できるということがポイントです。

改めて整理すると、宝くじが当たるための取り組みとしては「長く続ける」とうことで、そのためには自分に納得感がある買い方をするのが重要であるかと感じています。

宝くじを当てるために自宅周辺の複数の売り場で宝くじを購入して当選番号発表まで自宅の神棚に置いています

私は現在27歳の会社員なのですが実は宝くじをよく購入していて、いつか1等が当たることを夢見ています。

そんな宝くじに関して少しでも当選する確率が上がったらと思いやっていることがあるので、今回は具体的にどんなことをしているのかについて書きたいと思います。

私が宝くじを当てるためにやっていることはいくつかあるのですが、例えば私は宝くじを1箇所で購入するのではなくて複数の売り場で購入するようにしています。

以前は高額当選が出た売り場に行って宝くじを購入するようにしていたのですが、ずっと続けてみても全く当たることはありませんでした。

そのため高額当選が出た売り場で買っても意味ないと感じるようになり、あんまりこだわっても仕方ないと考えるようになっていきました。

また高額当選が出た売り場には必然的にたくさん人が来るので、そういったところを狙っても逆に当たりづらいんじゃないかと何となく思いました。

そういった中で結局は複数の売り場で買った方が当たりやすいんじゃないかと思ったので、それからは3~4箇所くらいの売り場をハシゴして宝くじを買うようにしました。

それに加えて少しでも宝くじが当選する確率を高めるために、意味があるかは分かりませんが神頼みするようにしています。

具体的には購入した宝くじは当選番号が発表されるまで神棚のところに置いておいて、毎日神棚と宝くじにお祈りするようにしています。

そういった努力をしばらく続けていたところ、効果があったかは分かりませんが少し当たりやすくなったような気はしています。

以前は本当に宝くじに当たった試しがなかったのですが、現在やっていることを初めてから2回ほど10万円を当てることができました。

まだ高額当選を達成することはできていないのですが、何もしないより何かをした方が絶対に良いと思っているので、今後も現在やっている努力を続けながら高額当選を目指して宝くじを買い続けていくつもりです。

宝くじ祈願!毎年、佐賀県唐津市の宝当神社にお参り!

神奈川県に住んでいるバイク乗りとうちゃんと言います。

宝くじ歴、もうかれこれ30年くらいになりますね。

基本的に1年の中で発売されるジャンボ宝くじの購入は必須というルールにしています。

そのほか、気持ちが乗った時、そしてたまたま通りかかった宝くじ売り場でここ、当たりそうじゃね?と思える所があるとこまめに買うようにしています。

そんな私の宝くじ開運方法、それは毎年、佐賀県唐津市の宝当神社にお参りする事です。

この宝当神社、名前のとおりかなりご利益がある神社なんですよ。

ここをお参りした人の中からはもちろん宝くじの高額当選者が続出しています。

私は以前、福岡県に住んでいて、当時からこの宝当神社は宝くじ当選にご利益があるとして、地元の人の間でもとても評判でした。

宝当神社は唐津市の高島という島にあります。

唐津から15分ほどの船に乗っていくんですが、ジャンボ宝くじが発売される時期はもう当選祈願の人で船はいっぱいです。

私もそんな人たちに混じって高島の宝当神社に年一回、旅行をかねてお参りに行ってるんです。

高島に船が着くと、島は宝くじ当選祈願をする人たちを温かく迎えるムードが満点です。

もうその時点でなんだか本当に宝くじが当たるような気分になっちゃいます。

神社はそれほど大きくはないのですが、こちらにお参りをして本当に高額当選をした人たちのお礼の手紙なんかが至る所に貼ってあります。

こんな光景を見ると、自分もつい期待せずにはいられませんよね。

肝心の私のご利益についてお話ししますが、残念ながらジャンボ宝くじはまだ、当選していないんです。

そう、まだなんです。

けれども「まだ」という言葉を使っている通り、私はいつかは必ず当たると自分でも信じています。

でも、ジャンボ宝くじでは高額当選はないんですが、他の当選金が当たるくじでは実は高額当選をした事があるんです。

これも毎年佐賀県唐津市まで当選祈願に行っている効果ですね。

きっと。

宝くじ必勝法~筆者が実践している開運方法~

初めましてsumichoです。

宝くじ歴は就職して今に至るまでの8年間
1年に20万位購入しております♪

ここでは8年間継続して行なっているジャンボ宝くじの買い方をご紹介させて頂きます。

【私が実践する宝くじの買い方】

・買い方 ①:売り場選び

私は必ず有名店で買います。

その理由は1つで『当たりやすい売り場はあると思うから』です。

普通に考えれば当たる確率はどこで買っても一緒だとそう思うと思います。

しかし世の中には高額当選が次々と出る売り場があるのもまた事実です。

「そんなのその売り場で買われる枚数が多いだけでしょ?」

と皆さん思いますが絶対それも事実だと思います。

ですが約1000万分の1がそう同じ売り場でコロコロ出るというのもまた不思議ですよね?

