秋祭りで開運するために知っておきたい5つの事

公開日: 

秋祭りで開運するために知っておきたい5つの事
秋祭りの時にしかできない開運のアクションがあります。

秋祭りとはいわばその年の終わりであり、エンディングのセレモニーと言ってもいいでしょう。

このイベントをするしないで来年が実りある年かどうかが変わってくるでしょう。

秋祭りは感謝をする祭りであって願い事をする場所ではない。

よくあるパターンですが、秋祭りに神社に行って、お賽銭を入れお願い事をする人がいます。

実はこれはNG!

その理由は秋祭りと言うのは感謝をする、御礼を言いに行くお祭りであって、お願い事をメインでする場所ではないからです。

秋祭りは収穫祭ですから、今年一年の収穫にたいしてありがとうございました。と一度願い事を終わらせます。

そうしないと、こいつは礼や挨拶もしないのに、いつも願い事ばっかりで…礼儀のなってない奴だと思われることになります。

秋祭りにはお礼をしよう。

秋祭りは収穫祭ですから神様へのお礼をしましょう。

お賽銭をあげるもよし、なにか奉納するも良し、神様にありがとうございました。という気持ちを伝える行動をしましょう。

秋祭りは愛想をよく楽しもう

秋祭りでは近所の人と出会うことも多いでしょう。できるかぎり愛想よく接しましょう。

笑顔で接することで縁をはぐくむ運が育ちます。

収穫は、決して自分ひとりの力では成し遂げれません。多くの人の支えがあって初めて得れるものです。そう考えると自然と感謝の気持ちから笑顔がでるようになります。

また秋祭りはお祝い事ですから、とにかく楽しんでください。それこそ子供のころにかえったような感じで楽しむと吉です。逆にいけないのはつまらなそうにしていたりとか、のりが悪いこと。こういう人には幸運はやってきません。

幸運は楽しめる人の所にやってきます。そして感謝する人にやってきます。

こういった事が苦手な人はぜひ意識してやってください。確実に人生が上向きになっていきます。

秋祭りは実りを堪能しよう。

秋祭りはぜひ季節の実りを堪能してください。

できればその土地で取れた収穫物を美味しそうに食べるのが一番。旬のものを取り入れることで人間は最大の能力を発揮できるようになります。

秋祭りは今年一年の反省と良かったことを思い出そう。

秋祭りで来年の仕事や受験のことなどを考えてはいけません。

考えるのは今年の結果だけを考えてください。そしていい事も悪い事も両方考えてください。

ここで考えることは来年に活きてくる。そう考えましょう。

まとめ

秋祭りはお礼と楽しむがキーワード。

現代ではたんにお祭りという雰囲気になっていますが、きっちり収穫祭だと認識している人は、お酒などを奉納したり、お礼をしたりされています。

秋祭りでは、その地域の有力者がお酒などの奉納をされていますが、有力者だから奉納しているのか?奉納するような人だから有力者になるのか?

卵が先か鶏が先か?の議論ですが、こういう点に気を配ってみると、どういう行動をしている人に幸運がやってくるのか?理解できると思います。

今もっとも手軽な開運アクションが情報のシェアです。もし記事が気に入ったら、シェアしてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

x
8月15日は大安吉日(なにをするにも大吉)
PAGE TOP ↑