世界三大美女

公開日:  最終更新日:2018/01/16

美人イメージ
世界三大美女といわれる「クレオパトラ、楊貴妃、小野小町」じつはこれは、日本人の間でだけ言わ
れていることらしい。

「美女」とは、文字通り美しい女性ということだが、この「美女」というのは、単に顔立ちやスタイルがよいというだけではなく才覚があり、自分をよくみせる方法を心えているの事なのではないだろうか。

才覚というのは、素早い頭の働き、機転のことである。

しかし自分をよく見せることにたけているということは、その人がいると他の人はくすんでみえてしまうということになってしまう。

そうなると当然、嫉妬の対象になる。そうかんがえると「美女」とは孤独な人が多いのかもしれない。

もし美女を彼女にしたいのであれば、彼女は孤独かもしれない。そしてそれを支えるという覚悟が必要だろう。

美しいものはねたまれ、優秀なものもねたまれる。特にこの国はねたみの文化が根強い。どうすればねたまれないか?

こういう事を真剣に考えておく必要があるような気がする。

彼女を募集してもいいし彼氏を募集しても良いただイケメン・美人にはねたみがついて回るという事を忘れてはいけない。

ポケットワークの口コミ・評判・評価
http://www.accountingtech.net/pokewaku/

美人が最大に稼げるのは水商売やチャット。いまなら水商売より複数の人を相手できるチャットが最高に良いと思う。こちらはポケットワークというチャットの求人サイトだ。

美女が運がいいかどうかというと、生れえつき運がいいといえる。しかし運のよさとは、表裏一体のものだと認識しておくほうがいい。

美女だからこそ起きる不幸もある。さきほどもあげたが、ねたみが特にそうだ。けっきょくお金持ちがなぜボランティア活動に精をだすかというと、ボランティア活動をしないと妬みの対象になるからだ。

税金で給料の半分程度取られたあげく、妬まれ。そしてそれを回避するためにボランティアをしなくてはいけない。

これがお金持ちの真の姿だ。幸運に恵まれるというのは、こういう理不尽さにも耐える覚悟を持たなければならない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