そんなこんなからあやふやな理由ではありますが私は有名店での購入をおすすめします♪

・買い方 ② :ちょっと変わった保管方法

テレビや雑誌では様々な宝くじの当たる保管方法など紹介されていますよね?
《例えば冷蔵庫の中、財布の中etc…》

私が今から紹介させて頂く保管方法もそんな少し変わった保管方法です♪

その保管場所は車の
『サンバイザーのカードホルダー』の中です。

よく駐車券などチケット類を保管するのに使用するところです。

宝くじもチケット?という感覚で買ったらすぐにそこにしまい当選発表までそのまま保管しています。

特に風水や特別な思い入れはこれといった無いのですが買い始めた当初からここにしまっており習慣になっています。

以上この紹介させて頂いた2つが私が宝くじを購入する際に行なっている開運方法です。

それでは今からこの上記の方法を行い出た今までの実績を書かせて頂きます。

【過去の実績】

・3等100万円 ・・・1回
・4等10万円 ・・・2回

と高額当選の100万円が年末ジャンボで1回、プチ高額当選の10万円が2回という結果です!

これは単に購入量が少し多いということもあるかもしれませんが…

しかしこの開運方法のお陰であることのような気がします!

いつも特に気にせず買っているということでしたら是非今回紹介させて頂いた方法を試してみて下さい♪

参考になるか分かりませんがご覧頂きありがとうございました!

運気を上げる方角へ行くだけの開運方法を試してみました

私は畜産業に携わる30代、牛津と申します。

真面目な性格を自負していながら、ギャンブルはそれなりに好きで、当たった時の興奮と快感が忘れられず適度に定期的に楽しんでいます。

競馬、競艇、パチンコ、でも一番は勿論宝くじです。

一番好きなジャンボ系を年に2回100枚購入しています。

しかし宝くじ歴は5年と短いです。

宝くじといえば、当たりやすい売り場がある、金運の上がる神社があるという話をよく耳にしますが、これらの方法を試して私の買った宝くじが当たった事はありませんでした。

宝くじが当たるかは運が全てだと思っています。

上記の方法を試して当たる確率が上がったかは誰にも分かりませんが、運気を上げるという方法をとるという点に対しては大きく同意したいです。

何もしないよりは安心感があります。

それに、宝くじ以外の部分でも運気が上がるなら得というものでしょう。

そこで私がとった運気の上がる方法は、吉方位というものでした。

2018年頃から興味を持ち、試してみたいと思ったのです。

吉方位とは、その日の自分にとって吉の気が巡っている方角に出向いて、その気を取りに行くという開運方法です。

距離が遠ければより運気が上がるそうです。

吉の気を取り入れる方法は、神社でお参り、お水取り、その土地の食べ物を食べたり、温泉に浸かる事です。

逆に運が悪くなる日と方角もあるので注意しなければなりません。

この方法のどういう点が良かったかと言いますと、旅行の計画を立てやすくなった事です。

日にちと方角が先に分かるので行先がまず決まります。

それから、神社と食事処と温泉を組み込むだけです。

旅行の体験を楽しみながら運気があげられる、一石二鳥の方法と言えるでしょう。

難点は人によって吉方位が変わるため、一人で旅行に行かなくてはならない点くらいですが。

試しに宝くじを買いに行くときも吉方位を気にして買いに行くようにしてみました。

私の吉方位が、仕事の無い日の南西方向に出ていた時に、そちらの方角の売り場を検索して購入しに行った事があります。

その日、神社でお参りもして、足湯に漬かって帰りました。

その時の宝くじが私の初めての当選であり、10万円が当選しました。

運が良い方ではない自覚は今まで十分あったのですが、初めて運が良いと思える体験出来たので、正直心が震えました。

他にも懸賞に当たるなどの運の良さを体験することもありましたが、宝くじとは関係ないためここでは書くのを控えておこうと思います。

開運は感謝の気持ちからはじまる

名駅前チャンスセンターでの奇跡

自分が勤めている会社の先輩が数百万円当たったことがある宝くじ売り場があり、そこで毎年年末ジャンボだけ買うことにしている。

実際、名駅前チャンスセンターは毎年億万長者を輩出しており、それにあやかって自分も買うことにしている。

ジャンボ宝くじを売り始めると名駅前チャンスセンターはたくさんのひとが列を並べる。

スターバックスが数年前に名鉄百貨店の一階にできたのだが、その列よりもはるかに多い人数が並ぶ。

昨今のタピオカブームにのっかった女子高生や女子大学生もびっくりの並びようである。

さて宝くじを当てるために努力していることであるが、自分自身がやっている方法としては、3つある。

まず第一に、最終日の夕方に並ぶ方法である。

それは、まさに会社の先輩がふらーっと宝くじ売り場に訪れて買い数百万円を手に入れたときとほぼ同じことがしたいからである。

彼の場合は年末ジャンボではなかったのでほぼ並ぶこともなく数百万円を手にしたのであるが、自分自身は年末ジャンボ一択なので必ず「並ぶ」という行為がかかせない。

しかし並ぶことが得意でないため、最終日の夕方に並ぶ方法をとっている。

次に財布をもっていかないということである。

現金をまねーくりぷに挟んで「現金よ。

おおきくなって戻ってこい」というきもちをこめて今までありがとうといって販売員さんに渡す。

そうすることによって現金は喜んでおおきくなって帰ってくる可能性が上がるのです。

宝くじを当てるためにやっている努力していることの最後に挙げられるのは、祈ることである。

毎日、神棚にむかって祈ることはもちろんのこと金運とつく名の神社にでむいて祈ったり、買ったところの販売員さんの幸せをいのったり、家族やつながっている仲間や会社の取引先の幸せを祈ることである。

感謝の気持ちを常にもって日々をすごしていると金運もこちらにやってくるのです。

結局のところどれだけ感謝して過ごしているかにつきるのではないかと思います。

地味な宝くじの楽しみかた

私は普段、ギャンブルは一切しません。

しかし、毎年、年末ジャンボだけは買っています。

とはいえ、バラで10枚だけです。

きっかけは会社の先輩から誘われたことでした。

私の勤務する会社は市役所を相手にする文房具店で、よく市役所には出入りしていました。

ある日、先輩と営業の途中で、地元の道の駅で食事を摂った時のことでした。

先輩が年末ジャンボを買っており、私も何気なく見ていました。

すると、先輩は言いました。

「当たると良い気持ちで新年を迎えられるし、外れても宝くじの4割くらいは地方自治体に入るから、宝くじが回り回ってオレたちの給料になるから、納得できるんだよ」

私は先輩の考え方に、不覚にも感動してしまいました。

それまでギャンブルは胴元が勝つようにできていると思っていたので、ほとんど手を出しませんでしたが、そういうことなら、買ってみようかなと思いました。

先輩に買い方を教えてもらい、バラを10枚買ってみることにしました。

結果は300円の当選です。

正直、微妙な結果でした。

しかし連番ではなく、バラで買って300円なら当たったことになります。

先輩の言う通り、私は何となく気持ち良く新年を迎えることができました。

それ以降、毎年バラで10枚買っています。

験を担ぎ、買い方や買う場所はずっと変えていません。

売り場の人とは顔見知りになってしまい、
「高額当選したら、ド派手に書くから、頑張ってね」
と、毎年のように励まされています。

しかし、最高当選額は、3年前の10000円です。

一等に比べれば、些末な金額ですが、私は不覚にも狂喜乱舞してしまいましたし、換金に行った時、売り場の人もとても喜んでくれました。

その年の正月はこの上ないくらい、清々しい気持ちを迎えられたことは言うまでもありません。

ネットなどでは、宝くじ攻略法など色々な情報がありますが、一切見ないようにしています。

今の買い方が私にとって最良だと信じるようにしています。

もちろん一等が当たって欲しいとは思っていますが、少額でも宝くじにまつわる出来事で幸せな気持ちになれるので、高望みをしなくても良いかなと思っています。

慌ただしい年末年始に、少しだけ幸せになれる年末ジャンボは、この先も同じ買い方を続けていくと思います。

年末ジャンボ宝くじを50枚ぐらい買って楽しんでいます

私が宝くじに興味を持ったのは、近くの宝くじ売り場で1等が出たからです。

看板が出ていたので、それを見た時にそうなんだと思ったのですが、その後に辛いことがありその時から宝くじを買うようになりました。

初めは、ストレス解消みたいな感じですね。

しかしそのことから始めたのですが、最終的に10年間買い続けていることになるのです。

私が買うのは、年末ジャンボ宝くじをです。

これは配当金が大きいのでそれにかけているのです。

それを買った時から、大きな夢を持つことにしています。

もしもあったたらどんなことをしようかとか、考えることがあります。

そのように考える時間がとても楽しいですね。

そしてその時間を楽しむことにしています。

それは不思議なことに、宝くじを買うようになり、ちょっとストレスが少なくなったと思うことがあります。

もしもの時のことを思って、仕事をやめることができるかも知れないと、そんな明るい気持ちになることができるからです。

夢を持つことが、いかに大切かということを実感しています。

そして私の場合は、願掛けとして近くの神社で行っています。

近くの神社は、小さいですがそこで行うことにより少しは違うのではないかと思うのです。

宝くじの願掛けの神社もあると思うのですが、そこまでは行くことがありません。

私の結果としては、なんと10万円が当たったことがあります。

それは、買うことをはじめて7年目ぐらいになり当たったのです。

もうやめようかなと思っていた時なんですね。

その事もあり、ますます当たるかも知れないという期待を持つようになりました。

周りの人たちは、いろいろなことをいって宝くじがこんなことをしたら当たる等といっています。

私も、縁起のよい財布にかえる、その方向に家をたてる、風水等で部屋作りをする等を実施しています。

すると、宝くじが当たるというよりも毎日の生活が楽しくなっています。

いろいろなことが、宝くじを買うことで活かされていると思うようになっています。

継続は力なり 小さな効果のあった開運法を、諦めず試し続けています

 Blatsと申します。

宝くじは年に4~5回、億円以上の当選額の際にだけ購入していて、かれこれ4年ほど買い続けています。

 さて、私の開運法ですが、極めて単純。

始めた開運法を、ひたすらに続ける、ということです。

 具体的には、1つの売り場で書い続ける、1つのアイテムを持ち続ける、1つの神社でのお参りを続ける、という感じでしょうか。

 駅の向こうの売り場で高額当選が出ようが、出張先で高額当選連続の売り場に出くわそうが、浮気をしてはいけません。

1つの売り場で書い続けるのです。

 普段は近所の売り場で買っているのに、気まぐれに有名な売り場でくじを購入したところ、その時に限って馴染みの売り場で高額当選が……なんてことがあったら、悔やんでも悔やみきれないと思いませんか?
 ええ。

私の実体験です。

まだ定期的にくじを買うほどではなかった頃にコレをやらかし、私は馴染みの売り場を信じ続けようと決めました。

 その結果、見事高額当選が……なんて都合のいいことは起きませんでしたが、1つの売り場を信じた結果、3000円の当たりが3回も続く、という程度の幸運は起きました。

 神頼みや験担ぎを信じる方ではなかったのですが……妄信的にこの開運法を信じてしまうようになるには、充分な根拠になり得ました。

 同じように、4年間、私は近所の神社へとお参りを欠かしていません。

そうすることでくじが当たる……というよりは、「お参りを欠かした結果、当たっていたはずのものが当たらないようになってしまうのでは」と考えているんですね。

 同様のものとして、私は同じ招き猫のキーホルダーを4年間持ち続けています。

金色に輝いていたメッキは剥がれ、全体は黒ずみ、もはや猫だか瓢箪だかわからないような有様ですが……私は、この継続という力を信じる心が、いずれ幸運を引き寄せてくれるのではないか、と信じています。

 などと色々と書かせていただきましたが、要は、色々な売り場や開運法を試してどれも的外れ、となるより、偶然に小さな幸運を拾った「1つの方法」を突き詰めていけば、より大きな幸運を拾えるのではないか、と考えているんです。

 やっぱりあっちの方が良かった、あちらの売り場で買えばよかった、などと一喜一憂するより、精神衛生的にもいいものだとは思いませんか?
 1つの売り場を信じ、そして継続的にくじを書い続ける。

 10年かかっても、20年かかっても。

それをひたすらに続けることが出来たなら、きっと大きな幸運はおのずと舞い降りてきてくれる。

私は、そう考えています。

埼玉県内屈指の売り場でロト7を購入

はじめまして、ペンネーム「おきおき」と申します。

私は大学時代から10年以上定期的に宝くじを購入しています。

初めはベタなところから年末ジャンボ宝くじをバラで数枚で購入。

その後、ナンバーズに流れたあと、最終的に行き着いたのはロト7でした。

自分で数字を選べるという点では、ナンバーズもロトも変わりませんが、個人的に何となくロトの方が予想するのが楽しいので、今はロト1本に絞っています。

1回で購入するのは3口900円までで、何種類も買うほど余裕がないというのが大きな理由ですが…。

購入場所は一番近所にある埼玉県のホームセンター脇の売り場です。

割と田舎の部類だと思いますが、ここは1億円以上の当選が複数出ており、数年前には「全国9位」という大きな垂れ幕が飾ってありました。

そのためか年末ジャンボ発売の時期には行列になることも。

家から1番近い売り場が県内でトップクラスの当たりを出しているなら、もう他の売り場に行く必要は無いなと思い、もはやこの売り場と心中する覚悟です。

ロト7は1~37までの数字から7個選び、全部当たると最大10億円のチャンスがある宝くじです。

1等が出なかった場合はキャリーオーバーとなり、私の場合はキャリーオーバーのタイミングでいつもより多目に買うようにしています。

週一回の抽選なので、日常の楽しみの一つとしてちょうど良い間隔ですね。

数字の選び方は、ここ数回の当選数字を確認してから直感で選んでいます。

たまに売り場で競馬のように予想をしている人を見かけますが、私も以前はそうでした。

考えたって一緒なのは重々分かっているのですが、まあ予想するのも楽しさの一部なんでしょうね。

ちなみに今までの当選で最高金額は、初めて買ったロト6で当たった約9500円です。

デビュー戦がピーク…。

定期的に購入し続けていると、年に1回ぐらいロト7の夢を見ることがあります。

「これは神のお告げだ」と言わんばかりに売り場へ駆け込み、夢で見た数字を選んで1000円が当たったこともありました。

次はもう少し気前のいい神様に来て欲しいですね。

宝くじ当選のために生活が変わりました

30代の宝くじ大好き主婦です。

夫婦揃って宝くじが好きで、月に一度は必ず宝くじを購入しています。

さっそく私が宝くじに当たるために行っていることをお話ししようと思います。

私は数年前から、「良いことをする」、「家を綺麗にする」のふたつを心がけています。

まずはひとつめの、「良いことをする」についてですが、「情けは人のためならず」という言葉があり、良いい行いは必ず巡り巡って自分の元に返ってきてくれると信じています。

「一日一善」「”徳”を積む」ことを目標に毎日を過ごしています。

小さなことでも日々良いことを行っていれば、きっと(高額)宝くじ当選!というカタチになって帰ってきてくれるはず…(これまでに、小さな当選はありましたがまだまだ…!)。

ふたつめの「家を綺麗にする」ということについては、近年の断捨離ブームから影響を受けて始めたものです。

すぐに周りに影響される私はブームに乗って家の断捨離を始めました。

すると家は片付いてスッキリ、気持ちもスッキリ、そしてついでにお財布は…実入りが良くなったのです!
実入りが良くなったなんて上手いことがあるかとお思いでしょうが、本当なんです。

断捨離をして持ち物が少なくなり家が綺麗になった分、日々の買い物で必要不要を意識して買い物をするようになったことはもちろん、臨時収入もありました。

宝くじだけでは無く、プレゼントキャンペーンに当選したり、主人に思わぬ仕事が舞い込んだりしました。

これはきっと、いえ絶対に掃除をしたことによって家に良い”気”が巡っているのだと思います。

断捨離によって物が少なくなったので掃除がしやすくなりました。

あんなに億劫だった床掃除を毎日楽しく行えています。

宝くじの次に、ワックスがけが趣味と言っても良いくらいです。

朝晩各30分は床を磨いています。

考えてみると、お金持ちの家は立派で綺麗です。

お金は綺麗なところが好きに違いない!と、毎日家を綺麗にしてお金をお迎えする環境を整えています。

だらしなくてお掃除嫌いな私でしたが、ここ数年私は宝くじ当選の為に人に親切で家が綺麗ないい人・素敵な人になれた気がします。

積んだ徳が振り分けられるのが宝くじ

宝くじ自体をそんなに頻繁に買うわけではありませんが、何度か当たったことがあります。

とあるヒーラーさんのメルマガで、上の方々に「宝くじはどうやったら当たるか?」と聞いたところ、「普段の徳積み度合いに応じてお金を分配しているのが当選金」という返事があった、という内容がありました。

なるほどな~と、なんとなく納得しました。

なので、普段から人に親切にしたり、ゴミを拾ったりできる範囲で公共のエリア(お手洗いが一番効果がある)をお掃除したりしています。

よく言われるのは、「金運アップにはトイレ掃除」ですよね。

小林正観さんがよく本で書かれていたことです。

実際に、この小林正観さんの講演会などを主催なさっていた方と明治神宮で知り合いになって、お話を伺ったことがあるのですが、学生時代からトイレ掃除をついついしてしまうんだと言っていて、自宅はもちろん、友人の家に遊びに行った時も、外でお手洗いを使った時も、汚れていれば必ず掃除をしている。

と言っていました。

その方は、権利収入で年十年と億単位の収入があるそうでした。

他の友人がお見合いパーティーで出会った宝くじに何度も高額当選なさっている方は、宝くじを当てるコツはある!と言っていたそうで、そのうちの一つは、「毎回必ず同じ売り場で買う」ことだそうです。

実際に当たっている方がおっしゃるのですから、きっとそうなのでしょう。

ある時、東京のどこかへ出かけた時に出会ったとある宝くじ売り場にすごく魅せられて衝動的に宝くじを購入したことがあります。

売り場(東京によくある人一人がやっと入れる小さな箱みたいな売り場)が3つ並んでいたのですが、真ん中のおじいさんがやっていた売り場が、なんとも運の良さそうな売り場だったんです!これは!と思って1枚買いました(私はいつも1枚しか買いません)。

そしたら、やはり!5000円が当選しました。

毎回そこで購入できたらいいのでしょうが、当時の家からはかなり距離があったし、現在は九州在住なので残念ながら購入しに行けないです。

LOTOは番号変更なし 当たるまで同じ番号で買い続けていきます

私は北海道に住む「宝くじ子」です。

宝くじ歴は初めて買ってから10年くらいになります。

宝くじを買い始めたきっかけは、会社のみんなとの会話の中で宝くじの話が出てきて、面白半分で買ってみたことが初めてでした。

それから一年に一度、なんとなく年末ジャンボを買うようになりました。

もし当たったら何をしようとか、そんな感じで買っていました。

そのワクワクが楽しくて少額ではありますが、買い続けています。

今はLOTOを中心にかれこれ5~6年くらい続けています。

購入するときはなるべく一粒万倍日などの特別な日に買うようにはしています。

でもなかなか当たりませんね。

たぶん高額当選していたら、もう買っていないかもしれません。

私が宝くじを買う場所は大体決まっています。

その方が浮気して他のところで買うより、当たる気がするからです。

近くの宝くじ屋さんに7億円が二本も出た売り場があって、そこで購入してみたことはあります。

たまに旅行に行ったりしたら、その地域の宝くじ売り場を見つけて買ったりもします。

気分が変わって当たるような感じがますよ。

実際には当たったことはありませんが、こんな所で買ったなとか、思い出にはなります。

そして開運で一番気になることは、やっぱり風水ですね。

風水は一番試しやすい開運方法かもしれないです。

西側に黄色のものを置くといいとか、八角形の鏡を玄関に置いておいたらいいなど、いろいろなことを試してみましたが、今のところあまり効き目がなかったように思います。

私の中で一番の決まりは、自分が最初に買った番号を、当たるまで買い続けてみることです。

その番号を買うのをやめたとたん、その番号が当たったらと思うと、なかなか番号は変えられません。

当たったことが無いのでゲン担ぎにはならないと思いますが、自分の中の決まりになっています。

それがいいことなのかどうなのかは、神のみぞ知るといった感じでしょうか。

運試しだと思って楽しんで続けています。

上記の通り、まだ元は取れていませんが、当たるのを楽しみにして今も続けています。

いつか当たった時のことを考えて妄想するのは楽しいですよ。

毎年欠かさず買うを信条にしている

ペンネーム…STREAM
宝くじ歴…13年
自己紹介…20歳のころから宝くじを買いはじめ、10年以上になります。

高額当選という当選はほとんどありませんが、1等以外には興味がないタイプです。

実際の宝くじ購入の努力…実際に何かしているかというと、「毎年欠かさず買う」、「たくさん買わない」というところです。

当選祈願のご祈祷をやって頂いたり、東京の有名店(銀座チャンスセンター)に並んで買ったり、100枚以上も買ったりといろいろしてきましたが、今では毎年欠かさず買うというところに落ち着きました。

なぜ毎年購入するかというと、以前、宝くじ当選者のインタビューがネットに掲載された際、ほとんどの方が枚数は少なくとも継続的に購入していたという情報を見たためです。

また、枚数は10~30枚程度しか買っていないという情報もありました。

それ以来、宝くじの購入は10~30枚までで、しかし購入は欠かさないようにしています。

逆に、神社への当選祈願や有名店での購入は最近はしていません。

何度も当選祈願したところでほとんど当選割合に変化はないし、当たったときに「神様の力で当たったのか、自分の運で当たったのか」良くわからなくなってしまいます。

ならば完全な「運」で勝負した方が、外れたときも切り替えが早いです。

有名店は長蛇の列になってしまうし、ニュースになるので恥ずかしいので回避しています。

買った宝くじはあまり大切に扱いません。

車のダッシュボードの中に放り込んでいたり、手紙の山の中に埋もれさせていたりしています。

しょっちゅう目のつくところにあると気になりだしてキリがないからです。

また、当選した方のインタビューにも「気付いたら当たっていた」ということが多かった印象があったため、「黄色い封筒に入れて西側に飾る」といった良く知られた方法はしません。

宝くじは当たらないという人も多いですが、買わなければ完全に当選確率は0%、1枚でも買っていれば当選確率は0%ではないとポジティブに考え、毎年少しずつ購入しています。

西側の玄関がむいている宝くじ売り場は金運をあげる

ニックネーム?
宝くじ歴30年

西側に店を持つ宝くじ売り場が良いと思います。

私は風水をテレビ番組や雑誌で高い評判を聞いています。

最初のきっかけは人気アーティストのラジオ番組で風水で有名な人が呼ばれて風水の歴史などを一から教えてくれたのがきっかけです。

ドクターコパと呼ばれてたくさんの著書を書いているその人は中国4000年の統計をもとにして風水を勉強したと言っていました。

中国は広い国で時代によって独裁国家の征服者がかなり変わってきました。

そういう歴史を元にしてたくさんの統計を操って風水ができたと言われています。

宝くじを当てるために、彼自身の資料を基にして 作り出した風水はとてもわかりやすく教えてくれました。

まず、西向きに向いている店を選びます。

その後自分の持っている中で黄色いハンカチなどを宝くじ売り場のくじを買った時にすぐ運を解放するために開封して黄色いハンカチに包みます。

すぐに持って帰り西向きの一番静かな引き出しなどにしまいます。

この時に注意することは自分の住んでいる部屋の中で西側のある入れ物に静かに置いておくことです。

封を開けることで開運がそのクジに戻るそうです。

そして神棚や仏壇には決して置かないことです。

神様が宝くじに住み着いてワルサをするらしいですよ。

本当かどうかはわかりませんが話していました。

私はこの時に買った宝くじで今まで何にも当たらなかったのですが3000円のくじが初めてあたりびっくりした記憶があります。

部屋のレイアウト利用して風水を使って物を置いて見ると幸運がやってきます。

東側に赤いものを置いてみることで活動的に運が上がり、南側には音が出るものを置くのが良いそうです。

西側には黄色いもの意識しておくとお金が貯まるということです。

北には水回り関係の物を置くとよくて、水の被害に合わないと言うことです。

最後に玄関に車輪がついたものを置くと病人が出るので絶対にしないようにしてください。

家族の人が病人が出て大変困りました。

玄関におもちゃのバイクを置いていたのです。

以上が私の風水の体験談です。

参考にして頂けたら嬉しいです 。

良い行いと日々努力で運気を上げる

僕が宝くじを当てるためにしている努力。

それはただ2つ。

「よい行いをする」と「日々頑張る」ということです。

ゴミが落ちていれば拾う。

そのためにビニール袋は常に持参しています。

拾えないゴミであれば、適切な施設に報告したりもしています。

次に困っている人を助ける。

自転車で転んだ人がいれば手を差し伸べ、道がわからない人がいれば道を教えたり、案内したりする。

困っている人が外国人の場合はスマホを使い解決できるように頑張っています。

でも助けますオーラみたいなものは強く出さないようにする。

それは相手の負担にもなるからです。

そういう思いやりも良い行いをして運気を貯めるためには大切です。

あとは日々努力すること。

めんどくさいと思うことを率先してやる。

そして仕事も頑張る。

もちろん休憩も必要なので、無理はしないことも心がけます。

この2つ目の「日々努力する」という方法を取り入れたのはある経験があったからです。

年末の職場の忘年会でビンゴ大会がありました。

一位の景品は1万もする景品でした。

そしてそのビンゴ大会で一位を獲得したのは、その年に会社内で一番努力したと断言できる人だったのです。

その時に「努力」することも運を貯める一つの方法なのではないか?と思いました。

僕は宝くじを当てたくて、よい行いや日々努力をしたりしています。

それはきっと他者のためではなく、自分のためだという事は重々分かっています。

腹黒い善意かもしれない。

でもそういう行いに「誰かの役に立っている」という事実さえあれば、例え腹黒い善意でも運気は貯まると僕は思います。

これら二つの行いを続けた結果、まだ宝くじは当たってはいませんが、当たらなかった分、運気は使われることなく翌年に持ち越されるんだと思います。

持ち越された分、宝くじが当たる金額はきっと莫大な金額になるんだと思います。

僕は今も良い行いをし、日々努力をしている。

コツコツと運気を貯め続け、いつか宝くじを当てて億万長者になります。

知人が宝くじ1億円に当たったときした手法を全部紹介

知人のS君が宝くじに当たったときにした手法を全部紹介シェアします。

まずはじめに、なぜ私が知人のS君に宝くじが当ったときの手法をわざわざネットでシャアするかについて説明します。

その理由はS君にこういわれたからです。

「この方法は別の宝くじ長者に教わったもので、じっさいにこの方法をぜんぶやって僕は宝くじを当てた。

これを守らなくても当る人は当たるだろうけど、これは原理原則だから、守ったほうが当りやすい。

そしてその方法のなかに情報のシャアというのがある。

だから君もだれかと情報をシェアしてほしい」

わかりますか。

だからあなたに教えるのは、私が当るために必要だからなのです。

というわけで説明していきます。

①この宝くじの当る情報をだれかに教える。

ただし全部じゃなくていい。

具体的にいうと、わたしは全部いいましたし、彼も全部教えてくれましたけど、全部教える必要はありません。

かいつまんでいうだけでもいいです。

当る情報とか、シャアするといいらしいね。

というだけでもそれはそれでいいらしいです。

与えると与えられるといいますが、情報をシェアするのは、運を引き寄せる力があるそうなのです。

②宝くじの当りやすい売り場で買う。

これは盲点ですが、宝くじの当りやすい売り場というのがあります。

そういうところで買えばいいです。

宝くじ当選者が購入した売り場データ・住所を公開!などを参考にして、購入しましょう。

③騒音を出さない生活をこころがける。

できるだけ静かに生きていると運気がよくなるそうです。

最悪なのはバイクや車の爆音です。

こういうことをして、人にイヤだなうるさいなという気持ちをもたせると、かならずといっていいほど金運が下がるそうです。

とにかく静かに生活しておくと運気は静かなぶんだけあがります。

もともと運気が高くても騒音を出すたびに下がります。

静かにするようにこころがけると、運気は急回復します。

④外でゴミなどを燃やさない。

そんな人はいないでしょうが、例えば家の庭や畑などで、ゴミなどを燃やす人がいます。

住宅地でバーベキューなども同じです。

こういう人は金運がもともとよくても、急下降します。

1回すると金運が3割以上低下するそうです。

外でものを燃やしたりしなければ、運気は回復します。

⑤掃除をする。

掃除をマメにすると運気が良くなり、宝くじが当りやすくなります。

⑥人の悪口をいわず、ほめる。

人の悪口をいわずほめるようにすると、運気がよくなり当りやすくなります。

いじょう6点が当りやすくなる方法です。

②⑤⑥あたりは有名ですが、①③④あたりは結構盲点だと思います。

私もバイクとかじゃないですが、音楽を大音量で聴くのが好きでしたが、今では3分の1くらいの音量で聞きだしてから、宝くじの当選確率が少し上がってきました。

それでなぜかもてるようになったので、静かに暮らすのが好きになりました。

知り合いの親戚が、けっこうなお金持ちだったのに、野焼きを頻繁にしていたところ(その地方では野焼きがふつうだったらしい)、火事で会社が全焼。

重要なデータが全消失してしまい、失意のなか亡くなったそうです。

その火事が野焼きが原因かといえば、そうではなく、なにか自然災害的な運の悪いことだったという話を聞いて。

ますますビビリました。

それいらいバーベキュー場以外ではベーべキューはしていませんし、外でタバコも吸っていません。

そういうふうにしてから、臨時収入が増えました。

いじょうカンタンではありますが、シェアしておきます。